ベビービョルン(BABY BJORN)の抱っこ紐はおんぶもできて新生児から使える!おすすめの人気商品4選

生れたての赤ちゃんは、ママにぴったりくっついているととっても安心。ベビービョルン(BABY BJORN)の抱っこひも4シリーズは、すべて3.5㎏から使えるので、新生児から使うことのできる優れもの。抱っこひもの装着もとても簡単なのでママ一人でできちゃいます。抱っこ、おんぶ、前向き抱っこのすべてのニーズに応えるベビービョルンの抱っこひも4シリーズをご紹介します。

PIXTA

BABY BJORN(ベビービョルン)のベビーキャリア

BABY BJORN(ベビービョルン)は、スウェーデン発の育児用品ブランド。ベビービョルンの抱っこひもは「ベビーキャリア」と呼ばれ、すべてのシリーズの抱っこひもに下記のようなママが喜ぶ子供のための工夫がされています。

  • 新生児(体重3.5㎏)から使える
  • ヘッドサポートの角度調整可
  • 抱っこ位置の高さ調整可
  • どのポジションで抱っこしても子供は足が自由に動かせる
  • 抱っこされているとき、子供は必ずまっすぐな姿勢になる
  • オプションの付属品は必要なし
  • 装着がカンタン
  • 洗濯機で洗える
  • コンパクトにたためる

また、ビョルンのベビーキャリアは小児科医や新生児専門医、医療専門家の意見が取り入れられた、安心・安全な設計。

頭部、首、脊柱、腰部などがしっかりと支えられているか、開脚位置が適切が足の関節が動くか、赤ちゃんのおしりに適したデザインかなど、赤ちゃんの成長を1番に考え作られています。

ビョルンのベビーキャリア4シリーズ

赤ちゃん PIXTA

ほしい機能や価格で選べるベビービョルンのベビーキャリア4シリーズ。価格がリーズナブルなものから、フル機能のものまで、それぞれのシリーズをご紹介します。

①ベビーキャリア「オリジナル」

ベビービョルンの元祖ベビーキャリア。コンパクトで、装着がカンタン!生後0~14ヶ月(体重3.5~11㎏)まで使用でき、首が据われば前向きの抱っこもできます。

4個のバックルをはめるだけで装着ができるので、新米ママ一人でも簡単にできます。抱っこしながら赤ちゃんが寝てしまっても、バックルをはずせばベビーキャリアを完全に開くことができるので、起こさずに抱っこひもからベッドへ移動が可能です。

BE MY BABY

②ベビーキャリア「ミラクル」

抱っこ位置の調整ができるベビーキャリア「ミラクル」。新生児期にはママの胸元でぴったり抱っこし、大きくなってきたらママの腰のあたりで抱っこ。

成長して重くなった赤ちゃんの体重も、肩から腰へ負荷を分散できます。また、赤ちゃんの成長に合わせて、赤ちゃんの抱っこ部分のサイズ調整も可能。窮屈にならずに、どの成長段階でもぴったりフィットの抱き心地。

生後0~18ヶ月(体重12㎏)まで使用可。もちろん前向き抱っこもできます。

価格: 13,195円

Amazon

③ベビーキャリア「WE」

babybjorn(ベビービョルン) ベビーキャリア We オレンジ

1つのベビーキャリアで、抱っことおんぶが簡単にできてしまうベビーキャリア「WE」。生後0~36ヶ月(体重15㎏)まで、ずっと使えます。

WEは、新生児時期の高い位置での抱っこ、大きくなってからの腰の位置での抱っこに加え、おんぶも可。そして、抱っこからおんぶへの切り替えが、子供を抱いたまま、抱っこひもを前から後ろにスライドさせるだけで、驚くほど簡単にできちゃいます!

バックルの装着もより簡単になり、スムーズな着けはずしができます。

価格: 13,824円

Net Baby World

④ベビーキャリア「ONE」

ベビービョルン ベビーキャリアONE+AIR シルバーメッシュ

「ONE」という名前の通り、抱っこひもはこれ一つで完璧!!新生児時期の高い位置での抱っこから、腰抱っこ、前向き抱っこ、そしておんぶまで、これ1つでママのすべてのニーズに応えてくれます。

WE同様、抱っこからおんぶへの切り替えは、子供を抱っこしたまま、抱っこひもをくるっとスライドするだけ。ベビーキャリアの装着も、おんぶへの切り替えも、とても簡単です。生後0~36ヶ月(体重15㎏)まで使えます。

価格:オープン価格

ベビ*スマ

快適に楽しくお出掛け

赤ちゃん PIXTA

ベビービョルンの抱っこひも、いかがでしたか?ベビービョルンの抱っこひもは、生後すぐから使え、赤ちゃんの成長に合わせておんぶや前向き抱っこも可能です。装着が驚くほど簡単なので、新米ママも安心!

小児科医の意見を取り入れしっかり考えて作られた抱っこひもなので、抱っこされる赤ちゃんも快適ですね。

「ベビービョルン」「抱っこ紐」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧