前向きOK抱っこ紐がブームの兆し?!ついに6本目を購入しました

まもなく第二子誕生予定の筆者は、第一子の時に使っていた、ベビービョルン、エルゴ(2個)、ハッピーハグハグ(2個)に加えて、新たに6本目を購入してしまいました。なぜそんなに?!抱っこ紐には長所と短所があって、ついつい買い足してしまうんですよね~。今回はその長所・短所を一挙にご紹介します!

PIXTA

産後の必需品アイテムの中でも高額商品に入る「抱っこ紐」

赤ちゃんが生まれたら必須アイテムとなる「抱っこ紐」。

「家事の間のあやし」「寝かしつけ」「夜泣き対応」など、使用使徒は多岐にわたります。

振り返ってみると、子供が自分で歩けるようになるまで抱っこしている時間の方が長かったんじゃないか?とさえ思いますよ。

最近の抱っこ紐はちょっとお高い…

抱っこひも PIXTA

でも、最近の高性能な抱っこ紐は、自分の両親が知ったら確実に度肝を抜かれるお値段ですよね。出産祝いとしてなかなか言い出せない金額です。

それゆえ、購入の際には友人やネットの口コミ情報はもちろん、実際に店舗を訪れて実物を見たり、吟味に吟味を重ねて。

しかし!需要はある!

抱っこ紐 PIXTA

しかし!実際に子育てが始まると「抱っこ紐」の使用頻度が高すぎて、ちょっとした使いにくさが結構なストレスに!気づけばいくつも購入してしまいました。(苦笑)

「私の抱っこ紐・買い替えの歴史」を体験談とともにご紹介します!

第一子のときにトータルで5本。

最近、まもなく生まれる第二子のために新たに6本目を購入した筆者が、買い替えの歴史とともに、各抱っこ紐の長所と短所を整理してご紹介します!

(1)新生児期に重宝した「BabyBjorn」(オリジナル) 〜生後1ヶ月半まで

こちらは生後1〜1ヶ月半の「新生児期」に圧倒的な人気を誇る抱っこ紐!

でも、赤ちゃんが重たくなってくると肩が痛くなり長くは使えないということも聞いていたので、私は友人に借りて使用していました。

装着のしやすさは抜群でしたが、やはり予想通り肩がしんどくなってきて、新生児期の期間限定となりました。

長所

嬉しい PIXTA

  • 新生児でも簡単に装着できる
  • 腰ベルトがないので帝王切開出産のママでも負担がない

タレントの小倉優子さんも、愛用していたこの抱っこ紐!

新生児をしっかりと、かつ優しく包み込んでくれるBabyBjornは、多くのママから支持を集めています。

短所

  • 腰ベルトがない分、赤ちゃんの体重が増えてくると肩への負担がきつくなってくる

BabyBjorn

(2)スリングも試してみたい!「Happy!hughug」(イージーフィット)〜生後4ヶ月まで

初めての子育てでは、スリングタイプへの憧れもありますよね〜♪

スリング派の友人に話を聞くうちに、私もスリングも試してみたくなり購入したのがコチラです!

実は旦那さんもスリングへの憧れがあったようで、「俺も使いたい!」というので旦那さん用にも別途購入してしまいました。(笑)

スリングは「長い布状」のものだと巻き方が難しそうですが、これは輪っかになってるので装着がとても楽ちん。肩に当たる部分の布幅も広く、肩への負担も最小限に抑えられている優れものでした。

赤ちゃんが小さいうちは「すっぽり包み込まれている状態」になるので、赤ちゃん自身も安心していたようですよ。

しかし、、、スリングは「片手が不自由」な状態になります。抱っこしながら家事などをしたいときに不便さが出てきたことと、やはり赤ちゃんの体重が増えてくると片方の肩だけで支えるのは限界が。。。

長所

  • 赤ちゃんが小さいうちは包み込まれている安心感がある
  • たたむとめちゃくちゃコンパクト!持ち運びの利便性抜群!
  • 肩幅が広いタイプの商品なので肩への負担が少ない

短所

  • 赤ちゃんが大きくなると片方の肩だけで支えるのは負荷が高くなるので長時間は使用できない

Happy!hughug

(3)抱っこ紐の定番「エルゴベビー」(オリジナル)(スポーティ)〜2歳まで

エルゴ 抱っこ紐 オリジナル スターバースト(ベビーウエストベルト付き)

長女が生まれた2013年当時は、「抱っこ紐といったらエルゴ」というのがお決まりで、右も左もエルゴユーザーでした。

重厚な腰ベルトによって肩への負荷が分散されるので、腰ベルト無しの抱っこ紐から乗り換えたときに感じる抱っこのしやすさは"感動レベル"!!

もともと(スポーティ)のレッドを愛用していましたが、はっきりした色の抱っこ紐は、意外と洋服との相性が発生してしまうと使ってみて気づき、セールの時に格安で(オリジナル)のグレーを買い足すことに。

結果、長女のときは、このエルゴベビーを一番長く使うことになりました。

長所

嬉しい PIXTA

  • 抱っこ中の体への負荷が非常に小さい
  • 2歳前後まで長く使える

海老蔵さんも愛用するこのエルゴ♡

男性の方も問題なく使用でき、見た目もご覧の通り!全く違和感なくまるでファッションの一部!

パパもエルゴで子供と一緒にたくさんの時間を過ごせると良いですね!

短所

  • 生後3ヶ月くらいまでは別売りの「インファントインサート」をセットで使用しなければならない
  • オリジナルは「前向き抱っこ」に対応していない

エルゴベビー

(4)「新生児期」「前向き」もバッチリ対応!期待の新星「LILLEBABY」(コンプリート)新生児〜2歳まで

最近、「前向き抱っこ」がにわかにブームの兆し。ベビービョルンやエルゴからも「前向き抱っこ対応モデル」が登場しています。

しかし、ベビービョルンの商品は装着方法が複雑過ぎてちょっと大変そう、、エルゴの商品はなぜか腰ベルトが強力なマジックテープに変わってしまっていて、赤ちゃんが寝てしまって下ろす際に「ベリベリベリ〜っ!!!」と酷い騒音がして赤ちゃんが起きてしまうという課題点が。

前向き抱っこは「首すわりの生後3ヶ月〜安定して歩ける1歳過ぎ」までの間、赤ちゃんを楽しませる最高のツールになることも分かっているので、まもなく第二子が生まれる私としては、何か良い前向き対応型の抱っこ紐が欲しいな〜と悩む日々でした。

そんな時、偶然、代官山ラ・フェンテのショップで発見したのがこの抱っこ紐!!

今までの抱っこ紐の短所が絶妙に改善されていて、「まさにこれを待っていた〜!!!」と即決してしまいました。(※実は購入したことをまだ旦那さんに言えてないのですが。。笑)

長所

赤ちゃん PIXTA

  • お尻の下の股幅が調整できるので新生児期から使用可能(装着方法も簡単です!)
  • 「前向き抱っこ」に対応
  • 「首かっくんサポート」がとても重厚!(エルゴは別途「首かっくん防止パッド」を購入する人もいる)
  • 肩紐、腰ベルトともにとてもしっかり作られているので、エルゴオリジナルよりも軽快な装着感♪

短所

  • 強いて言えば、まだ日本に上陸して間もないのであまり知られていないこと、、ですかね?

しかし、海外では多くのパパやママが愛用しているlillebaby♡

日本でもたくさん見かける日も近いかもしれませんね!

リルベビー(公式)

「抱っこ紐」もどんどん進化しています!高価な買い物だからこそ、じっくり検討しましょうね♪

赤ちゃん PIXTA

以前、「ベビーカーと言ったらマクラーレン!右も左もマクラーレン・ユーザー」という時代もありましたが、数年後にはAppricaやAirBuggyにその座を奪われています。

ベビー用品は進化の激しいマーケットなので、数年前の先輩の話よりも、「今まさに使っています!」という人の口コミの方が参考になるかもしれませんね!

特に抱っこ紐はとても高価な買い物。長所・短所をしっかり調べてじっくり検討し、あなたにとって良い抱っこ紐に出会えることを祈ります〜!

「抱っこ紐」「おすすめ」「前向き抱っこ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!