保育園探しはいつから始めればいいの?保活の流れと先輩ママの体験談も紹介

産休、育休を経て職場復帰を予定している場合、保活を経験する方がほとんどでしょう。初めての出産だと、保活の流れやいつから始めたらよいのかわからないという方もいるでしょう。この記事では、保活の流れや保育園探しはいつから始めたらよいのか、保育園に入れなかったときはどうするのかについてご説明します。保活経験者である先輩ママの体験談も併せてご紹介します。これから保活を始めるという方はぜひ参考にしてみてください。

PIXTA

保活はいつから始める?保活開始から入園までの流れ

産休・育休を経て仕事復帰をする前に行う保活。保活とは、保護者が子供を預ける為の保育園・保育所を探す活動のことで、略して「保活」といいます。

保育園の申し込みは、基本的にどの時期でも可能ですが、新年度の4月が一番入りやすいとされているため、4月入園を考えたときの流れをご説明します。

4月入園までの流れ

  • 9月:保育園の情報収集をする
  • 10月:保育園見学をする
  • 10月、11月、12月:役所に入園希望の申請書を提出する
  • 2月:役所から入園可能かどうかの通知が届く
  • 3月:入園が決まった保育園での面談、健康診断、入園準備
  • 4月:入園、慣らし保育スタート

保活を始めたらまずは保育園に関する情報取集が必要です。自治体によって申し込みの時期などは異なるため、お住まいの地域の役所に確認してみてくださいね。待機児童数はどれくらいなのか、入園希望者は育休明けのタイミングで保育園に入れているのか、など気になることはその場で担当者に聞いておくことをおすすめします。

また、申請書の提出期限が近づくにつれて窓口の混雑が予想されるため、早めの提出を心がけましょう。入園決定の連絡は、封書の場合があれば電話連絡の場合もあります。

出典元:
  • 土屋恵司(監)「最新版らくらくあんしん育児」P60~61(学研プラス,2017年)
  • 細部千晴(監)「最新版この1冊であんしんはじめての育児事典」P52~53(朝日新聞出版,2015年)
  • 伊久美亜紀(編)「最新!育児新百科」P108~109(ベネッセコーポレーション,2017年)
  • 保育園を考える親の会「はじめての保育園」P70~74(主婦と生活社,2014年)

保育園はいつから探し始めるのがよい?

保育園 PIXTA

保活の中でも子供を通わせることになる保育園探しは、通わせやすさや保育環境など気になるポイントがいくつかあるかと思います。保活を開始したらまずは保育園情報を収集しましょう。保育園の入園申し込みが11月くらいから始まるため、9月~10月くらいにいくつか希望の保育園候補を決められるとよいですね。

保育園には認可保育園、認可外保育園、地域型保育(保育ママ)などいくつかの種類があります。保育園によって受け入れ人数や受け入れ開始の月齢、保育内容に違いがあるため、保育園のHPやお住まいの自治体の窓口に問い合わせてみるとよいですね。保育園の中には見学可能なところもあるため、希望の保育園の候補がいくつか上がったら実際に見学をしてみましょう。

保育園への入園は新年度の4月が一番入りやすいとされていますが、産休が明けたら職場復帰するのか、育休を取得後の復帰なのかによっても保育園探しの時期は変わってきます。

特に産休明けに職場への復帰が決まっている方は、年度途中の入園となることもあるため、妊娠中から保活の情報収集を始めるとよいかもしれません。

保育園に入れなかったときはどうすればよい?

保育園の入園がかなわかった場合、育休の延長をするという方もいるかと思います。しかし育休の延長ができない場合は、二次募集の結果を待つかもしくは認可外保育園の入園申し込みを行います。

希望の保育園に入れなかったときのことを想定して、認可保育園だけでなく認可外保育園や地域型保育の利用も視野に入れながら保活ができるとよいですね。

認可外保育園は施設ごとに利用費の設定をしている場合が多く、保育内容も園によってさまざまです。見学や問い合わせをした上で入園を検討するとよいでしょう。

出典元:
  • 土屋恵司(監)「最新版らくらくあんしん育児」P60~61(学研プラス,2017年)
  • 細部千晴(監)「最新版この1冊であんしんはじめての育児事典」P52~53(朝日新聞出版,2015年)
  • 伊久美亜紀(編)「最新!育児新百科」P108~109(ベネッセコーポレーション,2017年)
  • 厚生労働省「「保活」の実態に関する調査の結果(P15~16)」(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/hokatsu-chousa_1.pdf,2019年9月17日最終閲覧)

保活に関する先輩ママの体験談

ママ 仕事 PIXTA

産休・育休を取得後職場復帰するために子供の預け先を考えることは重要です。保育園選びで何を重要視するかは家庭によってさまざまかと思います。

保活を経て職場復帰した先輩ママの体験談をみてみましょう。

妊娠中から保活をスタート

妊娠4ヶ月くらいからでした。

初期は切迫で自宅安静と入院費だったので、それが明けて職場復帰と同時に保活でした。

実際動いてみてわかることが本当に多く、半年かけて保活してよかったです
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
妊娠中から始めました。
とはいえ、見学に行き始めたのは8ヶ月くらいからちょこちょこ行き始め、産休はいってあちこち回りました。
申し込みは、認可の場合は4月入園は11月と二次募集の2月とで決まってましたが、私は12月生まれだったので一次には申し込みはできず、二次のみでした。
これは無理だろうと思ってましたが、あっさりダメでした。
もともと4ヶ月の子を預けるのは無理だと思ってたので諦めがつきました。
無認可は、申し込み時期はそれぞれだったので見学と同時に問い合わせるといいと思います。
その場で申し込みという園もありました。
無認可の場合、多くは認可の決定日と同時かそれより少し後に入園可の連絡が来ることが多いみたいです。
否な場合は、連絡こないケースが多いです。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
産休入る前に役所で話聞いて書類貰って、産休入ったらすぐに電話かけて見学に行きました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

保活は早めに始めた方がよいと考えている方が多いようですね。妊娠中から始めて、産休に入ってから保育園見学をしたという方もいましたよ。

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しくなることや、乳児を連れて保育園見学に行くのは大変です。できるだけ産前にできることをやっておく、と考えるようです。妊娠中に保活を行う場合は、無理のない範囲を心がけましょう。

産後に保活を開始

長男は7月産まれで、9月中頃まで実家にいてたので、里帰り終わって生後2ヶ月の時に一緒に保育園に行って見学に行きました😀
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

保育園情報を集めたら保育園見学を

保育園 PIXTA

個人で保育園に電話して、見学の日と時間を調整します。
私は当初4月入園を断念していて5月に申し込んで7月入園を希望していたので、3月に保育園見学に行きました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
私も今年の11月入所か来年の4月入所を目論み、今年の5月から見学を開始しました。
1ヶ月半で9箇所の保育園を見学しました。

オムツの管理や生活様式、病気になった時の対応などを聞き、
あとは保育士さんの様子と園児達の様子を注意して見るようにしました!
園児達はやはり園によって違いがありましたよ(ˊᵕˋ*)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2月の途中入所を申し込んで落ちましたが、4月からの入所は受かりました😊
2月生まれですが、特に特別入りづらいとは感じませんでした!
見学は10月11月に行きましたが、周りもほとんど赤ちゃん連れなので特に困ることもありませんでした!
ゆっくり話聞くなら妊娠中の方が話は聞けますけど😊
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちは1月産まれだったので10月から見学開始しました。
4月入所の申し込みは始まったばかりです。
途中入所は秋までが限界のようで、1月入所の申し込みはしましたが、市役所にも保育園にも厳しいよ、といわれました。
4月に新設されたり、定員増えたりで待機児童はだいぶ解消されるみたいですが、1才になる前でも復帰できた方がいいのか、1才で入れなければ延長して4月入所を狙うのかを早めに決断して、春のうちに見学はしておいた方がいいと思いますよー!
夏に見学しようとしたら、今時期は暑いから赤ちゃんにも負担になるから、もう少し涼しくなってからにしては?といわれた園もあったので(^^)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

保育園のリサーチをしたら保育園見学をしたという方も。入園の申し込み時期よりも少し前に気になる保育園を何件が見学するという方が多いようですね。子供を預ける場所は慎重に検討したいものです。可能な限り見学をするようにしましょう。

保活は情報集めから!まずは入園までの流れの把握や保育園探しを

保育園 PIXTA

保活について入園までの流れや保育園選び、先輩ママの体験談をご紹介しましたがいかがでしたか。産休、育休明けに職場復帰をするためには、保活をするという方がほとんどでしょう。

保活には、入園までに必要な手続きや希望の保育園探しをするために情報収集が必要です。わからないことがあれば、役所の窓口で詳しく説明を受けるとよいでしょう。情報が集まったら見学などにでかけて申し込む保育所を決めます。入園の申し込み締め切りが近づくと役所の窓口が混雑するため、余裕を持って行動することが大切です。

職場復帰の時期が早い方、早めに情報収集をしておきたい方は妊娠中から保活を始める方もいるかもしれません。体調を第一に焦らず保活を進めてくださいね。

おすすめ記事

「保育園探し」「保育園」「いつから」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 土屋恵司(監)「最新版らくらくあんしん育児」P60~61(学研プラス,2017年)
  • 細部千晴(監)「最新版この1冊であんしんはじめての育児事典」P52~53(朝日新聞出版,2015年)
  • 伊久美亜紀(編)「最新!育児新百科」P108~109(ベネッセコーポレーション,2017年)
  • 保育園を考える親の会「はじめての保育園」P70~74(主婦と生活社,2014年)
  • 厚生労働省「「保活」の実態に関する調査の結果(P15~16)」(https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/hokatsu-chousa_1.pdf,2019年9月17日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧