1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. 子どもの水着どうしてる?

子どもの水着どうしてる?

これからどんどん暑くなってくると、機会が増える水遊び。ひんやりとして、お子さまも楽しみにしていると思います。そこで、今回はお子さまとママ・パパのお気に入りの水着、水遊びにぴったりなグッズなどを教えていただきました。

amana images

ウチの子のお気に入り水着&グッズ

着せてみたいのは派手な色の水着。ついいつものように落ち着いたブラウンを選んでしまったけど、派手な水着だと夏!!って感じだし、小さい子だからこそ似合うと思うので、別の色にすればよかったと思った。水遊びに持ってくと便利なのは、ジップロック。濡れたものをいれるのに便利。
(まんたす/千葉県松戸市)

去年買ったくじら柄の水着(ズボン)がお気に入りで、ラッシュガードはサメのヒレがついているのを使っています。サイズがまだ着られるので、今年も同じものを着せる予定です。 去年はリュックタイプの水鉄砲で遊び、2歳の息子は大喜び。今年は暑かったので、5月下旬に水鉄砲とジョウロを使って早めに我が家でプール開きしました。家でプールを出すときは、日陰を作ってから遊ぶようにしています。
(なっつゅん/兵庫県姫路市)

「子鉄」なのでスイムキャップが新幹線(はやぶさ)なのが本人のお気に入りです!しかしなぜか水着はドラえもんじゃなきゃ嫌だと言ってドラえもんを購入!そしてサンダルが男子ですが、最近ハマっているすみっコぐらしとバラバラなスタイルで、5日後からの幼稚園での水遊び用に持って行くと張り切って準備しています。川や海で遊ぶときに水鉄砲で倒せる的のようなものや色が変わるものが100円ショップで売っているので、それを持って行くと親が水鉄砲で狙われなくてすむので我が家では必須です!
(romo/埼玉県入間市)

水遊び覚悟で公園や砂浜に行く時には、女の子ですが、男の子用の海水パンツに、ASICSのスポーツ用のドライフィットTシャツを着せて行くと、濡れてもすぐ乾くし、汚れても汚れが落ちやすい&耐久性の強いTシャツなのでゴシゴシ洗っても傷まないので重宝しています。公園などで水着で水遊びさせるのは抵抗がありますが、これなら人目も気にならず、濡れても子どもも気持ち悪くないので、思いっきり遊べてオススメです!
(のんのん/東京都府中市)

前がファスナータイプで上下つながってるのが、着させやすい。遊んでる最中にズボンが下がる心配もない。
(ぬんぬん/神奈川県横浜市)

保育園で流行っていたみたいで、セパレート式の水着を欲しがりました。「へそ出し」と呼んでいました(笑)。
(キャラメルパフェ/三重県亀山市)

脱げない、脱げにくいサンダル必須。水辺は足元が暑いことが多々ありました。濡れても良い靴、サンダル必須です。また、そのまま水に入れるのがいいと思います。
(さりぃさりぃ/群馬県藤岡市)

子どもが好きな恐竜やキャラクターの水着!フード付きのタオルが全身拭けるので便利でした!
(りい/愛知県名古屋市)

ファンに水入れるスプレーが付いたもの。暑くなると、それをかけて、涼しくさせています。ディズニーランドで買って以来どこでも欠かせません。水遊びじゃなくても、夏場は持っていきます。
(みゆ/福岡県那珂川市)

海へ行く時は、2リットルのペットボトルに水を入れたものを数本用意しておきます。車に乗る際、足など砂で汚れているので、その水を使って洗い流します。
(かなかな/石川県 かほく市)

お気に入りや着せてみたい水着は特にはないです。便利なグッズは、ワンタッチテントで、その中で子どもも水着や洋服に着替えれますし、熱中症の予防として、水分を摂ったり、休憩も出来るので。
(ハッピー・ノートさんの記事、面白く、勉強になります!/千葉県白井市)

昨年、子育て支援施設の水遊びができる噴水に、かなり広範囲に水が飛ぶ水鉄砲を持ってきている幼稚園児くらいの子がいたけれど、周りの子どもたちや一緒に遊んでいる保護者たちにとってはちょっと迷惑でした。グッズは遊ぶ場所や一緒に遊ぶ人、シチュエーションを選ばないといけませんね!
(ねこよん/愛知県田原市)

記事提供:ハッピー・ノート.com(ミキハウス子育て総研)

4.5万のいいね!SNSで大バズリ!ママの育児ハックが永久保存版級にすごかった

関連記事:

4.5万のいいね!SNSで大バズリ!ママの育児ハックが永久保存版級にすごかった

インスタグラムで育児を楽にする裏ワザや育児ハックの情報を発信しているく…

子どもは静かに溺れます|マリ家の日常

関連記事:

子どもは静かに溺れます|マリ家の日常

大きなプールに海、川辺やお家での水遊びなど、夏場は水に触れることが増え…

おすすめ記事

「子ども」「水着」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧