1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. 「夫を育てる」と考えていた妻の誤算、夫の育児力に不満があるときどうする?

「夫を育てる」と考えていた妻の誤算、夫の育児力に不満があるときどうする?

育児への取り組み方について夫に対する不満はありますか。中には、子どもが生まれてから、育児に対する夫婦の考え方のズレを感じたという人もいるでしょう。もしも夫に対して不満をいだいた場合、どのように対応すれば良いのでしょうか。実際の産後の生活を描いた漫画や先輩ママの体験談から、夫との育児に対する考えのすり合わせ方法を見ていきましょう。

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

産後、夫との育児方針のズレを痛感

産後、子どもを育て始めた中で、初めてパートナーとの育児に対する価値観が異なることに気づくケースがあるでしょう。
『パパの育児力アップを目指して(@decoboco.tamaさん作)』にも第一子の育児について夫と考え方が大きくズレていた経験があると描かれています。

漫画では「泣いている子どもよりゲームを優先する」など夫の行動が理解できないことから、衝突が増えて夫婦仲が悪くなってしまいます。夫婦で価値観のズレが生じているとき、どのように対処したらよいのでしょうか。

パートナーの行動を変えるために先輩ママがやったことは?

先輩ママたちは、産後の夫との価値観のすり合わせや関わり方について、どのような考えを持っているのでしょうか。

ここからは、ママリに投稿された、価値観が違ったときの対処法や、行動を変えるためにしていた内容を紹介します。

「手伝う」感覚が強く当事者意識は普段一緒にいるママより低いと思います。
でも本人は自覚ないと思います。頼めばやってくれるから不満は無いです。
というか、自発的にやってくれても、私のやり方と違うとイラッとするので、頼んだ時だけやってくれればいいと思ってます🤣💦

とりあえず旦那は本当に忙しそうで感謝してるし、旦那も私に「いつもありがとう。任せきりでごめんね」って言ってくれるからお互い自分の役割を果たせてるから良いかなって感じです!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
育児も仕事も変わらないよ!指示待ちの新卒か!!って言えるなら言ってみても良いと思います
(中略)ちなみにうちは言いました😂
言われた事しかやらない部下ってめんどくさくない?って😂
一応上司をしている旦那なので我が家はすぐ理解してくれましたよ!ただ常にその意識持てるまでは時間かかりましたが😅
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
わたしがパートはじめてから有無を言わさず休みの日には子供の面倒見てもらうようになってから、色々とできるようになりました😆それまではわたしもストレスばっかりでした🤣

とりあえず、'やらせないとできない'と言うのは本当だと思います😂笑
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

夫にどうしてほしいかという考え方は、各家庭によってさまざまなようです。「自分がやった方が楽」「有無を言わさず育児を任せる」など、いろいろなパターンがあります。

もちろん、夫側も同様に「ママと同じくらい育児に関わりたい」「できる限り仕事を優先させてほしい」など思いがあるはず。夫婦でどう関わりたいのか思いをすり合わせることが大切なのかもしれませんね。

自分の気持ちを整理し、相手のペースも考える

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

ⓒdecoboco.tama

育児が始まってから感じる夫婦のズレ。家庭によってはそのズレが大きなストレスになり、相手そのものを嫌いになってしまうことがあるかもしれません。そうならないように、相手にも相手のペースがあることを理解し、思いを伝えあいたいところです。

夫婦だから必ずしも思いが一致していないといけないとは思わず、まずはお互いの考えを伝えあい、どちらかが無理をして爆発することがないようにコミュニケーションをとれるとよいですね。

赤ちゃんを抱けば父性が芽生えると思ったのに|パパの育児力アップを目指して#1

関連記事:

赤ちゃんを抱けば父性が芽生えると思ったのに|パパの育児力アップを目指して#1

たままま(@decoboco.tama)さんの夫は、赤ちゃんが生まれてからも父性が芽生…

おすすめ記事

「育児」「夫」「スキル」 についてもっと詳しく知る

話題の記事

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧