1. トップ
  2. 出産
  3. 赤ちゃんの命名・名付け
  4. 「とうか」という名前に使える漢字は?意味も合わせて解説

「とうか」という名前に使える漢字は?意味も合わせて解説

名前は、赤ちゃんに対して初めてのプレゼントです。せっかくですからみんなから好かれるすてきな名前をつけてあげたいですよね。「とうか」という名前も、最近人気になっている名前の一つです。中性的で男の子にも女の子にもつけられるすてきな名前でしょう。この記事では、「とうか」という名前に使える漢字、それぞれの漢字に込められた意味、そして男の子に「とうか」を使う場合の漢字の例など、「とうか」という名前についてくわしく解説します!

©ママリ

名前に使える「とうか」の漢字

「とうか」は前述通り、女性にも男性にも使うことのできる名前です。男女問わず使える名前としては、「あきら」「ゆうき」「りん」などもあります。最近は中性的な響きも人気があります。

「とうか」という名前をつけたいけれど「より女性的な名前にしたい」「中性的な名前にすることで、後で性別を変えたいと思った時に困らないようにしたい」など、いろいろな思いがあるでしょう。同じ響きでも、漢字を工夫することでさまざまなイメージをもたせることができます。

ここでは「とうか」という名前に使えるさまざまな漢字とその意味について、簡単に解説します。

「とうか」と読む漢字:桃叶

「桃」は言わずもがな、果物の桃を意味する漢字です。桃という果物は、邪気を祓い不老長寿を与える果物と考えられてきました。だからこそ、元気で健やかな成長を願う意味を持つ漢字として親しまれています。

最近では松坂桃李さんの名前にも使われていることもあり、男の子の名前にも使われるようになってきました。

「叶」という字は「夢がかなう」などの自分の思いが実現するという意味も含まれています。また、元の意味としては「調和する、合致する」という意味があります。

「桃叶」と組み合わせて使うことで「健康に生き、夢をかなえる人生にしてほしい」「かわいらしく健康で、調和を大切にする人生にしてほしい」という意味を込めることができるでしょう。

「とうか」と読む漢字:深海

「深」という漢字を使うことによって、「じっくりと緻密に考えることのできる思慮深さ」「上品な奥ゆかしさ」などの意味づけができます。

「海」は広く雄大なイメージや、包み込むような愛情深いイメージを喚起させる言葉です。こちらも、どちらかというと性格に対する希望を強く表しています。

「深海」と組み合わせて使うことで「思慮深く、雄大な人生を送って欲しい」「上品で、愛情深い人に育って欲しい」という意味を込めることができます。

「とうか」と読む漢字:燈日

「燈」は「ともしび」の意味を持つ漢字です。ともしびのように周囲を明るく照らす存在になってほしい、優しく温かな人柄に育ってほしい、あるいは人生の行先が明るく照らされていってほしい、などの願いを込めることができます。また、「灯」の旧字ということもあり、レトロな雰囲気を名前に与えることができます。

「日」はやはり太陽の意味を込めることが多いようです。朝日がのぼるように明るく勢いのある人生を送ってほしい、周りの人を照らす優しい人になってほしい、という意味があり、「燈」と親和性の高い漢字です。組み合わせて使うことで、「周囲を照らす存在に」という願いがより強まりますね。

「とう」と読む漢字:「透」

「透」には、頭脳明晰で頭の回転の早いイメージや、純粋でけがれのないイメージがあります。「透明」という漢字にも使われている漢字なので、ガラスや水面のような透き通って美しい印象もあります。純粋で才能ある子に育って欲しい、という願いを込めることのできるすてきな漢字です。

「とう」と読む漢字:「冬」

「冬」には透明感や、厳しい状況を乗り越えるような生命力の強いイメージがあります。元気で健康で、困難にも立ち向かえるたくましい子に育ってほしいという願いを込めることができそうですね。

「か」と読む漢字:「夏」

「夏」は生命活動の活発な季節。明るさや情熱、あるいは行動力を喚起させる漢字です。芸能人の方も「夏菜さん」や「若槻千夏さん」、「横澤夏子さん」など明るい印象の方が多いですね。

「か」と読む漢字:「華」

「華」は花びらが広がる様子を表した漢字です。もちろん植物としての花の意味もありますが、「栄える」という意味も持っている漢字です。「華やかな人生を送ってほしい」「内面から美しい人に育ってほしい」などの意味を込める人もいるようです。

出典元:

「とうか」と読む名前一覧

上で紹介した名前以外にも「とうか」という名前にはいろいろな漢字を使うことができます。

名字との組み合わせや、名前に与えたい意味づけなどを考えて、最も納得のいく名前をつけてあげたいですね!

冬夏/冬叶/冬風/十果/十歌/十香/憧夏/斗花/東佳/柊華/桃加/

桃可/桃叶/桃樺/十嘉/十架/桐夏/深海/灯夏/燈日/透海/斗風

「とうか」という名前に対する先輩ママの声

「とうか」は少し珍しい名前かもしれません。明治安田生命のランキングでも、たまひよのランキングでも、100位以内には入っておらず、「最近人気の」という感じではないかもしれません。

ですが、かわいらしい印象と中性的な印象を併せ持つ名前ですので、流行りの名前にしたい、という確固たる意志がなければ、むしろとても魅力的なのではないかと思います!

そこで、先輩ママさんたちが「とうか」という名前をどう思っているかについて簡単にご紹介したいと思います!

わたしも女の子だったら橙花とつけたいと思っていました!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
可愛らしくて素敵です🤗💕
あたしも女の子だったらとうかちゃん候補に入れてましたもん😝
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

もし子どもが女の子だったらつけたい!と思うほど、かわいくて魅力的な名前ということですね。

素敵なお名前ですね!
珍しいしいいと思います😆💗
綺麗なイメージです!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

こちらは、珍しくてきれいな名前だ、という印象ですね。周りのママさんたちからも評判の良い名前になりそうです。

「とうか」がなぜすてきな名前なのか

最後に、改めてどうして「とうか」がすてきな名前なのかについてまとめておきたいと思います。

やはり、先輩ママさんたちの評判にもあった通り、「響きがきれい」「珍しい」という2点は大きいでしょう。名前では少し「珍しい」というのも重要な点かもしれません。

さらに、漢字によっては中性的な雰囲気にしたり、反対に女性っぽい/男性っぽい印象にできたりするのもポイントです。

最近では、自分の子が望む性別を選んだ時に困らないようにと、中性的な字や名前を選ぶ親御さんも増えているようです。そういう意味でも、「とうか」は比較的男女を問わない名前ですので、お子さんの将来を思ったときのひとつの選択肢となるでしょう。

美しい響きの「とうか」。漢字でオリジナルの印象をプラスして

「とうか」はこのように、響きがきれいで珍しく、大変魅力的な名前です。

名字とのバランスや組み合わせも考えつつ、ぜひ候補のひとつとして取り入れてみてくださいね。

女の子につけたい古風な名前。「日和」や「ことは」などかわいい名付け候補

関連記事:

女の子につけたい古風な名前。「日和」や「ことは」などかわいい名付け候補

親から子供に向けて贈る初めてのプレゼントが名前です。それだけに、名付け…

子どもに「中性的な名前」をつけたい!メリット・デメリットはある?

関連記事:

子どもに「中性的な名前」をつけたい!メリット・デメリットはある?

妊娠がわかると少しずつ考え始めるのが赤ちゃんの名前ではないでしょうか。…

おすすめ記事

「とうか」「名前」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧