1. トップ
  2. 住まい
  3. 住まいの基礎知識
  4. ウォークインクローゼットを物置きにする人の意識が変わる、3つの考え方

ウォークインクローゼットを物置きにする人の意識が変わる、3つの考え方

(この記事では、ママによるお片付け体験談をお届けします)皆さんのお家にウォークインクローゼットはあるでしょうか?ウォークインというくらいだから歩いて見渡せるクローゼットのはず…。ところが、わが家では急な来客の際「取りあえず、ウォークインクローゼットに入れとこう」が合言葉になっているのです。もちろん来客が帰ったあともしばらくはそのままです…。※本記事は、個人の感想に基づいたものです。

PIXTA

スペースがあると物置きになりやすい

間取り図ではWICもしくはWCLと表記される、ウォークインクローゼット。もちろんどのお宅にもあるわけではありませんが、家を建てる際に考える方もいるかもしれませんね。

わが家の場合、ベッドの周りにタンスを置きたくないという、地震対策もあってウォークインを設置。タンスはうまい具合に収まったのですが、それ以外の物もどんどん吸い込まれていきます。

ウォークインって、字のごとく歩いて入れるスペースがあるわけです。中にはその部分が無駄に思えると言う方もいますが、それは確かにそうかも。だって、そのスペースにも物を置いてしまいますから…。

無駄なく収納スペースを作った方が物は入ります。そしてクローゼットというくらいだから、「服」という「物」を入れる場所という認識ではないですか?それゆえについつい、他の物も空きスペースに置いちゃうということになるのかもしれません。

【ニトリ】冷蔵庫棚下収納トレーがあれば、すっきり冷蔵庫がかなう!

関連記事:

【ニトリ】冷蔵庫棚下収納トレーがあれば、すっきり冷蔵庫がかなう!

冷蔵庫内の食品の上にできる、わずかなすき間。「ここに食品を収納できたら…

「歩ける」からウォークインクローゼット

クローゼット amana images

繰り返しになりますが、ウォークインって歩いて入れるという意味なので、歩くためのスペースがあるクローゼットということですよね?

その「歩くため」のスペースがあるばっかりに、いろんな物を詰め込んでしまう場合が多いと思います。でもそれでは、納戸と変わらない。

少し考えてみましょう。クローゼットの中には主に何をしまうのか。そしてそれは、どんな時に使う物なのか。そう、クローゼットの中には洋服や帽子などのファッション雑貨、アクセサリーなどをしまいますよね?これって、おしゃれアイテムです!

そのおしゃれアイテムを収納する場所に他の物をどんどん詰め込むなんて、ちっともおしゃれじゃないと思いませんか?

WICを「ただの納戸」にしないコツ3つ

着替え PIXTA

では、ウォークインクローゼットをきれいに保つ考え方のコツをご紹介します。

収納する物の範囲を決める

ウォークインクローゼットには棚があり、洋服だけでなく季節の家電などをしまうくらいのスペースがあることも多いのでは?

そこで、洋服やファッション雑貨の他にどこまで収納するのかをあらかじめ決めておくことが、ウォークインクローゼットをきれいに保つコツ。そうすることで、余計な物を置きっ放しにすることもなくなります。ちなみにわが家は、寝室で使う除湿器とミシン、手芸用品、アイロンはウォークインに置いています。

「取りあえず」の仮置き場にしない

来客があってすぐに片付けられない時に、取りあえず入れとけと思った物って、結局そこに置きっ放しになる確率が高いです。

なぜなら、リビングでも片付かずに散らかっていた物だから。

つまり片付けを後回しにしている物はどこに置いても後回しになってしまう。

なので、やはり仮置きしないようにしないと歩くスペースはたもてません。やむを得ず、仮置きした場合でもここで最終的に片付けることを心がけるといいですね。結果的にリビングも片付くことに。

ウォークインクローゼットを「部屋」として扱う

ウォークインクローゼットは納戸になりがちだけど、考え方を変えたら雑多な状態を避けられるはず。そこは、おしゃれを楽しむための部屋。そう考えると、ゴチャゴチャと物であふれかえる状態にはしたくない。なんなら、歩くスペースはランウェイだ、くらいの気持ちであけておきたいところです。

  • どの範囲まで収納するか決めておく
  • 取りあえずの物置き場にしない(我が家も反省)
  • おしゃれ小部屋だと思って使う

ウォークインクローゼットをお持ちの方!この3つを参考に、足を踏み入れたとたん、おしゃれ心が湧いてくるような収納部屋を目指してみてはいかがでしょうか。

子ども服の衣替えはいつする?賢い収納・整理のコツとともに紹介します

関連記事:

子ども服の衣替えはいつする?賢い収納・整理のコツとともに紹介します

季節の変わり目は気温が安定せず「子ども服の衣替えはいつすればいいの?」…

ウォークインは納戸ではなく、おしゃれ小部屋だ

クローゼット amana images

ウォークインクローゼットを「何だと思うか」、正直に言えばこれは考え方次第。

単に洋服を保管するための場所だと思うか、おしゃれを楽しむための部屋だと思うか。物を置く場所だと思うからついつい置いてしまいますが、部屋だと思ったら快適に過ごせる場所にしようと思うはず。

アクセサリーの仮置きスペースを作ったり、上下のコーディネートをかけられるハンガーを用意したり。おしゃれ小部屋として楽しむことが、ウォークインも自分もきれいにたもてる近道かな、と思います。

知らなかった!【ダイソー】つり下げ収納活用術!使い方次第でとっても実用的だったとは

関連記事:

知らなかった!【ダイソー】つり下げ収納活用術!使い方次第でとっても実用的…

収納スペースはたくさん欲しいけれど、床の広さには限界がありますし、あま…

おすすめ記事

「収納」「片付け」「ウォークインクローゼット」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧