1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. 夫はチカン被害者。自分も子どもも性被害から身を守るには?重要なのは幼少期の接し方にあった?

夫はチカン被害者。自分も子どもも性被害から身を守るには?重要なのは幼少期の接し方にあった?

通勤や通学で使う公共交通機関。そこで痴漢に遭うと、次の日から仕事に行くのも怖くなってしまいますよね。ミワカモ(@miwakamo_)さんも通勤電車の中で痴漢に遭いました。帰宅後夫に話を聞いてもらい気持ちが落ち着くミワカモさんですが、その理由は夫自身の過去のつらい経験が関係していました。性被害と聞くと女性が被害者だと思いがちかもしれませんが、男性が被害者になることも。「旦那がチカンされた話」を紹介します。

©miwakamo_

親身になって聞いてくれる夫も痴漢被害者だった

通勤電車の中で痴漢に遭ったミワカモさん。恐怖や悔しさを抱えて帰宅しますが、親身に耳を傾けてくれる夫の温かい対応に、徐々に気持ちも落ち着いてきます。そして、夫は自身も電車で痴漢に遭ったときのことを話してくれました。

ミワカモさんの夫は、自分で痴漢を退治できなかった自分のことをふがいなく感じ、後悔しているようでした。そこでふたりは被害者のままでいるだけでなく、助けを求めて声を上げられるようにするために今の自分たちにできそうなことを考えてみることにしました。

ふたりが考えた、自分たちにもできることに注目です。

男性の性被害は見えにくい?

©miwakamo_

©miwakamo_

©miwakamo_

©miwakamo_

痴漢と聞くと、「被害者は女性で加害者は男性」というイメージが浮かぶ方がいるかもしれません。

筆者自身も高校は電車通学だったので、実際に被害に遭ったことが何度もありました。いつも周りをきょろきょろと警戒し、触られたらどうやって逃げようか、いつもピリピリびくびくしていました。なので、男性も被害者になりうるという現実にハッとさせられました。

男性は力が強いんだから対抗できるだろうというのは、一方的な理屈。実際には動けないし声も出ないのが現実。頭が真っ白になり固まることしかできないものです。女性はまず恐怖を感じますが、男性は周りの目や遅刻が気になったようで、感じ方も異なっているんだなぁと感じました。

男性だからこそ被害者として声を上げにくいんだということも、初めて気づかされました。

被害者だけで終わらない!今自分にできること

ミワカモさん夫婦は、なぜ性犯罪の被害者が声を上げにくいのかを話し合うことに。

そして、痴漢に遭いにくいように通勤時間の混雑を緩和するなどの環境づくりや、被害届を出すために仕事や学校に遅刻したときの会社や学校の理解ある対応などの整備が必要だと気づきます。

そのような社会づくりのために、子どものころから性教育が大切だという結論に。法律や社会を急に変えることはできなくても、将来を担う子どもたちが性別に関係なく声を上げられる社会を作っていけるように、自分の体を大切にすることや嫌なことをされたときにどのように声を上げるか、しっかり教えてあげることはできます。

つらい経験をそれだけで終わらせるのではなく、問題に対し今自分たちにできることは何かを真剣に話し合っているのがとても良いように感じました。

この機会に、男性の性被害についても家族で真剣に話し合ってみてはいかがでしょうか。「旦那がチカンされた話」ぜひ読んでみてください。

うちの夫はチカン被害者|旦那がチカンされた話#1

関連記事:

うちの夫はチカン被害者|旦那がチカンされた話#1

ある日、帰りの電車で痴漢にあったミワカモ(@miwakamo_)さん。帰宅後、なぜ…

旦那がチカンされた話
バックナンバー

おすすめ記事

「漫画」「性被害」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事