1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. トレンドニュース・話題
  4. 【賃貸もOK】古いふすまがオシャレ板壁に!大掃除ついでにチャレンジしたい簡単DIY

【賃貸もOK】古いふすまがオシャレ板壁に!大掃除ついでにチャレンジしたい簡単DIY

お部屋のアクセントにもなる板壁。しかし、直接壁に板を打ち付けるのは、抵抗がありますよね。そこで今回は、パネルタイプの板壁をご紹介します。立てかけて使うので、壁を傷つけることはありません。より手軽に楽しめるように、パネルは接着剤で貼り付ける簡単な作り方にしました。この記事ではインスタグラムでDIYに関する情報を発信しているfumi(fumifumi_3)が板壁の作り方をご紹介します。

©fumifumi_3

くぎやビスを使わない板壁の作り方

ふすまの日焼けが気になっていた場所に板壁を作りました。壁の一部だけ板壁にすることで、ほどよいアクセントに。板と板はすき間を少し開けて、デザイン性を高めながら木材の節約もしています。それでは作り方を見ていきましょう。

1.材料

©fumifumi_3

厚さが4mmのベニヤ板と厚さ10mmの杉板を使います。杉板の幅はお好みで選んでください。ベースのベニヤ板を必要な大きさにカットしてから、杉板をベニヤ板に合わせてカットしましょう。

2.仮置きして接着剤を塗る

©fumifumi_3

組み立てる前に塗装します。今回は、すっきり感を出したかったのでベニヤ板を黒く塗り、杉板は濃いめの茶色に塗りました。

塗料が乾いたら接着剤で貼っていきます。先に仮置きをすると「イメージと違った!」なんて失敗を防げますよ。

3.幅をそろえて板を貼る

©fumifumi_3

きれいな仕上がりにするには、板を同じ幅で貼るのがコツ。ガイドを作ると簡単に幅をそろえることができますよ。お菓子の空き箱などを活用して作ってみましょう。このひと手間で作業がグッと楽になります。

全て貼り終わったら、そのままの状態で置いておきます。板がそって浮いてくるときは、重しを乗せて押さえましょう。しっかりと接着剤を乾かしてできあがりです。

家具の裏側に立てかけるだけだから、賃貸でもできる

©fumifumi_3

この板壁は家具の後ろに置いて使います。家具と壁に挟んで倒れないようにする、ということです。ただ、家具が低すぎると倒れる危険性もあるので、実際に挟んで倒れてこないか確認してくださいね。

照明を組み合わせても◎、お部屋の雰囲気づくりに

©fumifumi_3

ペンダントライトと組み合わせてみました。光が当たるとより立体的になりますね。デスクライトや壁掛けライトなどでも同じような効果があります。雰囲気がとても良くなるので、照明も組み合わせてみましょう。

今回は接着剤を使った板壁をご紹介しました。一部でも木材を取り入れると、温かみのあるお部屋を作れます。ぜひ作ってみてください。

DIY主婦が自宅の古いふすまをリノベ!自分でできちゃう室内窓の作り方を伝授

関連記事:

DIY主婦が自宅の古いふすまをリノベ!自分でできちゃう室内窓の作り方を伝授

ふすまの敷居を利用して、パーテーションを作りました。上半分を木枠にする…

【セリア】で作るアンティーク風ミニランタン、DIY主婦が試行錯誤した作り方

関連記事:

【セリア】で作るアンティーク風ミニランタン、DIY主婦が試行錯誤した作り方

落ち着いたたたずまいのランタン、かわいいですよね。インテリアに取り入れ…

失敗したくない「壁の棚設置」ぐらぐらを防ぐポイントをDIY主婦が解説

関連記事:

失敗したくない「壁の棚設置」ぐらぐらを防ぐポイントをDIY主婦が解説

デッドスペースになりがちな壁は、棚を付けることで一気に便利なスペースに…

fumi/DIYのある暮らし(fumifumi_3)のインスタグラム

おすすめ記事

「壁」「DIY」「おしゃれ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧