1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. ブログ・SNS
  4. お母さんだけじゃなく、Nくんも無視…?|勇気を出してよかった

お母さんだけじゃなく、Nくんも無視…?|勇気を出してよかった

子どもの友達付き合いにトラブルは付き物ですよね。何事も経験になるとは思いつつも、やはり心配してしまいます。この物語は、著者・星河ばよ(@bayo_fantasy)さんのフォロワー・つくさんの体験談。息子の発達障害を心配するあまり、ママ友作りに不安を感じていたつくさんの葛藤と変化を描いたお話です。送り迎えの際、Nくんのお母さんにあいさつをすると無視されてしまい、つくさんはわが子が何かしてしまったのではないかと不安を感じます。『勇気を出してよかった』3話をご覧ください。

Ⓒbayo_fantasy

第1話から読みたい方はこちら

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

あいさつをしても冷たい態度を取るNくんのお母さん。つくさんは、自分の知らないところで息子が問題を起こしてしまったのではないかと不安を感じていました。

そんなある日、公園でつくさんの息子がNくんに声を掛けると無視されてしまいます。「Nくん」と話しかけた際、とてもびっくりしている様子が伺えますね。小学生は、コミュニケーションの取り方がまだ未熟。自分の気持ちをどう表せばいいのかわからないことも珍しくありませんね。

Nくんの反応がないことに、Sくんも戸惑っているようです。

友だち作りは子どもの方が上手?|勇気を出してよかった

関連記事:

友だち作りは子どもの方が上手?|勇気を出してよかった

子どもの交友関係は気になりますよね。幼い子ども同士はケンカもしますが、…

【全話読める】
勇気を出してよかった

ママ友付き合いのカギは、あいさつ

Ⓒbayo_fantasy

Ⓒbayo_fantasy

ママ友とは、主に子どもを通したお付き合いになる関係性。小学校は6年間通うため、特に長い付き合いになりますね。話したことがない相手や苦手な相手でも、情報交換やトラブル解決のために会話が必要になることも。無理に近い距離感で接する必要はありませんが、できれば良好な関係を保ちたいですよね。

この漫画の主人公は、ママ友付き合いに苦手意識を持ちながらも、あいさつはするように心がけていたといいます。一方、あいさつに対する反応が薄く、苦手に感じていたNくんのママは、実は息子の人付き合いに不安を抱えていたとのこと。そのために表情が硬くなっていたのかもしれません。

息子とNくんの関わりの中で、Nくんママへの誤解がとけたつくさん。このエピソードは、ママ友関係に悩む人の背中を押してくれるような心温まるお話です。

星河ばよ(@bayo_fantasy)さんのインスタグラム

クラスに慣れたはずの年長児、いきなり感情が爆発「手が出る」「おもちゃを乱暴に扱う」

関連記事:

クラスに慣れたはずの年長児、いきなり感情が爆発「手が出る」「おもちゃを乱…

たぷりく(@tapurikoo)さんのフォロワーさんはまだ若く未熟だった保育士のこ…

「漫画」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。

カテゴリー一覧

ブログ・SNSの人気記事