「孫育て」じいじとばあばの孫との関わり方と嫁としての心得

共働き家庭にとって、子育て全般を手伝ってくれるじいじとばあばの存在は、とてもありがたいですよね!今、子育てを終えた後の「孫育て」に注目が集まっています。「あるある」「そうだったのか」という事実まで…。ここでは、現代のじいじとばあばの「孫育て」における奮闘ぶりと、それを見守る嫁としての心得について考えてみたいと思います。

PIXTA

「孫育て」じいじとばあばにとっての「孫」という存在

皆さんは、自分のおじいちゃん、おばあちゃんについて、どのような印象を持っていますか?私にとっての、ここで言う“じいじ”と“ばあば”は、「いつも笑っていて優しいおおらかな人」という印象です。

今思い返してみれば、ほとんど怒られたり注意されたりした記憶もなく、どんな時でも優しく包み込んでくれる、そこに行けば安心、という何だか特別な存在でした。

皆さんが頭に思い浮かべた印象はどのようなものでしたか?私の印象とはまた違うかもしれませんが、やはり特別な存在であったことには変わりないのではないでしょうか。

そしてじいじとばあばにとってもまた、孫という存在は、やはり特別な存在なのです。

生きがいの再来!

シャボン玉と祖父母 PIXTA

孫を持つようになるのは、定年退職の少し前か、退職後くらいの年齢が一般的です。定年退職後は特に、長い間担ってきた会社での役割を終えた時期。

自分自身の存在価値を急に見失ったり、もう自分には何もできることはないと思い込んでしまったり…。会社を退職した後に自分のやりたいことを見い出せずに引きこもってしまう。そんな高齢者も少なくありません。

しかし、そのような時期に、孫から「じいじ!ばあば!」と慕われることにより、自分が必要とされている!できることはまだまだあるんだ!と、孫の存在が、新たな生きがいになるようです。

「孫育て」が裏目に?事件簿

ダメ PIXTA

じいじとばあばにとって、いかに孫の存在が可愛いかは分かりましたよね。ただ可愛いだけでなく、自分の生きる意味を再確認させてくれる孫という存在は、やはり特別なもののようです。

しかし!その孫への干渉が行き過ぎると、様々なトラブルが起きてしまいます…。

私も実際に経験したものを他のママ達の体験談とともにご紹介します。

「えっ!それ食べさせちゃうの?」事件

驚き PIXTA

まだあげたことない食材をあげてしまうこと。特に甘いもの! 1歳の娘にケーキの生クリームを食べさせようとし、それを軽~く拒否すると、今度は「スポンジの部分なら大丈夫だよね~」とか言いながらあげようとしてきます。スポンジだって何が使われているかわからないでしょうが!(ぽこぺん、30歳) 出典: enfant.living.jp

これは本当によくある、またよく聞く話ですね。私と主人の両親は地方に住んでいるため、頻繁に起こる問題ではないのですが、帰省の度に毎回と言っていい程起こる事件の一つです。

私の場合は、「棒付き飴」でした。

ある日、娘の口から出ているなにやら怪しい白い棒。よくよく見ていると、お舅さんが「とてもいい子にしてたから飴を食べてるんだよね~!」と一言。

虫歯などを考慮して敢えてあげていなかったのに…それから娘はしばらく「飴!飴!」と連呼するようになり、事態を収めるのにとても苦労しました。

「絶対に孫は悪くない!」事件

子供泣く PIXTA

義理の両親の話です。子どもがまだ2歳だったころ、ずいぶん動きが活発になってきてテーブルやドアにぶつかることが多々ありました。それを見て「なんでこんなところにテーブルがあるんだろうねぇ。こらっ!」とテーブルを叱っていました。

ドアなどの場合も同じです。まぁ、孫がかわいいのと、ものが壊れたりといったこともなかったので何気ない対応だったのだと思いますが・・・大きく育った旦那が家中あちこちぶつかって歩いて不機嫌になっているのを見ていると、「このせいだったんだぁ・・・」とあきれてしまいます。正しく教えるものは正しく教えてもらわないと・・・全く! 出典: moomii.jp

これもよくありますよね。ある程度大きくなってからしか叱らない、という方ももちろんいると思いますが、私は、どんなに月齢が小さくても、言葉を選びながら「叱る」ということも必要だと思っています。

義理のお兄さんの子供に関して、似たようなことがありました。食事中にウロウロ…妖怪ウォッチのメダルを出したりしまったり…

せっかく作ってくれたのに、悲しいだろうなとお姑さんを見ると…。

全然食事が進んでいない孫を、優しいまなざしでじっと見つめているではありませんか。孫というものはそんなに可愛いものなのか、でもそれはさすがにダメでしょ!と思った瞬間でした。

「必殺!口移し」事件

PIXTA

ショートケーキのイチゴが食べたかった息子。義母にイチゴちょうだい!と言ったら、快くくれたのは良いのですが、生クリームがついてたらいけないと思ったのか、一度自分の口に入れてキレイにしてくれました… そして、息子にアーンと!ついたままのほうがマシだったー!(よっぴ、32歳) 出典: enfant.living.jp

私には経験がありませんが、口移しに関しては、多くの人が経験しているのではないでしょうか。離乳食をあげる際、柔らかくするために口の中でご丁寧につぶしていただいた…というような経験をした人も多いのでは?

口移しではないのですが、私にも一番記憶に残っている事件があります。

去年の夏、虫に刺されたと痒がっている娘に、お姑さんが何かを塗っているのを発見!よく見ると大人用のメンソレータムリップ…別に一度や二度ではどうなるというわけではないですが、衝撃を受けた出来事でした。

このように、孫育てに奮闘するあまり、思いもよらないところでトラブルが発生することもあります。

でもよく考えて!

感謝 PIXTA

じいじとばあばは、人生・子育ての先輩である

じいじとばあばは、何といっても人生の大先輩。そして子育てにおいても大先輩なのです。

「昔と今とでは環境が違う!」「自分の子供と一緒にしないで!」「年上だからといって…」どれも正解です。

でもよく考えてみて下さい。私達よりもはるかにたくさんの経験と時間を過ごしてきたじいじとばあば。そんなじいじとばあばと過ごす時間は、触れた事のない教養や文化を、あなたの子供にたくさん見せてくれるはずです。

自分や大好きな旦那さんを育て上げてくれた人である

そして一番忘れてはいけない事は、孫にとってのじいじとばあばは、自分と自分が大好きな旦那さんを育ててくれた人であるという事です。

じいじとばあばがいなければ、大好きな人は生まれてはいないし、その子育てでなければ、私が主人を好きになる事もなかったかもしれない。

自分が人生のパートナーに選んだ人を、立派に育て上げてくれたじいじとばあばに、感謝の気持ちを忘れずに持ち続けたいですね。

孫育ての裏で…じいじとばあばの現実と解決策

家族 PIXTA

なんとなく分かり合えてきたような気がしてきましたね。でも、実はまだまだ分かっていない部分があるんです。

ここからは、嫁としての立場で、じいじとばあばの孫育てに対する「真の思い」と、こちらに必要な「心得」について考えていきましょう。

現実①体力的にきつい

今の時代、とても孫がいるように見えない元気なじいじとばあばもたくさんいますよね!

しかし現実はそうでもなく、じいじとばあばは自分たちの思いとは裏腹に、足腰が弱り動きが遅くなったり、判断力が鈍ったり、色々なところで老いが出てきます。

そんなじいじとばあばが孫育てに奮闘したら…元気いっぱいの孫についていくのはとても大変な事です。また、孫は年々大きく成長し、パワーも増していきます。

見た目に騙されて忘れてしまいがちですが、孫と遊ぶのが実は辛い、と感じているじいじとばあばも多くいるんですよね。

解決策:年寄り扱いはせず、適度にねぎらえ!

孫からプレゼント PIXTA

そんなじいじとばあばでも、やはりあからさまに「きついでしょ?やらなくていいよ!」と言ってしまうと、「年寄り扱いしないで!」と逆に嫌な思いをさせてしまう事もあります。

決して年寄り扱いはせず、「いつもありがとう」「無理しないで」などの感謝の気持ちを言葉で伝えてあげるようにしましょう。

現実②ママがどういう子育てをしたいのかが分からない

これは特にお姑さんとお嫁さんとの間で起こる問題なのかもしれません。お姑さんに遠慮して…逆にお嫁さんに遠慮して…言いたい事を相手に言えず、それがトラブルの原因になってしまうのです。

昔は、お嫁さんがお姑さんが怖くて…という話をよく聞きましたが、現在は逆にお嫁さんに気を使うお姑さんが増えているのも事実です。

それに伴いお嫁さんが、ママとしてどういう子育てをしたいのかが分からないというじいじとばあばも増えています。

解決策:自分の子育て論をあえて話せ!

話す女性 PIXTA

じいじとばあばに子供のお世話を頼む時には、こちらの考えや教育方針を共有するという事は最低限のマナーのようなものです。

「勉強よりも運動をして欲しい」「まだこれは食べさせたくない」など、少し細かいかもしれませんが、子育てで気をつけている事は何でも話して、じいじとばあばと考えを共有しましょう。

また、家で決めている子供とのルールなどもなるべく具体的に伝えるといいですね。忘れてはいけない事は、「じいじとばあばの子育てを否定しない事」。

伝えるときは「私はこういうやり方がいいと思うんですけど」と、やんわりとした言い方をするよう意識しましょう。また、それを伝えた後はじいじとばあばを信じて任せましょう。

現実③お嫁さんとの関係は良好であると信じている

これは、結構あると思うんですが、基本的にお嫁さんは、お姑さんに文句を言い辛いため、お姑さんが勘違いをしてしまうという事例です。

確かに、お姑さんから「何でも話していいからね!気にしないから!」と言われても、嫁の立場からすると「言えない…」となりますよね。

しかし、「はい!何でも話します!」とその時は返事をしているため、お姑さんは「私達は関係が良好!」と少し勘違いしてしまいます。

解決策:そのままでよし!何か言いたい時は旦那さんを上手に使え!

旦那さんにお願い PIXTA

基本的には、現状が一番波風が立たず幸せなので、そのままでよし!です。でも、特に子供の事に関しては、色々言いたい事も出てきますよね。

そんな時は、上手に旦那さんを使いましょう!男の人はお姑さんとお嫁さんの間によく挟まれ、それを嫌がるというイメージがありますが、ものはやりようです!

「お母さんってこんな事してくれるんだよ!凄いよね!」という褒めから始め、「あとさ、私はこう子育てしたいんだけど、それをお母さんにやんわり伝えてくれない?こんな役割をさせてしまってごめんね!」で締めます。

「お母さんを褒める」「旦那さんを頼る」「お母さんを労る」「旦那さんをたてる」を守ればスムーズに動いてくれると思いますよ!

現実④孫育てにはリミットがある

少し悲しいお話ですが、やはり、年齢には勝てません。じいじとばあばの孫育てには時間という、誰にも止める事の出来ないリミットがあります。

仕方のない事ですが、人生の残りの時間を、自分の子供に全力で注いでくれている事に感謝をすべきですよね。

その時間を共有する事で、自分の子供が「命」について考えるかけがえのない機会になるかもしれません。

解決策:相手の考えや気持ちを想像し寄り添え!

祖父母 PIXTA

人は、人生をいつか終えます。生きている間は好きなものを食べ、好きなところに行き、好きなだけ笑い、泣き、怒り、好きなだけ不満も言います。

お互いに文句や不満を言い合う事は、それが陰口であっても、“生きているからこそ”。だったら、その文句や不満を、相手の考えや気持ちを想像しながらぶつけてみたらいい!私はそう思っています。

どんな立場でも、どんな年齢でも、まず相手を思いやり、寄り添う事から始めてみましょう。

自分もいつかは「孫育て」

PIXTA

ここまで書いてみて今年の夏、実家での過ごし方が変わるような気がします。

お互いに知っているようで知らない本音。それぞれの立場でしか分からない現実。いつかは自分も「孫育て」を経験し、奮闘するんだろうなという不安と期待。

この機会に少し立ち止まって、3世代でゆっくり話す時間を作ってみてはいかがでしょうか。その時間はとても貴重で、間違いなく愛情溢れるひとときになる事でしょう。

ここでもう一度皆さんに質問です。皆さんは、自分のおじいちゃん、おばあちゃんについて、どのような印象を持っていますか?

「孫育て」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧