子供の姿勢が悪い原因と影響は?姿勢矯正椅子おすすめ商品3選

子供姿勢について考えたこと、ありますか?背筋が伸びていない、いつも前かがみになっているなど、姿勢が悪い原因はどのようなものがあるのでしょうか。また姿勢が悪くなるとどんなことに影響があるのでしょう?そのほか子供姿勢が悪いことが気になるママにおすすめしたい、姿勢矯正椅子もいろいろ販売されています。ぜひ参考にしてみてくださいね。

PIXTA

子供の姿勢が悪い原因は?影響はある?

近年、子供の姿勢が悪くなってきたとされます。子供の姿勢が悪くなってきたことは、生活環境の変化が大きく関係しています。外遊びが減り、室内でのゲームやパソコンなどでの遊びが増えてきたからとも言われています。

また姿勢が悪いことによって、運動器疾患になる場合があるなど、さまざまな影響が出ているようです。

出典元:

子供の姿勢を正しくするには?姿勢矯正椅子って?

子供の姿勢を良くしたい、我が子の姿勢が気になるというママもいることでしょう。そうしたときにおすすめしたいのが「姿勢矯正椅子」です。

ではどんな種類の椅子があるのか、使った方の体験談も交えてご紹介します。

1.バランスチェア CH-88W

木製 バランスチェア CH-88W

身長140cmから使うことができますが、別売りの補助クッションがあれば130cmから利用することも可能なのでできるだけ早いタイミングで購入できると良いかも知れませんね。

おしゃれなデザインなので勉強もはかどっちゃうかも。

口コミ

子どもの勉強机の椅子に購入しました!配送も丁寧で素早い対応でしたので、直ぐに利用できて良かったです!机の雰囲気に合わせてブラックにしましたが、鉛筆ね汚れは目立たずバッチリでした!組立は1人でも大丈夫ですが、2人でやったほうがやっぱり楽かなぁ~っと思いました。  出典: item.rakuten.co.jp

1人では組み立てが難しいということですのでできればパパさんがいるときに一緒にやると良いかもしれませんね!

口コミでは悪い評価はほぼ無く、購入した方はおおむね満足の結果だったようです。

2.スタイルキッズ

Style Kids(スタイル キッズ)

女性向けの商品である「ボディメイクシート」の子供向けバージョンです。こちらの商品は椅子本体ではなく椅子の上に置いて使うものであり、ど仕様が可能な椅子の種類が豊富というところです。

リビング学習などの場合で、ローテーブルを使用する場合に便利ですね!

口コミ

『スタイルキッズ』に座るとこれまでのような格好はできなくなるので、もう「姿勢が悪いよ!」と注意することもなくなりそうです。
足組みもできなくなるので、足組みがクセになっているお子さんにもオススメですよ♪
娘も座り心地が気に入っているようで、『スタイルキッズ』が届いてからは自分からすすんでこれに座って宿題をしたりゲームをしたりしています。 出典: xn--uhr78nwvpc0l.net

自分から進んで座ってくれるということは、座り心地も良い証拠ですね!

姿勢も良くなり、変なくせもつかなくなるのはママにとっても嬉しいですね。なのでぜひ続けてほしいところです。

3.アーユルチェアー

アーユルチェアーユナ

アーユルチェアーは姿勢を正すために作られた椅子です。

少々お値段は張りますが、家族で使えますし、納得の結果が得られると評判も良いですよ!

口コミ

子供の小学校入学に合わせて学習机と一緒に買った椅子がどうやらよくなかったようなので、アーユルユナを脚付きリング付き?で買いました。
大丈夫かな?と不安になるくらいの猫背だったのですが、アーユルチェアーを買ってあげてから、本当にすぐに効果が出ました。
姿勢が明らかに良くなって普段の生活で床に座っている時も猫背ではなくなってちゃんと良い姿勢で座るようになりました。
なんでも吸収するちっちゃい子供の頃から良い椅子をあげて良かったと今では思いますね。 出典: xn--p9j7b0eay9m7jmb8jf0130j.com

小さいうちから使えるタイプのものだと、長く使うこともできますし、正しい姿勢を早いうちから身につけることができるのであればとても魅力的なことですよね!

正しい姿勢で不調をなくそう!

椅子 PIXTA

姿勢を正すというのは、大人でも気を付けたいと思うことではないでしょうか。

子供にとってもそれは同じです。姿勢が悪くなることで出てくるかもしれない悪影響を考えて、少しだけ椅子の力を借りてみるのも良いかもしれません。

長く使えるタイプのものも多くありますし、長い目で見てかわいいわが子への素敵なプレゼントにしてみてはいかがでしょう?家族みんなで姿勢を正して、体の不調なんて吹っ飛ばしてしまいましょう!

「子供」「姿勢」「椅子」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!