お遊戯会では子供に手作り衣装を着せてあげたい!おすすめの人気衣装10選

お遊戯会など、子供に衣装を着せてあげたい!というママは多いのではないでしょうか?でも、サイズが合わなかったり、欲しいデザインのものがなかったり。市販品もいいけど、ちょっとアレンジしてあるものがいいな、なんて言う人もいますよね。そんなママたちに、今回は子供たちに着せる手作り衣装を紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

手作り衣装で子供を夢の世界へ

保育園や幼稚園に通うようになると、園の行事でお遊戯会が行われるところも多いと思います。

そんな時、衣装はどうしていますか?園で用意してくれる場合もありますが買う人、作ってしまう人もいます。今回は、簡単に作ることのできる衣装から、凝ったものまで手作り衣装5選をご紹介します。

手作りの参考に

手作り衣装って、敷居が高い気がしますか?でも、チャレンジしてみると案外できちゃったりするものです。

手軽に衣装作りができる、参考になる本をご紹介します。

100円グッズでこんなにかわいく!

100円グッズでかわいいコスプレ

100円グッズで作ることのできるかわいい衣装がたくさん掲載されています。初めてのチャレンジに気楽に作ってみてくださいね。

おゆうぎ会の定番衣装を!

おゆうぎ会の服とこもの改訂版

プリンセスから浦島太郎まで!おゆうぎ会定番の演目の衣装の作り方が掲載されています。型紙もついていて、作り方も丁寧に書かれているので初心者でもわかりやすい本です。

かわいい手作り衣装5選

子供にどんな衣装を着せてあげたいですか?とっておきの手作り衣装5選をご紹介します。

男の子がきても似合う!可愛らしいキツネの衣装

ブログ画像/許可取り済 画像:ameblo.jp

幼稚園のお遊戯会の際、日本の有名な昔話さるかに合戦に、お子様がナレーターとして出演するために、作られた衣装だそうです。衣装が似合っていてとても可愛いですね。

ぴょこんと付いているキツネの耳と尻尾がとてもチャーミングですね。黄色と白という中性的なデザインなので、男の子も女の子も着られそうです。

黄色と白の布という少ない素材で作れそうなのも魅力的ですね。

耳とちょこんと出た尻尾が愛らしいやぎの衣装

ブログ画像/許可取り済 画像:ameblo.jp

ノルウェーの昔話がもとの、『三びきのやぎのがらがらどん』に出てくるやぎを模した衣装です。

触り心地が良さそうなモコモコとした素材を使用しており、着心地が良さそうですね。また、モコモコとした素材に白さも相まって、優しいイメージを与えます。男の子が着てもとても可愛らしいですね。

上着とパンツが同じ素材で作ってあるのも魅力かもしれません。

女の子の憧れ!白と黒のガーリーなメイド服

ブログ画像/許可取り済 画像:ameblo.jp

お遊戯会でお子様がパンダダンスをするために用意された衣装だそうです。

ダンスをするためでしょうか、とても軽そうな素材で衣装が作られています。使われている色は白と黒だけですが、スカートの女の子っぽさもあって、よくまとまっている印象を受けます。パンダの帽子もあって、とてもガーリーで可愛らしいですね。

和風の柄がかっこいいダンス風衣装

ブログ画像/許可取り済 画像:ameblo.jp

袖なしタイプのジャケットとパンツを合わせたダンス風の衣装です。

花びらや漢字などの柄が、黒くてツヤツヤした素材にとても似合っていて、雰囲気があります。写真の男の子が衣装に似合っていて、とてもかっこいいですね。

このままでもまとまっていてかっこいいですが、ハンドブレスレットなどのアクセサリをつけてみても、いいアクセントになるかもしれませんね。

ピンクと黄色の色合いが可愛い!きゃりーぱみゅぱみゅ風衣装

ブログ画像/許可取り済 画像:ameblo.jp

女の子に大人気のきゃりーぱみゅぱみゅを模した衣装です。お遊戯会にてきゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」をダンスするため用意されたそうです。

ひらひらの広がるタイプのスカートと頭につけているリボンがとても可愛らしいですね。しかしなんといっても色使いがとてもガーリーできゃりーぱみゅぱみゅらしいですね。女の子は気に入ることが多いのではないのでしょうか。

手作り衣装を楽しもう

衣装 子供 PIXTA

子供の衣装を作るのは難しいかもしれませんが、子供のワクワクと期待に満ちた顔、出来上がった衣装を手にした時のキラキラの笑顔は本当に作ってよかった!と思いますよ。

なかなか手の出ないママも、まずはリメイクなど簡単なところから作ってみてはいかがですか?

自分だけのオリジナル衣装、お子さんが喜ぶこと間違いなしです。

今話題の記事

「お遊戯会」「衣装」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧