妊娠週数の数え方は?妊娠初期・中期・後期の分け方と出産予定日の計算方法

妊娠期間においては4週間つまり28日を1ヶ月とみなし、最後の月経が始まった日を妊娠0週0日とします。出産予定日は妊娠40週0日、つまり最終月経開始日から280日後としますが、人によっては月経周期が異なるため、あくまでも目安ととらえましょう。妊娠期間は初期・中期・後期に分けられ、妊娠37週以降は正産期といいます。正産期に生むことを正期産といい、いつお産が始まってもよい時期のことを指します。出産予定が早まった場合に備えて前もって準備ができたら良いですね。

PIXTA

妊娠週数の定義

一般的に十日十日(とつきとおか)とも妊娠40週ともいわれている妊娠期間。最終月経開始日から実際の出産日までの期間は280日前後となります。

  • 妊娠期間においては1ヶ月=4週間=28日
  • 正常な妊娠持続期間は10ヶ月=40週=280日
  • 最終月経開始日を妊娠0週0日として数え始める
  • 妊娠4週0日から妊娠2ヶ月目とカウント。以降、妊娠4週ごとに1ヶ月とする
  • 妊娠40週0日=280日目を出産予定日する

ただし月経の周期は人によって異なり、普段は一定でも体調によって数日前後することはよくあります。妊娠40週に入ったタイミングが出産予定日といっても、その日に必ずしも出産するとは限りませんので、あくまでも目安ととらえておくとよいでしょう。

出典元:

妊娠週数の数え方

妊娠期間においては4週間を1ヶ月と見なし、3ヶ月ごとに「妊娠初期」「妊娠中期」「妊娠後期」と分けて考えます。妊娠1ヶ月(妊娠0~3週)を妊娠超初期と呼ぶこともあります。

  • 妊娠初期:妊娠2~4ヶ月(妊娠4~15週)
  • 妊娠中期:妊娠5~7ヶ月(妊娠16~27週)
  • 妊娠後期:妊娠8~10ヶ月(妊娠28~39週)
出典元:

妊娠初期:妊娠2~4ヶ月(妊娠4~15週)

妊娠検査薬 PIXTA

産婦人科で正式に妊娠と診断され、医師に母子手帳の交付を受けてくる指示をされたら、母子手帳と妊婦健診の助成券(補助券)をもらってきましょう。この時期の妊婦健診は4週に1回が目安です。

妊娠初期は、個人差によりますがつわりがひどくなる方もいて、しばらく不安定な体調が続く時期。吐き気などが辛く、全く食べられない場合は産婦人科医に相談しましょう。

妊娠中期:妊娠5~7ヶ月(妊娠16~27週)

胎動 PIXTA

妊娠5ヶ月からは安定期といわれ、つわりの症状も治まってきます。そのため、体重管理をしっかり行いましょう。体重増加の目安としては、1ヶ月に1kgくらいに留めてください。

また、少しずつお腹のふくらみが目立つようになり、母乳を出すための乳腺が発達する頃です。胎動を感じ始める方もいるでしょう。初めての胎動はわかりにくいと思いますが、母子手帳に記録を残しておいてもいいですね。

妊娠中期の妊婦健診は月に1~2回となります。

妊娠後期:妊娠8~10ヶ月(妊娠28~39週)

臨月 PIXTA

妊娠8ヶ月にもなるとお腹はだいぶ重くなります。大きくなった子宮に圧迫され腰痛やむくみなど、日常生活において不便なことも増えてきます。頻尿や尿漏れに悩む方もいるでしょう。お腹も張りやすくなる時期なので、無理をしないようにしましょう。

妊娠37週~42週未満に産むことを正期産といい、いつ出産となってもおかしくない時期です。出産予定日はあくまでも目安なので、妊娠37週よりも前に入院準備を進め、産後の生活について家族と話し合っておくと安心ですね。

妊娠後期の妊婦健診の頻度は1~2週間に1回くらいになります。

出典元:

出産予定日に生まれるとは限りません

新生児 PIXTA

妊娠週数や出産予定日は目安です。妊婦健診を受けて医師の判断によって決まるものなので、予定日確定まで楽しみに待ちましょう。

出産予定日が近づくと今か今かと待ち遠しくなる一方、超過すると不安な気持ちになるかもしれません。なるべくおおらかな気持ちで過ごしましょう。

「妊娠週数」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧