関西でニューボーンフォトが撮れるおすすめスタジオ5選!新生児の赤ちゃんの写真を残そう

妊娠中、家族に支えられながらおなかの中で大切に大切に守ってきた赤ちゃん。頑張って育ってくれた赤ちゃんが産まれたときの喜びや感動を素敵な写真で残しませんか?欧米のニューボーンフォトのように、関西エリアでおしゃれにかわいく撮ってくれるスタジオをご紹介します。

PIXTA

ニューボーンフォトって何?

ニューボーンフォトとは、新生児の写真のこと。この時期の赤ちゃんは、まだしわが残っており、体の姿勢もまるく、大きさもまだまだとっても小さくて、産まれたときの姿を残す最適な時期です。

産まれたときの喜びと感動をプロの手により、可愛くおしゃれに写真に残してみませんか?ニューボーンフォトを扱っているスタジオなら、撮影の合間に授乳もでき、室温調整もきっちりしてもらえます。万が一当日赤ちゃんの体調が悪い場合も再度日程の調整をしてもらえます。

ニューボーンフォトとは?メリットと注意点や体験談

関連記事:

ニューボーンフォトとは?メリットと注意点や体験談

アメリカでは既にスタンダードに行われているニューボーンフォトをご存知で…

注意事項

新生児期は本来ならばお家で過ごす時期ですので、スタジオで撮影をする場合は外出する必要があります。何よりも赤ちゃんの体調を最優先にして、少しでも体調が気になるときは日程変更しましょう。

また、ママの体調もまだ回復していない時期。きちんと体調に向きあい、無理をしないようにして下さいね。赤ちゃん、ママの体調が良くても以下のことに気を付けましょう。

  • 体温調節できる服装で行きましょう
  • 移動は最小限に。車かタクシーがおすすめです
  • 抱っこひも、授乳やオムツ替えのための持ち物も忘れずに!
  • 事前に道順や気になることをスタジオに聞いておきましょう

新生児を連れ出すのが不安な方は、出張撮影をしてもらえるスタジオを探してみるのも良いかもしれません。

出典元:

関西でおすすめ!ニューボーンフォトを撮れるスタジオ5選

撮影 PIXTA

関西で、とても素敵なニューボーンフォトを撮影できるおすすめのスタジオを5つご紹介致します!

1.photograph studio 4c。(フォトスタジオ フォーシー) 大阪 心斎橋

写真業界歴20年以上、パリコレの撮影経験もあるカメラマンが撮影!ホームページの写真がどれもおしゃれです。

平日なら、厳選された70カットのデータが¥27,800(税抜)。撮影料、衣装、家族撮影無料で、予算に合わせてデータやアルバムを購入することができます。

photograph studio 4c。

2.Photo Clueto (フォトクルート) 大阪 堺市

女性カメラマンがおり、ニューボーンフォトは1日1組なので、授乳やオムツ替えなど、時間を気にせず赤ちゃんのペースに合わせることができるのが魅力です!

全データ(100~200カット)は平日¥20,000(税込)で撮影可能です。

Photo Clueto

3.Atelier Unreve (アトリエアンレーヴ) 神戸 三宮

リラックスできる雰囲気で、1日3組限定となっています。新生児用のヘッドバンドや帽子が豊富なので、素敵な1枚が撮影できること間違いなし!

約40カット撮影全データCD-R込、A3パネル1枚付きのスタンダードプラン¥23,000(HP外税内税記載なし)などがあります。

Atelier Unreve

4.Felice (フェリーチェ) 京都 山科

カメラマンはベビーマッサージセラピスト!きっと、赤ちゃんの素敵な笑顔を引き出してくれるはず。オプションで授乳フォトも撮影可能。

撮影料と約30カットのデータ込の基本プラン¥10,000(税込)で撮影できます。お手頃価格が嬉しいですね。

Felice

5.アケボノスタジオ 奈良 生駒

待ち時間ナシ、撮影時間15分~20分なので、赤ちゃんやママの負担が軽く、気軽に撮影可能です。撮影料、誕生日時・身長・体重が書かれた7カット分のアルバムは¥30,000(税抜)です。

アケボノスタジオ

プロに撮ってもらおう。おすすめのファミリーフォトスタジオを厳選してみました!

関連記事:

プロに撮ってもらおう。おすすめのファミリーフォトスタジオを厳選してみまし…

赤ちゃんの写真、お手持ちのカメラやスマートフォンで撮影している方が多い…

産まれたて赤ちゃんの姿を、出生時の喜びや感動と共に写真に残そう

新生児 PIXTA

すぐにすくすくと大きくなる赤ちゃん。産まれたての姿を写真に残してみませんか?ご紹介したスタジオはニューボーンフォトのプランがあるので、授乳やオムツ替え、室温調節のお願いなどを気兼ねなくできます。

家族で、幸せな笑顔と寝顔を残したいパパママ、ぜひ体調最優先で検討してみてはいかがでしょうか。

(店舗に関する情報は2016年2月現在のものです)

今話題の記事

「フォトスタジオ」「ニューボーンフォト」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧