1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. 新生児・乳児育児の基礎知識
  4. 乳児育児の基礎知識
  5. いくつからOK?用意するものや店選びは?赤ちゃんとの外食のポイント

いくつからOK?用意するものや店選びは?赤ちゃんとの外食のポイント

子どもが少しずつ成長してくると、一緒にお出かけをして外食をしてみたいと思うこともあるでしょう。けれど、生まれたばかりの子どもがいると、思うように外出できないことや、子どもが泣き出したりするとまわりに迷惑をかけるのではと不安になることもありますよね。この記事では、子どもがいくつくらいになったら外食できるようになるのか、外食の際に持って行くと便利なものや注意点についてご紹介します。

PIXTA

ママにとって、赤ちゃんとの外食は楽しみにしているイベントの一つ

子どもを連れて外食に行きたいけれど、初めてのお出かけはどういうお店に行ったらいいのか、事前に準備をしておくことがあるのかなど気になるものですよね。

「ママリ」でも生まれたばかりの子どもとの外食について、質問やコメントが投稿されていました。

赤ちゃん連れで何ヵ月ごろから外食しましたか?
私は娘がお昼寝中にマックでお茶するのがやっとな感じです。

先日私の母と子連れOKのレストランでランチしましたが寝愚図りでグダグダ泣き始め店外へ…
交代で抱っこしたので結局別々で食べることのなりゆっくり出来ませんでした。

なのでしばらく外食は諦めたのですが、遠方の友人からランチのお誘いがあり迷っています。
仲良しなので赤ちゃん連れ前提でのお誘い。

気遣ってくれてファミレスやマックでもいいよって言ってくれてますが、いきなり泣いたり叫んだりするので躊躇しています。

皆さんの外食事情を教えて下さい。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2ヶ月ぐらいからたまに子連れでランチしてます。昼寝の時間が安定するまでは抱っこしたまま、とかで大変でしたが、今は決まった時間に昼寝させてるので、その時間を狙ってベビーカーで寝かせたままにしてゆっくりランチしてます!寝て欲しい時間ギリギリまで起こしておくことがポイントです!

あとはお店がベビーカーのままで入店オーケーかどうか、階段がないか、など事前に確認します。万が一起きちゃったらすぐミルクや離乳食をあげれるようにして機嫌損ねないようにしますね汗
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
1ヶ月検診過ぎてすぐに外食しました!
いちおう静かで落ち着いたとこに行きましたよ\(^o^)/
ゆっくりご飯食べたかったので、授乳して娘が爆睡してるときを見計らって行きましたよー!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもが生後1か月や2か月頃から外食を始めたというママさんたちのコメントです。

授乳後に子どもが眠ったタイミングを見計らって行ったり、お昼寝の時間がある程度安定してきたらその時間帯を狙って行ったりしているようです。眠ってほしい時間のギリギリまで子どもを起こしておくと、外食している時間帯はずっと眠っていてくれそうですね。

子どもが途中で起きないように、ベビーカーのまま入れるお店や階段・段差のないお店を選ぶと安心できます。また、子どもが起きてしまったときでもすぐに対応できるように、ミルクや授乳食を持ち歩くのもよいですね。

赤ちゃんと2人で外食したことありますか??😊
私はしたいのですが泣いたらどうしようとか考えてしまい、勇気が出なくって・・・
旦那と3人でならよく行きます。
赤ちゃんと2人で外食されている方、どういった場所で食事してますか??お子さんの月齢も教えてください!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
2歳のお兄ちゃんと10ヶ月の赤ちゃんと3人でどこでも行っちゃいます🤔2ヶ月〜から外食連れて行ってます。
寝んね期の時が1番楽でした(笑)今は動くから座らせてもお兄ちゃん食べさせながら下の子もあやすのでごはん冷める(笑)ベビーカーでの入店オッケーなお店なら2人でも楽だと思います♪泣いちゃうのが不安ならファミレスやフードコートは賑やかなので周りも気にならないと思いますよ!!!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
旦那と休みが合わない・両家実家が遠いため、二人外食は生後3ヶ月位からよくしてました。
最初はフードコートから慣らして、徐々にファーストフードやパン屋さんのイートインコーナーとか幅を広げました。
オープン席がある等、音や声が多少かきけされる所も行けます。
百貨店のベビー休憩室にイートインスペース有るところもけっこう有ります。
たまにはデパ地下スイーツやお弁当買ってプチ贅沢してた事も有ります。

タイミング合わずに早々撤退するときも有りましたが、ママもたまには自分が作る以外のご飯食べたいですよね♪
だいぶリフレッシュできますから、ぜひチャレンジしてみてください♪
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

子どもが生後2か月や3か月頃から外食を始めたというママたちのコメントです。

ベビーカーのまま入れるお店で、最初はフードコートやオープン席などにぎやかな場所から慣らしていくのがよいようです。また、デパートなどにある「ベビー休憩室」とイートインスペースが一緒になっているところだと、まわりを気にすることなく外食ができそうですね。

生後1ヶ月の赤ちゃんを連れて無理なく外食できる場所ってどこでしょうか??
ファミレスとかは難しいですよね?
ランチでちゃちゃっと済ませたいだけなので、ゆったり腰を落ち着けて〜とかは考えてないのですが、赤ちゃん連れて外食が初めてなので、勝手がわかりません。
もしファミレスみたいなソファ席のところなら、赤ちゃんはソファの上におくるみでくるんで直に寝かせても大丈夫ですか??
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
お座敷があるお店にするか
交代で抱っこをしたり、ベビーカーに乗せたりするといいと思います😊
生後1ヶ月だと短時間のお出掛けだと思うので近くだといいですよね💦
あとはフードコートですかね🐣
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
大丈夫だと思います😊
落ちないようにだけ気を付けて、同じくソファに寝かせたりしてました😊
あとは、交代で抱いたり、片手で抱きながら食べてましたよ😂
わたし、抱きながら結構なんでも食べれます😂
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

生後1か月の子どもをもつママさんからの、外食する際のお店のお席のタイプについての質問とコメントです。

ベビーカーのまま入れるお店がよいようですが、子どもと2人きりではなく家族などが一緒の場合は交代で抱っこをしたり、お座敷やソファ席に寝かせておいたりするのもよいですね。

赤ちゃんとの外食はいつからOK?

外食 PIXTA

「ママリ」に寄せられていたコメントでは、生後1か月の子どもと外食に行ったというママさんたちを見かけましたが、実際にはどのくらいの時期から外食に連れて行ってよいのでしょうか。具体的な時期について、ご紹介します。

1か月健診(1か月児健康診査)が済んでから

生まれたばかりの子どもは免疫力が弱いため、ちょっとしたことで体調不良をおこし風邪などにかかりやすくなります。また、出産後すぐは母親も体力が回復していないため、長時間外出をすると体に負担がかかります。

そのため、新生児の子どもとの外出をする際は、最初は5分から10分くらいを目安に短時間だけ外に出てみて、様子を見ながら少しずつ時間を長くしていきましょう。

外に出る際は、気温や天気を確認することも大切です。真夏などの日中の暑い時間帯や天気の悪い日は、体調にも影響を及ぼす可能性があるためなるべく避けて、晴れていて気温が涼しく過ごしやすい時間帯を選びましょう。また、外食をする際は、人が多い場所へ行くと風邪をうつされる危険があるため、なるべく人が少ない場所を選ぶことも重要です。

人が多い場所や長時間の外出は、子どもにとっても親にとっても負担が大きいものですが、やむを得ない場合は子どもが1か月健診を受けて健康に問題がないことを確認してからが望ましいです。その日の子どもの体調なども確認しながら、少しずつ外出や外食にチャレンジしていきましょう。

首がすわってから

子どもと外食に出かける際は、首がすわる時期まで待ってからがよいでしょう。首がすわると縦抱きができるようになるので、外出がだいぶ楽になります。

首がすわる前に外出をする場合は「スリング」や「横抱き用のおんぶひも」など、子どもの首がすわっていない時期からでも使用できるもので抱っこをするのがおすすめです。

抱っこをすることによって、子どもの顔や表情を近くで見られるため異変にも気づきやすく、体温管理や体調管理もしやすくなります。早い時期からの外出は子どもにとってとても負担がかかるため、無理のない範囲でおでかけや外食をすることが大切です。

離乳食になってから

子どもとの外食の時期は、離乳食になってからが望ましいです。子どもが離乳食になると、子ども用の食事を持参して一緒に外食ができるようになります。

また、離乳食の段階にもよりますが、ある程度離乳食が進んでいれば、大人の食事の中から子どもが食べられそうなものを取り分けられるようになるため、荷物も減りだいぶ楽になりますね。

出典元:

赤ちゃんと一緒に外食。お店の選び方

外食 PIXTA

子どもと一緒にいざ外食をしようと思うと、お店選びにも悩むものですよね。小さな子どもと一緒でも安心してゆったり過ごせる、お店選びのポイントやおすすめのお席についてご紹介します。

お座敷の席があるお店

お店選びをする際は「お座敷タイプのお席」があるお店を選びましょう。お店にいる間中ずっと子どもを抱っこしたまま食事をするのは、とても大変なことですよね。お座敷のあるお店なら、食事中に子どもを寝かせられるためとても便利です。

また、子どもはお店に対する第六感を持って生まれてくるため、抱っこをしたまま食事をする際は、細心の注意が必要です。おはしやナイフ・フォークなどとがったものや危険なものに手を伸ばしたり、熱い飲み物やスープ類・こぼれたら汚れてしまうものに手を伸ばしたりといった危険もあるため、子どもを抱っこせず寝かせられるお座敷タイプのお席を選びましょう。

ベビーカー入店OKのお店

子どもと外食をする際は、ベビーカーのまま入店ができるお店を中心に選びましょう。ベビーカーのまま入店ができれば、子どもが寝ている間に食事を済ませることも可能です。

また、お店の出口付近のお席を選べば、万が一子どもが途中で起きて泣いたりぐずったりしても、すぐにお店の外に連れ出せるためとても便利です。ベビーカーのままお店に行く場合は、あらかじめお店にベビーカーのまま入店しても大丈夫か、離乳食の持ち込みは可能かなど気になることを確認しておくと安心です。

個室やキッズルームがあればさらによし

お座敷タイプのお席があるお店や、ベビーカーのまま入店ができるお店を中心に選びつつ、可能であれば「子どもと一緒に入れる個室」や「キッズルーム」のあるお店を探してみましょう。

子どものお世話をしながら食事をするのは、自分の食事時間があまり取れず周囲にも気を使い、とても大変なものですよね。そのため、個室付きのお店を利用すれば、まわりの目を気にすることなくゆっくりと食事ができます。

また、キッズルームやキッズスペースが完備されているお店は、子どもを遊ばせておきながらゆっくりと食事ができるため、忙しい毎日のよいリフレッシュになって、おすすめです。

出典元:

赤ちゃんとの外食に持っていきたいアイテム

スプーン エプロン PIXTA

行きたいお店が見つかったものの、小さい子どもと一緒だとどんなハプニングが起こるか親としては心配になるものですよね。お店に行く前に、子どもの成長に合わせて事前に準備をしておいた方がよいおすすめの商品についてご紹介します。

1.EIGHTEX(エイテックス)「キャリフリー チェアベルト」

エイテックス キャリフリー チェアベルト

椅子に取りつけられる、おすわり補助ベルトです。子どもが椅子に座れるくらいまで成長している場合、ベビーチェアのないお店や、ベルトなしのベビーチェアのみがあるお店だと、子どもが椅子から落ちないか心配になりますよね。

そんなときは、このベルトを使えば子どもを1人で椅子に座らせられて、落ちる心配もなく安心です。軽くてコンパクトなため、持ち運びも便利でおすすめです。

2.Combi(コンビ)「ベビーレーベル ヌードルカッター&スプーン LT」

コンビ ベビーレーベル ヌードルカッター&スプーンLT

離乳食が進みお店の子ども向けの食事が食べられるようになってきたときに、あると便利なヌードルカッター&スプーンです。お好みの長さに食べ物をカットできて、お肉も切れる優れものです。

つなぎ目やすき間がないためお手入れが簡単にできて、衛生面でも安心できますね。

3.Imarge(イマージ)「ペーパーエプロン10Pセット」

イマージ ペーパーエプロン10Pセット

外食の際に、あると便利なペーパーエプロンです。子どもの背中側に粘着テープを貼りつけて装着するタイプのため、子どもの身長や体形に合わせて簡単につけられて、とても便利です。

フィルム加工のエプロンのため、ソースやジュースなどの液体類をこぼしても染みこむ心配がなく、使い捨てタイプのため外出先でも気軽に使えてよいですね。

事前に準備をしっかりして子どもと一緒に楽しい外食をしましょう

レストラン PIXTA

子どもとの外食はいつ頃からできるのか、どんなお店を選べばよいのか、あると便利なアイテムについてご紹介しました。子どもが少しずつ成長してくると、そろそろ一緒に外食してみたいと思うものの、子どもが急に泣き出したりぐずりだしたりして、まわりに迷惑をかけるのではと不安になることもありますよね。

しかし、外に出て食事をすると気分転換にもなって、よいリフレッシュができます。事前に持ち物準備やお店の下調べをしっかりして、子どもと一緒に楽しい外食をしましょう。

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントがもらえるチャンス!

関連記事:

【名付けに込めた思いを大募集】名付けエピソードを投稿して豪華プレゼントが…

2020年~2021年にご出産された方、おめでとうございます。また毎日の育児、…

おすすめ記事

「赤ちゃん」「外食」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧