簡単なクリスマスのお菓子レシピ9選!プレゼントにもおすすめ

冬の一大イベントであるクリスマス。ケーキにプレゼントに美味しいお料理と子供達もわくわくしてしまうような一大イベントです。ホールケーキは少し大きいけど、せっかくのクリスマスなので子供達と一緒に手作りお菓子を作ってみるのも良いと思います。ホームパーティーの手土産や、お友達へのプレゼントにぴったりな簡単手作りお菓子レシピを9個紹介していきたいと思います。お子さんと一緒に作れる簡単なレシピなので是非参考になさってください。

簡単にできるクリスマスの手作りお菓子9選

もうすぐ子供達が楽しみにしているクリスマスがやってきます。どれも簡単に作ることが出来ますので、子供と一緒にお菓子作りをするのもおすすめです。

お友達に手作りお菓子のプレゼントをするのも喜ばれると思いますよ。そんなクリスマスにぴったりのおすすめ手作りスイーツレシピを9個ご紹介します。お子さんと一緒に作ることが出来る簡単レシピばかりですので、ぜひ親子で試してみてください。

1.クリスマスのお菓子の家

画像:meloncafe.blog.jp

こちらはリプトンのイエローラベルを使った紅茶の香りが漂うクッキーです。いつもとちょっぴり違ったクッキーを作りたいという方におすすめです。

ティーバックの茶葉を開けて生地に混ぜこむだけの簡単レシピで紅茶の風味がプラスされ、ワンランク上の仕上がりになります。クッキーを焼いた後にはアイシングで家を組み立て、綺麗にデコレーションすることができます。

アレンジ次第で自分好みのクッキーを作ることができるので、クリスマスのお菓子作りにぴったりのレシピです。型抜きをお子さんと一緒にやるのもおすすめです。

材料/作り方【天板2枚分】

  • 紅茶の葉「リプトン イエローラベル」 ティーバッグ1/2個分
  • 無塩バター 90g
  • グラニュー糖 60g
  • 卵黄 1個分
  • 製菓用薄力粉 150g
  1. やわらかくしたバターを、泡立て器でクリーム状に練ります。砂糖と紅茶の葉を加えて混ぜます。卵黄を加え、さらに混ぜます。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーを混ぜます。生地をまとめ、ラップに包んで15~30分ほど冷蔵庫で寝かせます。
  3. 約5mmの厚さにして、型で抜きます。打ち粉(薄力粉・分量外)をふるとベタつきません。
  4. 180度に予熱したオーブンに入れ、12~15分ほど焼きます。周囲がきつね色になったら焼き上がりです。

めろんカフェ クリスマスのお菓子の家

2.ガトーマジックカップケーキ

画像:shimanto-miyachan.blog.jp

ガトーショコラにも見えるこちらのカップケーキは、なんとホットケーキミックスでできています。出来立てはふわふわのスフレのようですが、こちらのレシピは冷やしても美味しいのがポイント。少ししぼんでしまうものの、冷やすことで更に美味しくなるレシピに仕上がっています。

クリスマス風にかわいく飾り付ければ、プレゼントにも最適なお菓子になっています。混ぜて生地をカップケーキに流し込み、オーブンで焼くだけの簡単レシピですので、お菓子作りに時間が取れないというママにもおすすめです。

材料/作り方【10個分】

  • ホットケーキミックス 40g
  • 純ココア 20g
  • バター 60g
  • 牛乳 160ml
  • バニラエッセンス 適量
  • 水 大さじ1
  • 粉砂糖 各適量
  • A:卵白 2個分 ・グラニュー糖 20g
  • B:卵黄 2個分 ・グラニュー糖 40g
  1. バターを溶かし、牛乳は耐熱容器に入れ、電子レンジ600Wで30~40秒程度加熱します。
  2. ボウルにBを入れて泡だて器でよく混ぜ、溶かしバターを加えて更によく混ぜます。
  3. 2にホットケーキミックスとココアを混ぜ合わせたものを加えてよく混ぜ、 温めた牛乳を加えながら 粉っぽさがなくなるまでよく混ぜ、バニラエッセンス、水を加えて更によく混ぜます。
  4. 別のボウルにAを入れ、角が立つまでしっかりと泡立ててメレンゲを作り、3に4を加え、メレンゲをあまり壊さない程度に さっくりと混ぜます。
  5. カップケーキ型に4を流し込み、140℃のオーブンで30~35分焼きます。粗熱をとり、冷蔵庫で冷やし粉砂糖をふります。

ガトーマジックカップケーキ

3.チョコレートチャンクピザ

画像:jolijoli.blog.jp

マシュマロをカリカリに焼いたなんともおしゃれなピザです。クリスマスのお菓子にもぴったりですね。

ピザというと時間がかかるイメージがありますがこちらだと簡単、生地も5分程度でできてしまいます。パリパリの生地とふわふわなマシュマロの相性が抜群で、少し贅沢なティータイムにもおすすめです。チョコレートが生地とマシュマロの繋ぎとなってくれています。

材料/作り方【15㎝ 2枚分】

  • 強力粉 100g
  • ぬるま湯 50ml
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 砂糖 小さじ1/2
  • 塩 ひとつまみ
  • チョコレート.マシュマロ 適宜
  1. ピザ生地の材料をボールに入れて、菜箸でざっくり混ぜてからひとまとめにして5分ほど捏ねて、ぬれ布巾をかけて10分寝かせます。
  2. 生地を2等分して伸ばし、フォークでピケをして、フライパンに移してチョコを乗せて、弱火で7〜8分空焼きにします。
  3. 生地が焼けたら、生地を取り出し、チョコを伸ばして、マシュマロを乗せてグリルに移し、マシュマロに焼き色がつくまで焼きます。
  4. この生地で、直径15cmくらいのものが2枚できます。 大きなもの2枚でも、小さなものをたくさんでも、お好みで決めてください。

チョコレートチャンクピザ

4.紅茶とバニラの簡単クッキー

画像:meloncafe.blog.jp

サクサクした食感が特徴なのが、このクッキー。香りがとても良く、すごく食べやすい仕上がりになっています。普段のおやつにもゲストが来たときにももちろん、クリスマスパーティーにもぴったりな1品です。

こちらのクッキーは、クリームチーズと合わせて食べるのが特におすすめです。大人のちょっぴり違った日にぴったりなお菓子になります。

型抜きせずティースプーンで出来るので簡単にできてしまいます。かわいい瓶に詰めておけばおしゃれに保存することも可能ですね。

材料/作り方【40~50枚分】

  • 無塩バター 100g
  • グラニュー糖 90g
  • 卵 1個
  • 薄力粉 200g
  • ベーキングパウダー 小さじ1/2
  • 紅茶リーフ(砕いたもの) 小さじ1/4
  • バニラビーンズ さや2cm分
  1. やわらかく戻した無塩バターにグラニュー糖を入れ、泡立て器で混ぜます。バニラビーンズ・卵を加えてさらに混ぜます。
  2. 薄力粉・ベーキングパウダー・紅茶リーフを入れ、ヘラで混ぜます。ティースプーンを使ってすくいあげながら、天板に落とすように並べます。
  3. 180度に予熱したオーブンに入れ、周辺がきつね色になるくらい(15分ほど)しっかり焼いたら、でき上がりです。

紅茶とバニラの簡単クッキー

5.グラノーラでシリアルチョコバー

画像:jolijoli.blog.jp

グラノーラが余ってしまったときに簡単に作ることができるのが、こちらのシリアルバーです。牛乳を使っていないのでグラノーラ×牛乳で食べるのが苦手…という方にもおすすめです。おしゃれにラッピングすると簡単に手作りシリアルバーが完成です。ママ友やパパにも自慢できる一品です。

材料/作り方【10cm程度のチョコバー5本分】

  • お好みのグラノーラ 1カップ
  • ブラックチョコレート 1カップ
  1. チョコレートを溶かしてテンパリングします。
  2. グラノーラを加えて全体にチョコを絡めます。
  3. クッキングペーパーを敷いた型に入れてギュッと押し付けるように詰めます。
  4. 冷蔵庫で30分ほど冷やし固めたら好みのサイズに切り分けます。

グラノーラでシリアルチョコバー

6.クリスマススノーボール

画像:jolijoli.blog.jp

手作りには見えないこちらのクッキー。人気のスノーボールをクリスマス風にアレンジしていてとてもおしゃれです。スノーボールはアレンジ次第で、さまざまなおしゃれスイーツに変身します。かわいくラッピングしてプレゼントにも喜ばれます。

このクッキーができてしまったらもう手作りお菓子の上級者になれますね。お子さんが喜ぶこと間違いなしです。

材料/作り方【クッキー約20個分】

  • 薄力粉(ドルチェ) 60g
  • アーモンドプードル 50g
  • バター 50g
  • 三温糖 25g
  • 抹茶パウダー 大さじ1
  • 粉糖 大さじ1
  1. クッキーの材料を全てフードプロセッサに入れて混ぜます。
  2. 全体がしっとりと混ざったら、10gずつ丸め、天板に並べます。
  3. 170℃に余熱したオーブンで12~15分、綺麗な焼き色がつくまで焼きます。
  4. クッキーが冷めたら、抹茶パウダーと泣かない粉糖を混ぜ入れたビニール袋へ入れ、全体にまぶします。
  5. 逆さにしたクグロフ型などに、クリスマスツリーに見えるように並べます。 最後に粉糖を振り掛けると雪が積もったみたいになります。

クリスマススノーボール

クリスマス準備はじめてる?リースやツリー、飾りつけはどうする!?お店もご紹介☆

関連記事:

クリスマス準備はじめてる?リースやツリー、飾りつけはどうする!?お店もご…

今年も到来、クリスマスシーズン!毎年ウキウキしちゃいますよね♪クリスマス…

7.カヌレ・ド・ボルドー

画像:jolijoli.blog.jp

見た目もおしゃれなこちらのお菓子。まるで焦げているかのように外はカリカリで、中はカスタード味のもっちりとした食感が楽しめます。

ふわっと広がるラム酒の香りにカリふわ食感が病みつきになる一品です。クリスマスのおしゃれな雰囲気作りにぴったりですよ。

材料/作り方【5個分】

  • 卵黄 1個
  • グラニュー糖 130g
  • 薄力粉 90g
  • 牛乳 280g
  • バニラビーンズ 1本
  • ラム酒 10cc
  • 型用の無塩バター 適宜
  1. 鍋に牛乳とバニラビーンズ(取り出した中身とサヤ)とグラニュー糖の2/3くらいを入れて、沸騰直前まで温めます。
  2. 鍋底を氷水につけて、あら熱をとり、バニラビーンズのさやは、ここで取り出します。
  3. ボールに卵黄を入れて、泡立て器でさっと合わせ、グラニュー糖の残り1/3を入れて混ぜすぐに牛乳の1/3くらいを少しずつ混ぜていきます。
  4. 薄力粉を加えてさっと合わせ、残りの牛乳とラム酒を加えながら全体を混ぜ合わせます。
  5. 生地をこし器でこし、冷蔵庫で12~24時間寝かせます。
  6. 生地を室温に戻して、オーブンを230℃に予熱し、溶かしバターを型の内側に塗ります。
  7. 生地を混ぜて均一にしてから、型の8~9分目くらいまで入れます。
  8. 予熱した天板に乗せ(天板が熱くなってるので火傷に注意)230℃で40分~60分焼きましょう。

カヌレ・ド・ボルドー

8.キャラメルポップコーン

画像:jolijoli.blog.jp

子供から大人まで絶大な人気を誇るポップコーン。様々な味のバリエーションがありますが、その中でも定番のキャラメル味のポップコーンレシピになります。

子供も大喜び間違いなしのポップコーン、是非お子さんと一緒に作ってみてください。全行程15分かからずに作ることができますので忙しいママにもピッタリのお菓子レシピです。

材料/作り方【1カップ】

  • ポップコーン用のコーン 大さじ2
  • 砂糖(上白糖) 30g
  • バター 10g
  • 水 大さじ1
  1. 予熱したバスケットにポップコーン用の豆を入れ、蓋をする。200℃で6~7分加熱します。
  2. フライパンに、砂糖、バター、水を入れて、中火にかけます。
  3. 時々優しく混ぜながら、均一なキャラメル色になったら、出来上がったポップコーンを一度に入れて、全体にキャラメルを絡めます。
  4. クッキングシートなどに広げて冷まし、カップなどに入れてもりもり食べます。

キャラメルポップコーン

9.スノーボールクッキー

画像:jolijoli.blog.jp

クルミを使ったちょっとリッチでサクサク食感が嬉しいスノーボールクッキー。ころんとしたまるいフォルムがかわいいです。

瓶に入れておいておくだけでもおしゃれな印象になりクリスマスムードを盛り上げてくれます。おしゃれなお菓子が簡単にできてしまうのも嬉しいポイントです。

材料/作り方【約30個分】

  • くるみ 50g
  • バター 90g
  • 三温糖 50g
  • 薄力粉 90g
  • アーモンドパウダー 90g
  • バニラビーンズ 1/2本
  • 岩塩 ひとつまみ
  • 粉糖 大さじ2
  1. くるみをお湯で2~3分茹でて皮を剥き、FPで粗めに砕いておきます。
  2. 薄力粉とアーモンドパウダーと冷えたバター、鞘からだしたバニラビーンズ、岩塩をFPにいれて均一に混ぜます。
  3. ボールに移し、砕いておいたクルミとさっくり合わせたあと、室温で30分くらい馴染ませた生地を1個ずつラップに包んで丸めます。
  4. 170℃のオーブンで20~25分焼きます。クッキーが冷めたらビニール袋に仕上げ用の粉糖と共に入れて、振り振りします。

スノーボールクッキー

手作りスイーツでクリスマスを楽しむ

Single KitchenでSweetsを 画像:yumsweets.blog.fc2.com

カップケーキやクッキーなど、手作りで簡単に作ることができるクリスマスのお菓子レシピを紹介しました。子供と一緒にできるスイーツレシピもたくさんあるので、この機会にぜひお菓子作りを楽しんでいただきたいと思います。

お菓子を作ったらお友達にプレゼントしたり、家族みんなで食べたりしてクリスマスムードを盛り上げて欲しいです。皆さんにとって素敵なクリスマスになりますように。

「クリスマス」「お菓子」「レシピ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧