陣痛間隔の測り方も簡単!口コミでおすすめの陣痛アプリ10選

陣痛が〇分間隔になったら病院に電話して、などと言われている妊婦さんはいることでしょう。しかし時計を見て、メモを取って…そうしたことをしなくても、スマホで陣痛の間隔を測ることができます。こちらではおすすめの陣痛アプリを10個紹介。口コミもありますので参考にしてください。まもなく陣痛という妊婦さんはこうしたアプリをダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

PIXTA

1.使いやすさ抜群「陣痛時計アプリ」

操作が簡単な陣痛時計アプリ」。ボタンをタップするという動作だけで、陣痛の間隔を計測してくれます。

痛みを感じたらスタートボタンをタップし、痛みが治まったらストップボタンをタップします。データはメールに添付して送付できるので紙にメモをする必要がありません。

シンプル機能で使いやすく、操作を誤ることもないので正確に陣痛の間隔を測定できます。

ユーザーの口コミ

使い方はストップウォッチみたいに、痛みのあるときにスイッチをオンにして、痛みがひいたらストップボタン。測った時間は自動的に登録してくれるから、わざわざ数字を打ち込む必要がありません。どなたでもカンタンに使えると思います^^

いつ陣痛があったのかは、秒単位でしっかりメモしてくれます。データをCSVファイルにしてメール添付…という機能もあるので、病院に連絡するときにも使えそうですよね。

このアプリにある機能はこれだけですが、シンプルだからわかりやすい。必要なものだけあれば十分!という妊婦さんにはぴったりかな。
動作が重くて使いにくい…ということもありませんでしたので、出産前にダウンロードしておきたいアプリとしておすすめしたいです。 出典: android.app-liv.jp

陣痛アプリの先駆け的存在です。必要な機能だけを搭載して、「陣痛」の間隔のカウントに特化したアプリです。

病院や家族ともデータが共有できるので、必要なときにはすぐに送信することができます。シンプルを求めている妊婦さんにおすすめです。

ダウンロードはこちら

2.多機能で便利「陣痛きたかもアプリ」

痛みを感じたら「陣痛きたかも」ボタンを押し、痛みが和らいだら「おさまったかも」ボタンを押すという使い方です。

陣痛を計測する機能のほかに妊娠や育児に関する豆知識が掲載されるので勉強になり、緊急連絡先を登録できるので本格的な陣痛になったときにすぐに連絡ができます。

陣痛きた「かも」というネーミングも、まだ陣痛の確信が持てない妊婦さんの気持ちを汲んでいて共感できますね。

ユーザーの口コミ

このアプリで陣痛計って、これ陣痛なのかな?ってのも記録しといてくれるから、前区陣痛から本陣痛まで凄く助かりました!そのおかげで1人目を無事安産で産めたので、☆5(*´ω`*) 出典: applion.jp

陣痛の確信がなく不安な気持ちに寄り添ってくれるアプリですね。前駆陣痛や胎動、本陣痛の区別が良く分からないという方におすすめしたいアプリです。

「これって何の痛み?」という曖昧な状態でも迷うことなくカウントできて、妊娠に関する豆知識まで得られるのは嬉しいですね。

ダウンロードはこちら

3.助産師もすすめる「陣痛ナビアプリ」

使い方は他のアプリ同様、痛みが始まったら「スタート」を押し、和らいだら「ストップ」を押します。陣痛の間隔が設定した時間になるとアラートが鳴り、病院への連絡の必要を教えてくれます。

更に助産師さんのアドバイスが更新されるので一言一言に支えられたり、安産お守りを待ち受けにできるので心強く感じたりします。現役助産師の川田町子先生の監修です。

他にも出産予定日まで「あと何日」とカウントしてくれるなど、妊婦さんの心のケアに配慮した細かなサービスが嬉しいアプリです。

ユーザーの口コミ

陣痛間隔もわかりやすく、全体としては使いやすいと思います。

ボタンが大きく、「スタート」「ストップ」と表示されてわかりやすいです。 出典: manga-mokuroku.net

陣痛の最中は集中して画面を見ることができないので、見やすいというのは大切なポイントですね。

ボタンが大きければ押し忘れやミスも減るので、正確に間隔を計ることができます。

ダウンロードはこちら

4.掲示板で悩みも解決できる「陣痛タイマー」

スタートボタンとストップボタンで間隔を計るのは他のアプリと同じですが、最大の特徴は全国の妊婦さんや先輩ママに質問したり悩みを相談したりする掲示板機能があること。

疑問を解決しようとネットや書籍で情報を集めてもピンとこないことがありますよね。そんなとき同じ経験をした女性からのアドバイスはより具体的で親近感が湧きます。

悩んだときにすぐに解決できるサービスは、不安なママの強い味方です。

ユーザーの口コミ

これにしました。途中で気づいたけどLINEとか相談とかも便利っぽいです!^_^ 出典: applion.jp

陣痛アプリに掲示板機能があるとは思っていなかったのかもしれません。

面と向かって聞きづらいことも、掲示板なら質問することができるかも知れません。こちらの機能に惹かれて使用する妊婦さんもいるようです。

ダウンロードはこちら

5.リアルなイラストが印象的「sproutアプリ」

陣痛の間隔を計るツールのほか、赤ちゃんの健康状態のチェックや、妊婦健診のスケジュール管理もアプリ上でできます。また、週数ごとにCGでできた赤ちゃんの画像が表示されるのですが、とてもリアルで自分の赤ちゃんの姿を想像できます。

妊娠週数を設定すると、「この時期にはこんな症状があります」と医師が教えてくれたり、「上司に妊娠を報告するタイミング」などのアドバイスを受け取ったりすることができます。

14日間無料でお試しをした後の購入になります。無料ダウンロードではありませんが、まずは14日間の無料トライアルを試して検討しても良いでしょう。

ユーザーの口コミ

1人目の時に見つけたアプリ。体験版をインストールしてみたら、赤ちゃんの状態がとてもわかりやすいし、予定日までのカウントダウンも見やすく、活用出来そうだったので有料版を購入しました( ´ ω ` )しばらく利用してませんでしたが、2人目を妊娠したので、また活用させていただきます♡ 出典: applion.jp

有料アプリでも本当に使いやすければダウンロードの価値ありです。

他のアプリと使い比べてみて、お金を払ってもsproutの方が使いやすいと感じたらぜひ購入を。陣痛中は過酷な状況なので、自分が一番使いやすものを選ぶのが一番です!

ダウンロードはこちら

6.臨月前から便利「陣痛/お腹の張りカウンター」

使いやすく、見やすいアプリです。基本的な使い方は他のアプリ同様、スタートとストップで陣痛の間隔を計ります。記録は画面上に大きく表示され、1時間以内の情報と24時間以内の情報が色分けされるのでとても見やすいです。

またandroid 4.0以上のスマホであれば、その日の回数を自動でGoogleカレンダーに記録することができます。

記録を忘れたときも追加編集ができ、データはSDカードにCSVファイルで記録されるので過去の記録もすぐにリスト表示でき、医師に説明するときにスムーズです。

ユーザーの口コミ

記録を取り忘れた時に追記できるのが良い!!他の陣痛アプリはできなかったから。 出典: applion.jp

陣痛の間隔は大切な情報ですが、あまりに突然でカウントが間に合わないときもありますよね。

そんな時に追加、編集できる機能は非常に助かります。「ああ!計れなかった!」というストレスから解放される優秀アプリですね。

ダウンロードはこちら

7.かわいいたまひよキャラが印象的「たまカウンタアプリ」

何と言ってもビジュアルがかわいい「たまカウンタ」。基本的な機能は陣痛間隔カウンターと緊急連絡先登録とシンプルですが、カウント中に流れるBGMに癒やされ、アプリキャラクターの「たまちゃん」がつぶやく一言が参考になります。

画面もパステルカラーのピンクとブルーを基調としたリラックスできる色合い。視覚と聴覚の両方で楽しめるアプリです。

ユーザーの口コミ

妊婦さんにオススメです!ぽよっとかわいい声で胎動カウントしてくれるので、カウントするのが楽しみになってます★カウンターなしだと割りと数え間違えたり、途中で寝てしまうので助かります(^ー^) 出典: applion.jp

とにかくBGMとSEを絶賛するコメントがあります。陣痛中は少しでもリラックスできる音楽はありがたいですよね。

ダウンロードはこちら

8.胎動もメモできる「陣痛メモアプリ」

陣痛と胎動の両方をカウントできる優秀なアプリです。陣痛中に胎動が弱くなっていると心配になってしまいますので、両方を計れるのはママにとっても赤ちゃんにとっても安心ですね。

画面は情報をたくさんメモできる作りで、チェックに時間がかかっても画面がスリープしないように設定できます。また、画面の文字の大きさも調整できるので、文字を大きく設定することもできます。

カウントの仕方は他のアプリ同様、ボタンを押すだけのシンプルな操作なので陣痛中でも簡単に使えます。

ユーザーの口コミ

陣痛メモアプリ 本陣痛か見分けにくかった 出典: sns.babytown.jp

画面が見にくかったという意見もありますが、慣れもあるかと思います。胎動までカウントできるアプリはなかなかないので、何を重視するか考えてアプリを選びたいですね。

ダウンロードはこちら

9.シンプルで使いやすい「陣痛ログアプリ」

こちらも非常にシンプルなアプリです。陣痛の間隔をカウントする機能のみで、他の機能は一切なしで使いやすいです。「開始」ボタンと「停止」ボタンを押すことで陣痛の間隔を計測し、前の陣痛とのタイムラグも表示してくれるので間隔の変動が一目で分かります。

データは記録されるので、メール添付をすれば病院や自宅のPCに簡単に送信できます。シンプルな機能を求めている方にぴったりのアプリです。

ユーザーの口コミ

すっごく役立ちました!!
簡単だし、わかりやすい。
このアプリがあってよかったです!! 出典: app-liv.jp

シンプルイズベスト!ですね。

陣痛中は痛みに耐えながらカウントをするので、機能はできるだけシンプルな方が良いという意見があります。そんな妊婦さんの要望に応えた超シンプルなアプリです。

ダウンロードはこちら

10.表示が見やすい「ぺんじゃみん陣痛時計アプリ」

陣痛に苦しむ妊婦さんに、簡単に正確に陣痛間隔を記録して欲しいというコンセプトで作られたアプリ。赤ちゃんの生まれるタイミングは陣痛の間隔でしか分からないという考えのもと、とにかく妊婦さんに負担なく使えるように工夫されています。

アプリの起動は1秒足らず。カウントはボタンを押すだけ。画面は大きく見やすく、数字をしっかりと確認することができます。

妊婦さんの状態を考え抜いた優しいアプリです。

ユーザーの口コミ

出産前に使いました!陣痛を測るアプリを探していたところ、ペンギンに惹かれて思わずダウンロード!!使ってみると、意外や意外、きちんと正確に測れるうえに、猛烈な痛みの中でもボタンを押すことができました。
陣痛間隔も一目でわかったので、落ち着いて出産準備できました。(それでもバタバタでしたがf^_^;
周りの人に知らない人が多かったので、ここでお勧めしちゃいます! 出典: app-liv.jp

キャラクターのペンギンも目を惹きますよね。ビジュアルも大事です。

更に使いやすいとなれば、他の妊婦さんに勧めたくなるのも納得。操作に手間取るとボタンを押すタイミングを逃したりするので、使い方がシンプルというのは最重要事項かも知れませんね。

ダウンロードはこちら

陣痛待ちの妊婦さんは参考に

スマホ PIXTA

陣痛アプリがないときは自分で時間を計って、紙にメモをして…という作業でした。陣痛の間隔は出産のタイミングを予測するためにも重要な情報なので正確に計りたいという方もいることでしょう。

スマホが普及し便利なアプリが続々と登場しています。この陣痛アプリはママと赤ちゃんにとってとてもありがたいものといえそうです。

簡単に陣痛間隔を測定し、病院にいくタイミングを逃さないためにも、陣痛待ちの妊婦さんはぜひ事前にお気に入りの陣痛アプリをダウンロードしておいてください。

「陣痛」「アプリ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!