両親学級とは?母親学校との違いは?いつからやってるの?時期や場所、メリットや必要性と体験談まとめ

両親学級とは、出産を控えた夫婦を対象として、出産から子育てについてのアドバイスをしてくれたり、体験学習ができたりする場です。特に初めての出産を控えているパパやママは、これからの子育てに不安だらけですよね。そんな不安を解消してくれる両親学級の時期や内容について詳しく解説します。

PIXTA

両親学級とは?

両親学級とは、出産を控えた妊婦さんやその配偶者・家族を対象にしているものです。自治体のほか、ベビー用品店やデパート、産院で主催して行われているケースもあります。

両親学級の内容は一般的に、出産の仕組みや流れ、産後の赤ちゃんのお世話についてなどのレクチャーです。

そしてそのレクチャーは、受け身なものではなく体験学習が主に行われます。本などでも事前に学習はできますが、両親学級は、実際にお人形などを使って、赤ちゃんのお世話を体験できるのが大きな特徴です。

出産の前から夫婦揃って育児をする疑似体験をすることができ、家族みんなで妊婦さんの大変さを知ってもらえるのは非常に良い機会です。また、これは母親学級でも行うことですが、お産の進行の仕方を知ることで妊婦さんの出産への不安が和らぐでしょう。

両親学級に参加するメリットと必要性

妊婦グループ PIXTA

  • パパが子育てに対する自覚を持つ
  • ママ友・パパ友ができる
  • 試供品がもらえることがある

妊娠前は、お腹が大きくなるママと違ってパパは直前になるまでなかなか実感が湧かないものです。赤ちゃんが生まれる前に体験や他の人の話を聞くことにより、パパとなる自覚が芽生えることもあります。 

また、妊娠週数の近い人との交流で同じ悩みや不安を夫婦以外でも共有できるできるのは心強いですよね。

開催場所によって異なりますが、ミルクやサプリの試供品をもらえることもあります。出産前にどれにしようか決められる点もメリットですね。

病院によっては両親学級に参加しないと立ち会いができないこともありますので、立ち会い出産を検討されている方は注意が必要です。

出典元:

両親学級に行く時期はいつから?

スケジュール PIXTA

両親学級の時期は主催している自治体や産院などによっても異なりますが、妊娠22週から遅くとも35週あたりまでに行われるところがほとんどです。なかには週数の指定があり、その週数以下だと受けられない場合もあります。

事前の申し込みが必要になるところが多いので、参加することができる週数かどうか、産院や自治体にしっかり確認をとっておきましょう。

時間帯は「平日の夜間」や「土日の日中」に行われていることが多いです。母親学級と違い、仕事をしているパパでも参加しやすいように、そのような日時に設定されているようです。

出典元:

どんなことをするの?両親学級の内容

疑問 PIXTA

一般的に、講義と実習を組み合わせたものを1コースとし、まとめて1日で終えるところがほとんどです。数回に分けてシリーズで実施するところもあるので日程に余裕がなく1回で済ませたいという方は事前にチェックしてから予約しましょう。

内容は、妊娠についてや出産時・出産後のサポートなどについて学び、実習では妊婦体験や人形を使って沐浴の練習をします。

妊娠中のママの気持ちをわかってもらうには最適です。日頃からの動きづらさなどを理解してもらったり、生まれてからママのサポートをするための練習になったりとパパになるための自覚を持ってもらうのに良い機会です。

ここでは一般的な内容をご紹介します。

育児の擬似体験

人形を使った沐浴体験や正しい抱っこの学習、妊婦ジャケットを着用しての妊婦の体験など専門知識を持ったプロを通して、実戦して学びます。体験を通して学べるのでご両親には非常に勉強になります。

ペアワークやグループワーク

母親学級 PIXTA

講義の中には周囲のママ同士、パパ同士で行うグループワークがあります。ただ育児について学べるだけでなく、夫婦間の親睦が深まったり、新しい子育て仲間ができたりしますよ。

出典元:

両親学級はどこでやっているの?

産婦人科 PIXTA

両親学級は、主に病院・各自治体が主催しているものが多いです。その他には、アカチャンホンポなどのベビー用品店でも開催されています。

産婦人科・産院主催

通院している産婦人科・産院などでは看護師さんや受付で案内があることが多いです。もし、説明がない場合は自分で確認してみましょう。

また、後期の両親学級に参加しないと立ち合い出産ができない産院もあります。

各自治体主催

各自治体開催のものについてはホームページや広報誌をチェックしてみてください。また、母子手帳交付の際にその年度の母親学級・両親学級のスケジュール表がないか確認しておきましょう。

出典元:

母親学級との違い

母親学級は、出産や子育てについてママたちが学ぶ場です。一見似ているようですが両親学級は、パパにこれから出産、子育てをするママについて学んでもらう場です。

また、ママは妊娠10ヶ月の間に体に多くの変化が現れるので、自然とママになる実感が湧いてきますが、パパは急にパパになることが出来ません。両親学級を通してパパになるための心構えを学ぶことができますよ。

また、母親学級は妊娠週数によって数回にわけて日程を組んでいるところがほとんどですが、両親学級は妊娠中期以降に1回だけ受ければ良いというコースが多いのも特徴です。

出典元:

両親学級に参加した方の体験談

プレパパ PIXTA

両親学級も、その人によって合う合わないがあるようです。実際に参加した方々の声をいくつか紹介します。

参加してよかった!

3回ある両親学級中旦那さんの参加率が高いと言われている最終回(妊婦体験などが出来る日)に沢山の旦那さんがいらっしゃってましたよ。できるなら参加してもらった方が旦那さんもパパとしての自覚が増えるかもです。
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

実際に旦那さんも子育てに参加するという自覚を持ってもらえた、その姿勢が見られるようになったというのはパートナーとして嬉しいことですね。出産前にそのような機会を持てたことはかなり大きな価値があったのではないでしょうか。

パパも必死!

人形を使った沐浴指導の時、冬だったにもかかわらず、主人が汗をかいていたのでおもしろかったです。人形なのに必死でした。周りを見るとどこのご主人も必死でした。育児の体験談を奥さんに逃げられたと言う男性の方がされていて、「育児は女性だけがするものではない!」と言う話をされたいたので驚いたのと、うれしかったです。 出典: www.premama.jp

他の参加しているご夫婦の様子なども見ることができると得るものが大きくなりそうです。ママが直接お願いするよりも刺激がありそうです。

実感が湧く

プレパパ PIXTA

楽しかったです。あまり現実味がなかったのですが、今回の両親学級で生まれてくるんだという実感がわきました。 出典: www.city.kyotango.lg.jp

妊娠してお腹が大きくなっていくママに比べ、パパはこれから子供が生まれるという自覚が持ちにくいものですよね。出産前に旦那さんも一緒に心構えをしておくことは非常に大事なことのようです。

夫婦で両親学級に参加してみましょう

笑顔 夫婦 PIXTA

「出産前から子育ての準備はまだ早い」などと思われるかもしれませんが、知識などが身につくことはもちろん、夫婦が一致団結して出産や育児に臨む姿勢になれることはとても大切なことですよね。

特に一人目の出産の場合はわからないことだらけなので、こういった場があると安心してお産に臨めると思います。

お仕事のためご夫婦で一緒に参加しづらいということもあるかもしれませんが、自治体やベビー用品店などのサービスでは、なかには土日にも開催されているところもあるのでかかりつけの産婦人科以外も是非調べてみてください。

タイミングを合わせて夫婦で参加をして、ママの感じる今の苦労や産後の不安が少し楽になるといいですね。

「両親学級」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!