うんちのトイレトレーニング。進め方はおしっこと違う?

トイトレの疑問や悩み、次から次に出てきますよね。中でもママたちを悩ませるうんち問題。「おしっこは成功してるのに」、「うんちはオムツでないとダメみたい」など、うんちのトイトレに悩んだり苛立ってしまっているママもたくさんいるようです。そもそもうんちとおしっこのトイトレは、どう違うのでしょうか?うんちが出るしくみは?ここではうんちのトイトレについて、その進め方や注意点などご紹介します。

PIXTA

うんちのトイトレに悩めるママ達の声

お子さんのトイトレ真っ最中のママさん!トイトレの悩みや疑問、もやもやイライラは日常茶飯事ですよね。本当にお疲れさまです。

なかでもトイトレを進めていく途中でつまずきやすいのが、うんちのこと。「おしっこは順調に進んでいるけれど…。」、「うんちはオムツでないとしてくれない」や「うんちを我慢しすぎて便秘になっちゃった!」など、うんちのトレーニングに悩んでいるママは多いもの。

ママ向けお悩みQ&Aアプリ「ママリQ」で見つけた、うんちのトイトレに悩むママ達の声をみていきましょう。

先輩ママの声①うんちは断固拒否!

トイトレで、おしっこが出来るようになった娘。ですが、うんちは頑固として拒否!!絶対に行かないで、パンツにされる…
なんかいい方法ないですか?
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

おしっこはトイレでしてくれるようになったけれど、うんちだけは拒否されてしまうパターン。多いですよね…。うんちは絶対にトイレでしないという、お子さんの強い決意のようなものが感じられます。

せっかくトイレでおしっこできるようになったのだから、うんちもトイレですっきりさせたい!ママはどうにか気持ちよくトイレへと誘いたいところですよね。

先輩ママの声②我慢して出なくなってしまった…

今トイトレ中です。おしっこは出来るようになりましたが、うんちはなかなか出来ません。我慢してるのか、トイトレ始めてから毎日出てたのに出ない日がでてきました。みなさんはどんな風にトイトレ成功しましたか?
あと、夜中はオムツなんですが、トイトレしてるなら夜中もパンツにした方がいいですか?狭いアパートに住んでるので、布団干すのが一苦労で💦アドバイスお願いしますm(._.)m
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

うんちのトイトレ中、うんちを我慢するようになってしまったという体験談も多数みられました。この方のお子さんは、毎日快便だったのにトイトレ途中で出ない日が出てきた様子。

うんちを我慢しすぎる癖はつけたくないし、そもそも便秘が続くと腹痛にならないかママは心配ですよね。

先輩ママの声③うんち=おむつでするものと思っている

トイトレ?オムツ離れ?について。
4歳になったばかりの息子なんですが、早生まれなので既に幼稚園に通っています。

学校では4層トレーニングパンツでありますがパンツを履いていき、未だに時々失敗はあるもののおしっこは何とかトイレで出来ています(^^;
ですが家に帰ってくると自らオムツを履き直します( °_° )
うんちに至っては恥ずかしさからなのか、オムツでするものと思っているのか絶対オムツでないとしません(TT)
なんとかトイレでするようにさせたいのですが、どうしたら良いのかサッパリ分かりません……
同じような経験があった方、何か良いアドバイスありましたらお願いします.+*:゚+。.☆
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

この方のように、幼稚園ではパンツだけど家ではおむつというパターンが定着している場合もあるようです。また、筆者も親類の中で経験がありますが、集団生活に入ったりすると「うんちは恥ずかしい」と思ってしまったりするんですよね。

おむつをつけている期間が長いと、なかなかパンツに完全移行できないという子供もいるようです。

先輩ママの声④隠れてこっそりしちゃう!

うんちのトイレトレーニングについて。

3月からゆるーくトイトレ始めました。
おしっこは、トイレに連れて行けばできる、たまに自分からも出る前に教えてくれるようになりました。
うんちはどうやって教えましたか??

今現在は、
うんちが出たら「出たよ」って言ってくれるので、存在や出る感覚は分かっているよう。
でも出たオムツでも、オムツ替え嫌がって逃げ回る。(気持ち悪いという感覚はないの?)
うんちするときは、カーテンの裏や隣の部屋で隠れてする。

なので、とてもトイレでは出来そうにありません😅どうやって教えていけばいいかなぁと💦
経験談やおすすめの方法教えてください😌
ママリQ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

カーテンの裏や部屋の隅っこなど、うんちはママから見えない場所でしちゃうって子も多いですね。その様子は可愛いけれど、トイトレ中のママには誘うタイミングが掴めず困りもの! 

この方のお子さんは「出たよ」と教えてくれるので、うんちの存在や出ている感覚は分かっているようですが、ママとしては出る前に報告が欲しいところですよね。

おしっことは違う?うんちが出るしくみ

トイレ PIXTA

うんちのトイトレを始める前に、うんちの出るしくみについて知っておきましょう。トイレへ誘うタイミングなどにうまく活用してくださいね。

うんちはおしっこよりも長い道のりを経て外に出てきます。でも、「うんちしたい!」と感じたり我慢したりする体のしくみは似ています。

食べ物がうんちになるまでの流れ

そもそもうんちは食べ物が食道、胃、小腸、大腸などの消化器官を通りながら消化、分解、吸収された後に残ったもの。

食事をしてから約4〜15時間で大腸まで運ばれ、その後10時間程度で水分が吸収されます。そして24〜72時間後にうんちとしておしりから出てくるのです。

うんちは大腸のS状結腸という場所にたまりますが、胃に次の食物が入ってくるとS状結腸にたまったうんちは直腸へ移動。そこで圧力がかかり、脳に信号を発して伝えることでようやく「うんちがしたい!」と感じるようになるのです。

食事中にうんちをしたくなるのは、こういったメカニズムだからなのですね。

「うんちをしたい」と感じたら、今度は逆にうんちを出すための指令が脳から直腸へ伝わり、腸が動きだします。おしりの筋肉がゆるんで反射的に腹圧がかかってうんちが外に出るのです。


器官は違いますが、脳が指令を出す部分などはおしっこと一緒です。

うんちを我慢するメカニズム

おしっこと同じように、うんちも脳の制御機能が働き、トイレに行くまである程度我慢できるようになります。この脳の働きにより意識的におしりの筋肉を収縮させてうんちを我慢する、またはいきんでうんちをすることができるのです。

個人差はありますが、おおよそ3歳頃までにうんちがしたくなったら自分でいきめるようになります。そして3〜4歳になると、便意を感じてからトイレに行くまで我慢できるようになります。

出典元:

うんちのトイトレの進め方

トイレ PIXTA

それでは実際にうんちのトイトレをどのようにすすめていけばよいか、みていきましょう!

うんちがかたくなっていて、いきむ動作を見せている子であれば、10ヶ月くらいからおまるやトイレへ誘ってみてもOK。

ただし前述のように、うんちをすることを理解し、じょうずにいきんだり我慢したりできるようになるには、ある程度体が発達している必要があります。歩いたり話したりできるようになってからの方がスムーズかもしれませんね。

STEP1. うんちが出る感覚を覚えてもらおう!

最初はおまるやトイレなど場所にこだわらず、まずはうんちをするという感覚を覚えさせましょう。顔をしかめたり、「うーん」といきんだりしてうんちをだせたらOKです。「うんちが出たね」、「すっきりしたね」などと声掛けしてあげましょう。

タイミングをみていきむ動作を始めて嫌がらないようであれば、トイレやおまるに連れていってあげてください。もしおまるやトイレ以外でしてしまっても、「これがうんちだよ」と教えてあげるぐらいのゆとりをもって。

感覚がなんとなく分かってきたら、おしっこのトイトレと同じように「出たら教えてね」と声をかけましょう。うんちは存在感があるので、感覚をつかむのが早いかもしれません。そちらもクリアしたら、「出る前に教えてね」と声かけしてあげてください。

STEP2.うんちが出る時間をチェックして誘おう!

トイレ PIXTA

うんちのトイトレはタイミングと誘い方がとても大切。

規則正しく生活していると、だいたいうんちの出る時間が決まってきます。ご飯を食べた後が多いかもしれませんね。特に朝食後はうんちが一番出やすいタイミング。長く眠った後の食事で、胃や腸の動きが活発になるからです。

タイミングがつかめたら、出る出ないにかかわらず「行くだけ行ってみよう」とトイレやおまるに誘います。無理強いは禁物ですが、リズムを意識した誘いはとても有効です。

STEP3. トイレでする方が気持ちいいと教えよう!

トイレやおまるに座ることへ慣れたら、オムツにするよりトイレにする方が気持ちいいことを教えてあげましょう。

「オムツだと、うんちがおしりにくっついて気持ち悪いよね?」
「トイレでうんちにバイバイした方が、うんちがおしりにくっつかなくて気持ちいいよ」
「うんちくんも、トイレでバイバイした方が嬉しいと思うよ」

など、ポジティブな声掛けをしてみましょう!トイレを楽しい場所だと思わせる、ママの声掛けや雰囲気作りも大切です。

STEP4. 「うんちの時間」を生活リズムに組みこもう!

子供にとってもうんちはとてもデリケート。環境や心理面にも左右されがちです。だから、なるべく同じ時間で安心してできるように導きたいものです。

おしっこと比べ、うんちは手間や時間もかかります。幼稚園や保育園、小学校などの集団生活に入ると、いつでもどこでもうんちをすることが難しくなってきますよね。だからできるだけ生活リズムのなかにうんちの時間を組み込み、決まった時間にうんちをする習慣をつけてあげましょう。

1日1回、時間を決めてうんちに誘ってみましょう。お子さんのペースに合った時間帯で良いですが、前述の通り食後、特に朝食後は生理的に一番うんちが出やすい時間帯です。

トイレに連れていってもうんちが出るとは限りませんよね。出ても出なくても、トイレやおまるに座る習慣が大切です。

出典元:
  • Baby-mo特別編集「GO!GO!トイレトレーニング」P70-73(主婦の友社,平成28年5月10日)
  • タツミムック「トイレ上手な子どもになれる本」P20-21(辰巳出版,平成27年2月20日)
  • たまひよこっこクラブ特別編集「短期速攻おむつはずれ」P142-143(ベネッセコーポレーション,2009年6月30日)
  • ユニ・チャーム「おむつはずれとトイレトレーニング」(http://www.unicharm.co.jp/moony/ikuji/oshiri/toilet10.html,2017年5月1日最終閲覧)

うんちのトイトレをうまく進めるポイント

トイレ PIXTA

トレーニングを進めるうえで大事なのはタイミングと誘い方。それに加えて、トレーニングをうまく進めるポイントをいくつかご紹介します。

トイレでうんちを嫌がっているお子さんでも、コツを掴むことでスムーズにできることも。嫌がっている理由に応じて、ママがうまくサポートしてあげたいですね。

POINT1. できたら大げさに褒めてあげよう!

おしっこと同様、うんちもトイレやおまるに座ってできたら、おおげさに褒めてあげましょう!

「すごいね!、頑張ったね!」
「すっきりしたね!」
「さすがお兄ちゃん(お姉ちゃん)だね!」

など、とにかく褒めてあげましょう。特に「できない」と思い込んでいる子供の場合、褒めてあげることで自信がつき次回へのチャレンジする気持ちになります。

POINT2. 洋式トイレは足場を作ってあげよう

トイレ PIXTA

子供用トイレではできるのに、家庭のトイレではできないという子供もいます。その原因のひとつに、足が床に届かずふんばれないことが考えられます。

その場合は、ふんばりやすいように踏み台を用意したり、おまるを使ったりして足場を作ってあげましょう。

POINT3. おしりをきれいに拭く習慣をつけよう

腕が短い幼児には、自分でおしりを拭くのが難しいもの。成長して手先が器用になってくるまでの当分の間は、大人が拭いてあげてください。特に女の子は尿道炎などのリスクから、前から後ろに拭くことを心がけて。

小さな頃からマナーを教えてあげるのは大事なことです。自分でやりたがったら、その意思を尊重して肌にやさしいおしりふきなどできれいに拭くコツを教えてあげましょう。

おしり拭き以外にも、トイレの蓋をしめる、スリッパを履く、そろえる、手を洗うなどの習慣やマナーは、ママが見本となりながら随時行っていきましょう!

うんちのトイトレ注意点

トイレ amana images

なかなか思う通りにいかないものですが、トイトレでは子供のペースを考えつつママは声掛けや行動に慎重になる必要があります。

普段の生活や声掛け、心構えなどトレーニングを進めるうえで注意したいことをご紹介します。

うんちが引っ込む誘い方に注意!

子供がいきみ始めた時にあわてて「ちょっと待って、トイレでしよう!」などと声を掛けるのは避けましょう。びっくりして、出かかったうんちが引っ込んでしまい、便意すら飛んでいってしまうことも。

うんちがしたそうな気配を感じたら、あわてずオムツやパンツを外し、そっとトイレやおまるに連れていってあげましょう。大切なのはトイレで気持ちよくうんちをすること。この気持ちいい体験を重ねるうち、子供はひとりでうんちができるようになっていきます。

うんちが出終わったらママは「気持ちよかったね」、「スッキリしたね」、「きれいに拭こうね」などポジティブな声掛けをしてあげましょう。

栄養バランスのよい食事で、うんちをしやすく!

野菜 PIXTA

大人もそうですが、うんちが硬すぎるといきんでも出ないことがあります。そうなると、腸の出口にたまったままになり、便意を感じにくくなります。結果、子供が気づかないうちにパンツの中にコロコロうんちが出ている、なんてことも。

また、うんちが硬い時にいきむと肛門が切れてしまうこともあります。痛みがこわくて、ますますうんちをしたがらなくなるという悪循環に。

ママは子供の食事の栄養バランスに気をつけ、水分をたくさん摂らせて、うんちがやわらかくなるよう心がけましょう。また、適度な運動で体を整えることも大切です。

「うんち=汚い・恥ずかしい」と思わせないで

うんちが出るのは当たり前のこと。出ないと困るものなので、うんちが出なくなるようなストレスは与えないことです。

うんちをトイレでできずママが怒ったりすると、子供はうんちをすること自体悪いことだと思ってしまいます。「絶対にトイレで!」とプレッシャーをかけるのは禁物。部屋や衣類を汚してしまっても、おおらかな気持ちで見守ってあげて。根気強く「どこでうんちをしたら気持ちいいか」を教えてあげることが大切です。

また、少し大きくなると保育園や幼稚園、公共の場などでうんちをすることを「恥ずかしい」と思う子供も出てきます。でも、うんちを我慢しすぎるのは体によくありませんよね。

うんちのトレーニングが進んできたら、機会があるごとに幼稚園や公園のトイレ、デパートや施設のトイレ、駅の和式トイレなど色んなトイレに連れて行ってあげるとよいでしょう。小さい頃から慣れておくと、集団生活で急にうんちがしたくなっても、抵抗なく外のトイレでできるようになるはずです。

トレーニング前のママさんは、自分がトイレに行く時一緒に子供を連れていき、一連の流れを見せてあげてみて。トイレに親しみを持って、トイトレへスムーズに入っていけるかも。

出典元:
  • Baby-mo特別編集「GO!GO!トイレトレーニング」P70-73(主婦の友社,平成28年5月10日)
  • タツミムック「トイレ上手な子どもになれる本」P20-21(辰巳出版,平成27年2月20日)
  • たまひよこっこ特別編集「短期速攻おむつはずれ」P143(ベネッセコーポレーション,2009年6月30日)
  • ユニ・チャーム「おむつはずれとトイレトレーニング」(http://www.unicharm.co.jp/moony/ikuji/oshiri/toilet10.html,2017年5月1日最終閲覧)

うんちのトイトレは、子供に合った誘い方とタイミングで

トイレ PIXTA

うんちのトイトレも、ぶつかるポイントや悩みは人それぞれですね。これまで説明してきたトレーニング、進め方はあくまで一例です。進め方や方法はお子さんの様子を見ながらママが決めていってあげてくださいね。

うんちのトイトレは、タイミングと誘い方がとても大切。うんちをする行為に抵抗感を持たせない、トイレですることを「気持ちいい!」、「楽しい!」と思わせる工夫が必要です。

そのためには、ママが心にゆとりを持って。おもらしで服や部屋が汚れ、ついイライラしてしまうこともあるかと思いますが、ママは肩の力を抜いて笑顔で接してあげられるよう心がけてくださいね。

記事の感想を教えて下さい

6月1日〜6月30日に記事の感想をご投稿くださった読者のみなさまの中から、抽選で10名様に「ギフト券」500円分をプレゼントさせていただきます。なお、当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせて頂きます。

「トイレトレーニング」「うんち」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!