袋分け家計簿で月8万円の節約を実現。maruki_homeさんのやりくり術

家計の管理は一家の主婦にとって大きなミッション。特に産休、育休で収入が減る時期には「このままでは家計が破たんしてしまうのでは」と不安に感じるママもいるかもしれません。インスタグラムで節約術を披露しているmaruki_homeさんもその一人。日々の暮らしの中にさまざまな節約ワザを導入し、支出減を実現しています。節約しているのに家族からは「ありがとう」と言われることが増えたのだそう。その秘訣をご紹介します。

プレミアム記事

画像:www.instagram.com

インスタで節約術を披露、maruki_homeさんってどのような人?

maruki_homeさんは3歳の男の子を育てるママ。夫の転職と自身が産休に入ったことで世帯収入が15万円も減少し、家計に不安を感じて家計簿をつけはじめました。

それまで家計に関して無頓着だったというmaruki_homeさんですが、家計簿で現実を知ることで節約魂に火が付き、今では多くの節約術を実行し家計を守る人気インスタグラマーママとなりました。

支出を減らしているのに家族の笑顔は増える、そんな素敵な節約術を数多く披露しています。

maruki_homeさんに学ぶ食費節約テクニック

ママたちが「節約」と聞いてまず取り掛かるのは食費の部分ではないでしょうか。子育ての日々は忙しく、つい外食に頼ってしまったり、料理ができない日が続いて野菜を無駄にしてしまったりしやすいですね。

そこでmaruki_homeさんは食材を無駄にせず、お得に入手するための節約術を実行しています。今すぐ真似したくなる節約術をご紹介します。

ふるさと納税はお米をもらえる自治体に

食費の中でも大きなウエイトがかかるお米。maruki_homeさんはふるさと納税を活用して、お得にお米をゲットしています。ふるさと納税は好きな自治体にお金を寄附することで、そのお礼に地域の特産品をもらえる制度。

あとで確定申告などの手続きをすることで、寄附金のうち2,000円を超える部分が、税金から控除されます。つまり、お米を購入したお金が一部還付されるイメージです。

このお得な制度を賢く利用し、申込日や手続きに必要な書類が届いたか見落とさないために、maruki_homeさんはチェックリストを作成しています。忙しい育児中でもスマートにふるさと納税をするために役立ちそうですね。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「節約」「食費」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧