妊婦さんが暑い夏を乗り切るために。助産師からの6つのアドバイス

夏は、妊娠していなくても暑さが身に染みますよね。それが妊婦さんともなると、少し家事をしただけで汗がだらだら出てくるという方がいるのではないでしょうか。「妊婦は体は冷やしてはいけない」と耳にすることがあるかもしれませんが、そうは言っても暑くて眠れなかったりあせもができるなど、暑さによる悩みはたくさんあるかと思います。妊婦健診や助産師外来で聞こうとしても、聞くタイミングを逃してしまうということもありえますよね。そこで、妊婦の夏の悩みごとについて、助産師の柴田星子さんにお話をお伺いしました。

プレミアム記事

amana images

冷えが気になる…靴下や腹巻は必要?

妊婦がエアコンとか扇風機ってよくないですか?
逆子治すために下半身冷やすなと言われ靴下履いたり腹巻巻いたりしてます
(中略)
結局、扇風機とかエアコンつけてしまいます。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

柴田さんによると、エアコンや扇風機はどちらも使い方次第でよいとも悪いとも言えるとのこと。エアコンの温度設定は、じっとしていれば汗はかかないが、家事などで動くと少し汗ばむくらいの温度設定が、冷えすぎずによいそうです。

靴下や腹巻も、その時の体の状態で、お腹を触ってひんやりすれば腹巻をつける、足を触ってひんやりしているならば靴下やレッグウォーマーを履くなど、体の状況に合わせて調節するようにしてください。

むくみが気になる…何かできる対策はある?

お風呂 PIXTA

妊娠後期や臨月の皆さんはひどいむくみになりましたか?
また、むくみ解消方法や原因をご存知でしたら教えてください。
(中略)
指を曲げると痛いし、目の血管もむくみで網膜に水が溜まって見えにくくなるし、水を飲むだけで体重もどんどん増えていきます…
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

必要水分量は体格などによって異なるため、一概に一日何リットル飲むとよい、ということは言えないのだそう。しかし、一度にたくさん水分をとったり、飲み物が冷たすぎたりすると、体に吸収されずにむくみにつながりやすいと言います。のどが渇く前に少しずつ、すぐに手が届くところに水分を置いておいて、一口ずつ飲むとよいでしょう。

また、体が冷えているとむくみが出やすいそう。夏でも夜は湯船につかるようにしてみてください。

あせもが痒くてつらい…できることはある?

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「夏」「妊婦」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!