マタハラは違法行為!赤ちゃんと自分を守るため知っておきたいマタハラの定義

妊娠、出産、育児休業などの利用に対する嫌がらせ、マタニティハラスメント。セクハラ、パワハラ、モラハラときて、最近ではこの「マタハラ」も浸透しつつある気がします。しかし、現状はどうなのか。マタハラは減っているのでしょうか?理解はどの程度すすんでいる?言葉の存在でその問題が浮き彫りになりつつある今でも、企業のマタハラ対策はまだまだ不十分なようです。マタハラは立派な犯罪。妊婦と子供の命を守り、妊娠中・出産後も安心して働ける就業環境を作ることが企業の急務ではないでしょうか。

プレミアム記事

PIXTA

不十分なマタハラ対策

皆さんは、職場でのマタハラ対策について考えたことはありますか?実際マタハラ被害にあっていなくとも、妊娠・出産を機に仕事との関わり方やマタハラについて意識した方も多いのではないでしょうか。

平成29年1月1日に男女雇用機会均等法が改正され、マタニティハラスメントに関する条文が加わりました。これまでも、事業主が行う妊娠・出産・育児休業・介護休業等を理由とする不利益取扱い(解雇や減給、契約を更新しない等)は禁止されてきましたが、これに加え、妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント対策を事業主が講ずることを義務化したのです。

つまり、マタハラを禁止するだけでなく、事業所自ら未然にマタハラを防ぐよう対策する義務が生じたのです。また、万が一起こってしまった時の適切な対応も義務化されました。

しかし、この1月の改正から3ヶ月間で厚生労働省が調査した結果、全国にある840の事業所が「対策不十分」として労働局から是正指導されていたそうです。

マタハラに関して厚生労働省はこれまで、是正勧告に従わない企業名を公表するなどの厳しい措置をとってきました。法律違反だからです。840という数値を多いととらえるか、少ないと捉えるかは人それぞれ。しかし、これほど多くの環境がマタハラが起きる可能性をはらんでいるのです。

妊娠・出産をしても仕事を続ける女性が増えた今、働く人や企業、社会が自分ごととして受け入れなければならない問題。妊娠・出産後の生活は、ただでさえ不安や困難がつきものです。それに加えて嫌がらせを受け、悲しい思いを抱えたり、泣き寝入りをしたりする女性が増えるのは同じ女性、社会人としてとても許せない問題だと思っています。

出典元:

「これってマタハラ?」寄せられた事例

嫌がらせ PIXTA

ひと口にマタハラと言っても、その程度や問題の大きさはさまざま。する側・される側の価値観によっても左右されるものだと思います。不快な思いをしているけれど「これってマタハラなの?」と考え、もんもんとしたことのある方もいるでしょう。

マタハラについて悩んでいます。

今日で13w2d、まだまだつわりが終わる気配はありませんが、毎日がんばって仕事に行っています。つわりは5w頃にはじまったのですが、最初は初めてのことで我慢できず、よく仕事を休んでいました。しかし今月はどんなに体調が悪くても休まずに仕事に行っていました。
そのことを今日になって掘り返され、「急に仕事休まれると困るんだけど」「私に迷惑かけてることわかってる?」などと言われました。他の方に言われならわかりますが、その人に迷惑かけてるつもりはありません…
また、他の人にはお腹に手を当てて「大きくなるなよ〜、出てくるなよ〜」などと言われました…

どう言葉を返して良いかわからないためあまり反論できず、ショックを受けて怒ったり泣いたりしています。お腹の子どもに悪影響がありそうで怖いです(´・_・`)
どう対応したら良いでしょうか?
明日全然仕事に行きたくありません(*_*)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

つわりで休んでいたことに対し、同僚から心ない言葉を掛けられたという女性。働く意欲に影響することはもちろん、怒ったり泣いたりの精神状態がお腹の子供に響かないかどうか、心配されています。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「妊婦」「マタニティハラスメント」「職場」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧