スムーズに進めたい!卒乳を成功させる5ステップ

母乳育児をしているといつおっぱいをやめるべきか迷う方もいるのではないでしょうか。周りで卒乳や断乳したという話を聞いて「うちもそろそろかな?」と思っても、実際どうすればよいのか悩むこともありますよね。しっかり準備して、ママにとっても子供にとってもストレスの少ない卒乳を目指しましょう。スムーズに卒乳を成功させるための方法についてご紹介します。

プレミアム記事

PIXTA

スムーズに卒乳(断乳)したい!完了までの流れ

離乳食が1日3回になる頃には、食事で栄養を取れるようになってくるので、母乳やミルクを飲む量も回数も減っていきます。

卒乳や断乳のタイミングはママや子供次第ですが、職場復帰などの理由で卒乳を促す場合もありますね。なるべくママにとっても子供にとってもストレスが少なく済むように、卒乳すると決めたら計画を立てて進めていきましょう。

ステップ1:卒乳の条件は満たしているか確かめる

子供 散歩 PIXTA

スムーズに卒乳するためには、いくつか条件があります。

母乳以外からちゃんと栄養や水分が取れていることが大切です。食べ物に関心があり、1日3回しっかり離乳食を食べていること、マグなどで水分をとれていれば大丈夫です。

臼歯(奥歯)が生えていること。食べたものをすりつぶすことができていれば、離乳食からきちんと栄養が取れるようになります。ほかに、しっかり歩けるようになっていること、 形のある便が出ていることなどが卒乳の条件になります。

子供にしっかり離乳食を食べてもらうには、おなかをすかせてもらうことが大切です。お散歩や外遊びに連れ出しやすい時期を選ぶようにしましょう。真夏や真冬は避け、春・秋の気候が良い時期を選ぶと良いですね。

ステップ2:卒乳の計画はきちんと立てることが重要

カレンダー PIXTA

子供にとって大好きなおっぱいから離れるには心の準備が必要です。1ヶ月前から子供に「おっぱいとバイバイするんだよ」と、話をするようにしましょう。おっぱいの時間はなくなっても、ママとバイバイするわけではないということをちゃんと伝えてあげてください。

子供の目にとまりやすいところにカレンダーをセットし、卒乳予定の日に子供の好きなキャラクターなどのシンボルマークを書いておきます。「このマークの日がきたら、おっぱいとはバイバイだよ」と、毎日子供と一緒にカレンダーを見ながらお話します。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「卒乳」「段取り」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧