断捨離の判断基準は4つだけ!5秒で決めてお部屋をすっきりさせるコツ

年末と言えば大掃除の時期。さあ、やるぞ!と周囲を見回して「物が多すぎる…」とやる気をしぼませている方、いらっしゃいませんか。そう、掃除をするのなら、まず散らかっている物を片づけなくては始まりません。そこで、この際おすすめなのは「断捨離」の決行です。いつか使うと言いつつ眠ったままのムダな物たちと、思い切ってお別れしませんか?捨てる、手放すための4つのコツをご紹介いたします。

プレミアム記事

PIXTA

必要なものかどうか「5秒」で判断する

いざ物を整理しよう、不要なものを捨てようと決意しても「これはまだ使うかもしれない」「これにはちょっと思い入れがある」とさまざまな気持ちが湧いてきて、何を捨てたらいいのかわからなくなることはありますね。結果として何も捨てられないということもあり得ないとは言い切れません。

これを防ぐためのカギは「5秒ルール」。必要なものかを判断するための時間を、5秒に限定するのです。なぜなら、じっくり考えれば考えるほど、その物を使用した場面や思い出などが掘り起こされて、判断ができなくなりますし、物を見るたびに考え込んでいたら作業がいつまでも終わらないからです。

とはいえ、なんでもかんでも捨ててしまったり、そのときの気分だけで破棄するかどうかを決めてしまったりするのはおすすめできません。今度は必要なものや大切なものまで捨ててしまって、後悔することになるかもしれないからです。いらないものを確実に選別できるようにするためには、次にご紹介する判断基準を頭に入れておくとよいでしょう。

出典元:
  • 中山真由美「マイナビ文庫 いちばんシンプルな「片づけ」のルール」(https://goo.gl/kJC1UP,2017年11月22日最終閲覧)
  • 中山真由美「捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本」(https://goo.gl/DBC3Ay,2017年11月22日最終閲覧)

これだけ!捨てるものを判断する4つの基準

片付け PIXTA

捨てる・捨てないの判断基準はごくシンプルです。できるだけ次の4つ以外の基準は持ち込まないようにして、リズミカルに振り分けていきましょう。

3年間使っていないものは捨てる

いま手に取ったものについて、最後に使ったのはいつかを思い出してみましょう。その答えが「3年前から一度も使っていないのが確実」ということであれば、その品物は今後も出番がないと考えます。いさぎよくお別れしましょう。

タンスの中、押し入れの中の箱や引き出しの中身も、3年を処分の目安にします。例えば、3年以上着ていない服は流行が過ぎてしまったり、サイズが合わなくなっていたりして、かつてのお気に入りだったとしても着られなくなっている可能性が高いはず。それでも捨てるのにためらいがあるのなら、リサイクルショップに持ち込んで新しい服を買う資金にしてもよいでしょう。

同様に、物や書類についても「3年間は見ていないな」「これからも使わないかも」と思うものはどんどん捨てていきましょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「方法」「大掃除」「断捨離」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

  • 中山真由美「マイナビ文庫 いちばんシンプルな「片づけ」のルール」(https://goo.gl/kJC1UP,2017年11月22日最終閲覧)
  • 中山真由美「捨てられずにいる不要品の「捨てどき」がわかる本」(https://goo.gl/DBC3Ay,2017年11月22日最終閲覧)
  • ごとうゆき「小さな暮らしのおそうじ&お片づけマップ」(https://goo.gl/nxEkQ7,2017年11月22日最終閲覧)
  • 大澤和美「家事の捨て方: 「まかせて」「シェア」して毎日がもっと輝く」(https://goo.gl/hRZuqR,2017年11月22日最終閲覧)
  • 中山庸子「「おかあさん」を楽しむ37の方法: 夢も子どもも自分らしく育てる」(https://goo.gl/8yrrqx,2017年11月22日最終閲覧)

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧