自転車保険は必要?事故のリスクと補償内容から検討を

普段から子供乗せ自転車に乗っているママの中には、歩行者や自転車との接触事故や転倒事故などヒヤリとした経験がある方がいるかと思います。自転車事故を起こしてしまうと、自分が転んでケガをするだけではなく、同乗している子供や衝突した相手にもケガを負わせてしまう可能性があります。もしそのような事態になったら、経済面でも精神面でも不安でいっぱいになるでしょう。そのような場面に備える「自転車保険」についてお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

自転車を運転するリスクは2種類ある

毎日子供の保育園、幼稚園の送迎や買い物に自転車を使っているママにとって、子供乗せ自転車はまさに「生活必需品」と言えるでしょう。毎日使っていると、つい「私は事故に遭わない」と過信してしまうかもしれませんが、自転車は「絶対安心」な乗り物ではありません。

自転車運転には大きく分けて二つのリスクがあります。

自分や同乗している子供がケガをするリスク

救急車 amana images

一つ目のリスクは、自分や一緒に自転車に乗っている子供がケガをしてしまうリスクです。もしもの事故で自転車が転倒したり、接触事故を起こしたりした場合、骨折や打撲などのケガをする危険性があります。

他人や物を傷つけるリスク

割れた 植木鉢 PIXTA

二つ目のリスクは、他人や物を傷つけてしまうリスクです。

例えば、「自転車走行中に他の歩行者とぶつかってケガをさせてしまった」「自転車がふらついて駐車中の車に接触。車に傷をつけてしまった」というケースでは、被害額を請求される可能性もあるでしょう。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「自転車保険」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧