貯めたポイントでプチ贅沢、スーパーのポイントサービス徹底比較

毎日の買い物でスーパーマーケット(以下スーパー)を利用するママにとって、ポイントカードは気になる存在かと思います。各社で用意されているポイントカードは、どのスーパーのものが一番お得なのでしょうか。大手スーパーポイントカードについて、特典の大きさやポイントの還元率を調べました。貯まったポイントを活用しておいしいものを食べたり、他の店舗でサービスを利用できたりしたら、得をした気分になりますね。

プレミアム記事

amana images

大手スーパーのポイントカード、還元率や特典を徹底比較

ポイントカードで注目するべき項目といえば、ポイントの還元率やお得な特典。ポイントを現金化できるポイントカードや、電子マネーとして使うことでさらにポイントが付与されるなど、カードごとに特色が異なります。見比べたうえで、あなたにとってベストなポイントカードを選択してください。

イオン(WAONカード)

編集部撮影 Ⓒママリ

  • 発行手数料:300円
  • 貯まるポイント:200円ごとに1WAONポイント(1円相当)
  • ポイントの利用方法:WAON(電子マネーに交換)、提携ポイントとの交換、寄付・募金など
  • ポイントの有効期限:最大2年間
  • その他の利用可能店舗:ダイエー、マックスバリュ、コンビニ、ドラッグストアなど

イオンが発行しているWAON POINTカードは、イオン系列のスーパーだけでなく、コンビニやドラッグストアなどポイントを貯められる場所が多い点が魅力。飲食店で貯まる「ぐるなびポイント」や、電気料金で貯まる「くらしTEPCOポイント」などをWAONポイントに交換できます。スーパーでの買い物以外でもポイントを貯めやすいところがポイントですね。発行手数料はかかるものの、1枚持っておくといろいろな場所で使えます。

毎月5日、15日、25日はお客さまわくわくデーとして、イオンの対象店舗ではポイントが2倍付与されます。まとめ買いしたいときには、お客さまわくわくデーを狙うとお得ですね。

サミット(サミットポイントカード)

編集部撮影 Ⓒママリ

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

「比較」「ポイントカード」「スーパー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧