ポイントカードは何を使っているの? みんながやっている「ポイ活」について調べてみました

日常生活に欠かせない存在となった「ポイントカード」。買い物をしたり、施設を利用したりするとポイントがつき、たまったポイントで買い物ができるなど活用方法はさまざま。そんなポイントをためたり使ったりすることを「ポイ活」と言います。「ポイ活」をするにあたり、皆さんは何のカードを使っていますか?数あるカードをどのように利用しているのか、ネットエイジア株式会社が「日本人のポイント活用に関する調査」を行いました。

PIXTA

ポイ活で節約できた人が7割強!

スーパーやコンビニ、ネット通販などで使えるポイントカードは数が多く、さまざまな場面で活躍してくれますよね。たまったポイントで買い物をしたり、現金に変えたりと使い方はいろいろです。

そんなポイントを活用することを「ポイ活」と呼びます。特に家計を管理しているママたちは「ポイ活」をする機会が多いのではないでしょうか?

今回、モバイルリサーチを展開しているネットエイジア株式会社が2019年1月25日~29日の5日間で、日本人のポイント活用に関する調査を行いました。

20~49歳の男女各千名にネットリサーチをして回答を集計。その結果、ポイ活で節約できた人は7割強もいました。今回は、リサーチの結果に基づき詳しい内容を紹介します。

調査概要

  • 調査タイトル :日本人のポイント活用に関する調査2019
  • 対象 :ネットエイジアリサーチのモニター会員を母集団とする20歳~49歳の男女
  • 期間 :2019年1月25日~1月29日
  • 調査方法 :インターネット調査
  • 調査地域 :全国
  • 回答数 :2,000名
  • 実施機関 :ネットエイジア株式会社

ポイ活に活用するカードは何を使う?

ポイントカード PIXTA

ひとつに「ポイ活」と言っても使うカードが違えば、活用方法も変わってきます。数あるカードの中で、どれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか?

今回は、多くの人に使われているポイントカードをランキング形式で紹介します。さらになぜ人気なのか、使っている人が多いのかも含めチェックしてみました。

皆さんが使っているポイントカードは、何位にランクインしているでしょうか。

ポイントカード利用数第1位は「Tポイントカード」

利用しているポイントサービス ネットエイジア株式会社

利用しているポイントサービス※性年代別 ネットエイジア株式会社

利用しているポイントサービスを、性年代別および全体でまとめたところ第1位に輝いたのは「Tポイント」でした。TSUTAYAやファミリーマート、ウェルシアなどで活用できるTポイントを多く利用していることがわかります。

年代別ではなんと、どの年代もTポイントが第1位を取る結果に。Tポイントを利用できる施設がとても多いことから、この結果が見受けられたのではないでしょうか。

筆者もTポイントは持っていますが、利用する機会が他のサービスに比べ多いのでポイントがたまりやすいです。しかし、2017年の調査と比べて若干ではありますが、利用数が減っています。近年、多くのポイントサービスが開始されていることから、多少は他のサービスへ移っているのかもしれません。

ポイントのためやすさ満足度 「楽天スーパーポイント」がダントツ

貯めやすさ満足度 ネットエイジア株式会社

各ポイントサービスの利用者が、ためやすさを評価した割合をみると、第1位は「楽天スーパーポイント」(69.2%)、2位「T ポイント」(55.9%)となりました。

利用数第1位はTポイントでしたが、ためやすさ満足度では「楽天スーパーポイント」が上回る結果に。スマホやパソコンで気軽にネット通販ができる時代であるからこそ、簡単にためやすいのではないでしょうか。

楽天は通販だけでなく旅行やポイント収集なども手がけているため、たまるスピードは速いのかもしれませんね。筆者も通販では楽天を利用しているので、ポイントがすぐにたまります。

また、通常の買い物だけでなくポイントアップ期間などもあり、2倍、3倍…と大きく跳ね上がるのも魅力のひとつ。マクドナルドやミスタードーナツを利用してもポイントがたまります。

Tポイントに負けず劣らずな楽天スーパーポイントを、見逃さない手はありません!

どんな店の利用でポイントをためる?

どのような利用しポイントを貯めているか ネットエイジア株式会社

では実際に、皆さんがどこでポイントカードを使っているのかをグラフで見ていきましょう。もっとも利用しているお店は「コンビニ」(75.3%)となり、続いて第2位「スーパー」(62.9%)、第3位「ドラッグストア」(57.9%)という結果でした。

食料や日用品などの日常的な買い物で、コツコツと地道にポイントをためている人が多いように思えます。3位以降は、第4位「ネット通販」(38.5%)、第5位 「ガソリンスタンド」(28.1%)が続きました。

コンビにによってポイントカードが違い、ファミマはTカード、セブンイレブンはnanaco、ローソンはPontaとすべてを利用している人もいますよね。

毎日買い物をする人は、たまりやすいのではないでしょうか?

ポイントをためるために心がけていることは?

ポイントサービスのポイントを貯めるために行っていること ネットエイジア株式会社

効率良くポイントをためるために行っていることを聞いたところ、「なるべくポイントサービスの取扱店で買い物する」(58.4%)がもっとも高い回答を得られました。

次に「ポイント2倍デーや5倍デーのキャンペーン時に買い物をする」(44.4%)、「なるべくネットショッピングで買うようにする」(29.8%)、「ポイント特典(+10pt など)がつく商品を買うようにする」(28.4%)、「買い物はクレジットカードで支払うようにする」(27.8%)という結果になりました。

男女別では、女性の方が「ポイント2倍デーや5倍デーのキャンペーン時に買い物をする」では多いこともわかっています。できるだけ効率良くポイントをためたいですよね。

筆者も同じ買い物をするならば、ポイントがたくさんつく日を選んでいます!

ためたポイントは何に使っている?

実際にやったことがあるポイント活用 ネットエイジア株式会社

頑張ってためたポイントを、どのように利用しているのか気になりますよね。

ポイントサービスの利用者に、経験したことのあるポイント利用方法を聞いたところ「買い物で(支払いに)使う」(76.4%)がもっとも高くなり、第2位「電子マネーと交換する」(31.2%)との間に45.2ポイントの差がみられました。

ためたポイントの使い方としては、現金の代わりに使い買い物をするという人が大半という結果でしたが、他にも「キャッシュバック(現金化)する」(26.0%)、「他のポイントに交換(両替)する」(24.0%)、「ポイントプログラム内のグッズ・商品と交換する」(14.0%)となりました。

お金を払わずにポイント清算をするとお得な気分になりませんか?筆者はたまったポイントで買い物をすると、いつもうれしい気持ちになります。

グッズ・商品と交換する場合もプレゼントされた気持ちになるので、またポイントをためたくなります。

ポイントの利用しやすさ満足度1位は?

利用しやすさ満足度 ネットエイジア株式会社

リピート意向度 ネットエイジア株式会社

そして最後に各ポイントサービス利用者が、"このサービスはポイントを利用しやすい"と評価した割合をみると、第1位「楽天スーパーポイント」(63.2%)、第2位「T ポイント」(59.9%)、第3位「d ポイント」(42.0%)、第4位「Ponta ポイント」(40.4%)、第5位「nanaco ポイント」(36.8%)となりました。

やはりここでも「楽天スーパーポイント」と「Tポイント」は、ためやすさ満足度ランキング同様の順位を占め、「ためやすく、利用しやすい」ということが分かりますよね。

またリピート意向度では「楽天スーパーポイント」は順位を落とさず維持していますが、「Tポイント」は航空会社ポイントより低く、順位を下げ第4位となりました。

仕事や旅行でたまる航空会社のポイントのリピート意向度が高い理由として、特典への交換条件が魅力的という回答が得られています。

ちりも積もれば山となる!コツコツポイ活してお得に使おう

ポイントカード PIXTA

買い物をしながらポイントがたまり、たまったポイントをまた買い物に…このように繰り返すことで、いつの間にかお得な買い物ができるのです。ポイント2倍デー、ポイントアップ期間などを利用することでさらにたまるペースが速くなります。

最近ではお店でポイ活するだけでなく、隙間時間を利用してアンケートやゲームをしてポイントをためる「ポイントサイト」があるので、それを利用してたくさんためるのもおすすめです。

筆者もポイントサイトを利用し、毎日コツコツとポイント集めをしているひとり。得られるポイントは少しですが、毎日続けることで大きなものに変わります。

「ちりも積もれば山となる」ですので、ぜひ皆さんも「ポイ活」してみませんか?

おすすめ記事

「節約」「ポイントカード」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧