薬を嫌がる子供に。飲み薬を服用しやすくする工夫

小児科を受診すると処方されるシロップ薬や粉薬。子供が飲みやすいように味などに工夫された薬はあるようですが、いつもすすんで飲んでくれるとは限りません。処方された薬を嫌がってしまうとき、ママはとても困りますね。嫌がるからといって、薬を飲まないわけにはいきません。早く元気になってもらうためにも、子供になんとか薬を飲んでほしいものですが、どのような工夫が有効なのでしょうか。家庭で子供に薬を飲ませるときのコツをお伝えします。

プレミアム記事

PIXTA

飲み薬を上手に飲ませる方法

子供向けに処方される薬は、シロップや粉薬などが代表的です。薬のタイプ別に、上手に飲ませる方法をご紹介します。

シロップ薬

シロップ薬 PIXTA

シロップ薬は、もともと子供が飲みやすいよう、甘い味に工夫された薬です。それでもカップやスプーンで飲むことに慣れなかったり、味が好みではなかったりして嫌がることがあります。

赤ちゃんがスプーンやカップを嫌がるなら、哺乳瓶の乳首の部分にシロップを入れて飲ませてみましょう。哺乳瓶でミルクを飲んでいる赤ちゃんなら、難なく飲んでくれるかもしれません。

ただし、乳首でも飲まないようなら薬の味を嫌がっているかもしれません。薬の味を嫌っている場合、哺乳瓶の乳首を使って薬を飲ませるのは避けましょう。赤ちゃんが「哺乳瓶から飲むものはおいしくない」と誤解して、ミルク嫌いになってしまう可能性があります。

次にチャレンジしてみたいのがスポイトを使った方法です。ほっぺの裏側や上顎から少しずつ伝うように口に入れると、飲んでくれるかもしれません。また、ジュースが飲める幼児の場合、シロップをジュースに混ぜてあげると味がわからなくなり、飲みやすくなります。

粉薬

粉薬 PIXTA

粉薬を赤ちゃんに与えるなら、ママがよく手を洗ってから、少量の水で粉薬を練り、ペースト状にしてから飲ませます。ペーストを指に取り、赤ちゃんの口の中の上あご部分や頬の内側に塗るようにするといいでしょう。その後母乳や水、ジュースなどを飲ませれば、上手に飲み込んでくれます。

薬の味を嫌がる子供には、ヨーグルトやジャム、アイスクリームなどと混ぜると味がわかりにくくなります。ただし、薬を全量飲ませるため、食べ物は一度に食べられる量で与えるように注意してください。また、はちみつも薬と混ぜやすいですが、生後1年未満の子供には与えないように気をつけましょう。

薬局やドラッグストアでは、「服薬ゼリー」など、苦い薬でも飲み込みやすくするための商品が販売されています。ゼリーに包めばつるんと飲み込めて、飲み残しの心配がないため安心です。

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「子供」「服薬」「ホームケア」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧