早寝早起きだけじゃない、小学校入学前に見直したい生活習慣8つ

幼稚園や保育園から小学校へ進学すると、子供を取り巻く環境は大きく変わります。一番の変化は、子供自身でやるべきことがかなり増えることです。「うちの子、大丈夫かしら…」と不安かもしれませんが、子供は学校では頑張りますし、想像以上にしっかりしているものなので心配しすぎる必要はありません。ただ、新生活にスムーズに慣れるにも、入学前に見直しておきたい生活習慣が8つあります。ぜひ参考にしてくださいね。

プレミアム記事

amana images

1. 早起きをする

私たちは体内時計の働きで、睡眠・体温・ホルモン分泌などを調整しています。人間の生体リズムは約25時間のため、1日24時間の周期でズレが生じます。早起きして朝の光を浴びることで、このズレをリセットし体温やホルモンがうまく調整されます。

体温は、明け方に下がり起床すると上がりますよね。体温調整で脳や体を目覚めさせ活発に動けるようなリズムになっています。睡眠が乱れて早起きできないと体温のリズムも乱れます。午前中にボーッとする、疲れやすいなど学校生活にも影響が出てしまうのです。

そのため、遅くとも7時までに起きる習慣をつけたいところです。洗顔や歯磨きも忘れずにしてくださいね。引き締まった気持ちで1日がスタートしますよ。

出典元:

2. 着替えをすばやくする

子供 着替える PIXTA

小学校では、体育の授業に加えて身体測定などでも着替えをします。週に何度も体操着や水着に着替えます。筆者の子の学校では、授業と授業の間の休み時間が5分。この間に前の授業で使ったものをしまって、次の授業の準備をしなければならないのです。

自分の服をすばやく脱いだり着たりできることは、集団生活を乗り切るうえで大切なポイントです。また、脱いだ服をたたむ、しまうことも学校では重視しています。

家庭では、朝の支度やお風呂前後の脱ぎ着で練習をするのがよいです。たたみ方は多少雑でも問題ありませんので、まずは経験を重ねて慣れることが大事ですよ。

3. 毎日、朝ご飯を食べる

朝ご飯 PIXTA

プレミアム記事を読むには?
この記事の続きを読むには、アプリをダウンロードしてママリプレミアムに登録してください。
アプリをダウンロードする

今話題の記事

「生活習慣」「小学校入学」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!