バースプランとは?用紙の書き方や記入例はある?

出産前には様々な不安を感じてしまうものですよね。臨月に入ったら出産準備の一環としてバースプランを立てるよう病院側から指示されることがあります。家族や旦那さんとの絆を深められる幸せな出産をするために自分の希望に沿ったバースプランをしっかり書き、病院側に伝えましょう。バースプランとはどのようなもので、項目はどうなっているのかということの他にも、書き方のポイントや注意点についても紹介します。

PIXTA

バースプランとは

バースプランとは出産計画書のことです。出産前にあらかじめ「こんな出産がしたい」といった希望を書き留めておくものです。事前に出産時について自分の意志を伝えておくものとして役立ちます。

バースプランを立てる時期

カレンダー PIXTA

私が行ってる病院は
1回目の妊婦検診の時に貰います。
30週までに提出ってなってます(^^)
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ
里帰り先の病院に初めて行った時にもらいました!なので10wとかでした☻提出期限とかはなかったですが、20w頃に一緒に話し合いましょうみたいなことが書いてあったのでそれまでの提出だったのかな、、、。でも里帰り先の病院はなかなか通わないので結局、34wに提出しました(^_^)病院によると思うので聞いてみるといいですね✨
ママリ|家族の毎日を笑顔にする、女性限定Q&Aアプリ

このように、バースプランの用紙を準備している病院はいつまでに提出してくださいと言われることがあります。期限は病院によってまちまちですが、妊娠30週~に提出するところが多いよう。

早めに用紙を渡された場合は、出産についての希望が出てきたらその都度書き留めておきましょう。

出典元:

バースプランの記入例

バースプラン PIXTA

バースプランを書く際は、できるだけ具体的に書くのがポイントです。具体的に書くことで医師にも伝わりやすく、より希望に近い形のお産に近づけられるでしょう。次にいくつかの場面に分けてポイントと記入例をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

陣痛室・分娩室にて

陣痛 PIXTA

  • 部屋の環境(好きな音楽をかけたい、落ち着く匂いのアロマを焚きたい)
  • 処置(陣痛促進剤を使うか、使わないかなど)
  • 夫の関わり方(立ち会って欲しくない、立ち会ってほしい)

どのようにすれば順調に子供を産めるかについて、陣痛の欄に書き込みます。例えば部屋の環境について、アロマを焚いてほしいや、持ち込んだ音楽をかけてほしいといった要望は出産の手助けになるので、積極的にイメージして思ったこと考えたことはまず伝えてみると良いでしょう。

立会いに関しては、立ち会ってほしい場合は誰に立ち会ってほしい、どうして立ち会ってほしいのかなど、具体的に書きましょう。また、全部はみて欲しくないけど最初の方だけならいいといった希望や、赤ちゃんが生まれたら入ってきてほしいといったように、細かいところまで考えて希望を伝えましょう。

赤ちゃんが生まれた直後

産まれたて PIXTA

  • スキンシップ(カンガルーケアをしたい、すぐに抱っこしたいなど)
  • 記録(ビデオをとって欲しい、産声を録音したいなど)

赤ちゃんが生まれる瞬間は、とても嬉しくてほっとしますよね。そんなときにどう過ごしたいかを考えてみましょう。

そして記録を撮りたい場合、誰に頼むのか、誰に頼めるのかを確認しよく検討しましょう。

出典元:

どんなお産にしたいか考える機会にしましょう

妊婦 PIXTA

バースプランは、出産に向けて良い心の準備にもなるでしょう。出産に対する希望を伝えることで、納得のいく出産になると良いですね。

「バースプラン」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧