男の子も女の子も!水遊びにおすすめおもちゃ10選&手作りおもちゃ4選

今年の夏はとにかく暑いですが、子供たちの体力を考えるとずっとお家にいるわけにはいかないもの。そんな時におすすめなのは、自宅や公園のじゃぶじゃぶ池での水遊び。水遊びをしていると涼しさを感じられて、暑さも和らぎますよね。この記事では、水遊びが一層楽しくなるおもちゃを紹介します。また自宅にあるもので子供と一緒に簡単に作れる手作りの水遊びおもちゃをインスタグラムの投稿から4つ紹介しています。

amana images

水遊びにおすすめのおもちゃ10選

子供は水遊びが大好きですよね。子供たちのはしゃぐ姿を見ていると、親としてうれしい気持ちになります。自宅でビニールプールを出すときやお風呂場で水遊びするとき、またじゃぶじゃぶ池での水遊びが、もっと楽しくなるおもちゃをご紹介します。この夏、使う機会がたくさんあるはず!ぜひ参考にしてみてくださいね。

10位 「どきどき フィッシング」

どきどき フィッシング

リールが回せるようになっているため、水に浮いた魚がくっついたときに本当に釣りをしているような、リアリティを感じることができるおもちゃです。リールだけでなく、竿も伸縮するようになっています。

糸の先端と魚の口部分に磁石が付いているため、セットで付いている魚だけでなく、軽いおもちゃであれば磁石を付けて、一緒に遊ぶこともできそうですね。

また、水がある場所だけでなく、室内でも遊べるおもちゃです。

9位 アンパンマン「あそびいっぱい! よくばりバケツ」

それいけ!アンパンマン 「あそびいっぱい! よくばりバケツ」

子供が大好きアンパンマンの水遊び用おもちゃ。水で遊べる要素がたくさん詰まっているアンパンマンのバケツです。

まずは本体をバケツとして使うことができます。水遊びだけでなく砂場でも活躍しますよ。次にじゃぐち遊び。本物に似た蛇口が付いているため、蛇口をひねって水の出方を楽しめます。さらにシャワー遊び、水車遊び、コップ遊びとこれ1つで5種類の遊びが楽しめるようになっています。

遊び方を自分で考えながら、たくさんの発見が見つかる商品になりそうです。

8位 「ウォーターガン プッシュdeショット」

ウォーターガン プッシュdeショット

バケツなどに水を入れて持ち手の反対側を水の中入れ、くみ上げて持ち手部分を押すと勢いよく水がでてくるシンプルな水鉄砲です。簡単に使え、また柔らかい素材のため、子供におすすめの商品です。何個か持っていれば、家族みんなで盛り上がれそうなアイテムですよ。

7位 Yookidoo(ユーキッド)「くるくる歯車」

Yookidoo(ユーキッド)くるくる歯車

こちらの商品は9カ月から使用できます。お風呂場用として販売されていますが、ビニールプールなど水がたまっている場所であればどこでも使えますよ。

赤ちゃん・子供のことを研究した会社が作っているため、シャワーヘッド、水中メガネボタン、たくさんのカップに3種類の歯車と赤ちゃん・子供が楽しめるポイントがたくさんあります。

別売りで単三電池3本必要です。

6位 「消防車バブル」

消防車バブル

たくさんのシャボン玉を作ることができる、バブルガン。珍しい消防車の形です。通常販売されている、吹くタイプのシャボン玉では、口に付いたりなかなかシャボン玉ができなかったりする小さい子供におすすめの商品です。

5位 ピープル「お水の知育 エンドレス循環式」

ピープル お水の知育 エンドレス循環式

水場だけでなく、室内でも遊べるこちらの商品はペットボトル1本の水を入れるだけで、子供が飽きるまで遊ぶことができるため何よりも経済的です。対象年齢は生後8カ月から。赤ちゃん・子供の五感を刺激しながら遊べる仕組みです。

水が飛び散りにくい、としていますが口コミでは子供がひっくり返したり、足を入れて遊んだりするため、ある意味予想外でした、との声が多くあったため、ぬれてもよい場所か水場で遊ぶことをおすすめします。

4位 Disneypixiv「新カーズクロスロード水遊びセット」

映画「カーズ3クロスロード」のダートトラックレース場が、再現できるカーズファンにはたまらないアイテムになっています。

車のおもちゃを、壁などでバックさせて、セット完了!そのまま、レースコースに置いて、スタートゲートを開くと、なんと水の上を発進するドキドキとワクワクが詰まったレースセットになっています。

セットには、クルーズラミレス1台が付属しています。その他、このレースセットで遊べる車は別売りです。

メーカーはお風呂場で遊ぶことをおすすめしていますが、ビニールプールなどでも遊べると思いますよ。

3位 Disney「ぷくぷくフレンズ くまのプーさん」

ぷくぷくフレンズ くまのプーさん 水鉄砲

子供たちに人気のディズニーキャラクターがデザインされたソフトビニール製の人形型水鉄砲です。プーさんが持っているはちみつの壷から、水が出てくる作りになっています。

プーさん以外にも、ミッキーやミニーなどたくさんのディズニーの仲間たちが「ぷくぷくフレンズ」になって販売されているので、コレクションするのも楽しいですね。

2位 きかんしゃトーマス「どこでもシャワー」

きかんしゃトーマス どこでもシャワー

長年に渡って愛され続けているキャラクター「きかんしゃトーマス」のシャワー遊びができるおもちゃです。

水面に浮かべてスイッチを入れると、電動モーターで水を吸い上げてシャワーのヘッド部分から水が出ます。シャワーの切り替え部分を回して、水の出し方で遊ぶことができます。

お風呂で遊ぶ時は、湯舟のお湯を使って遊べます。お風呂以外にも、プール、ガーデニング、アウトドアなどいろいろな場所で使えるでしょう。

1位 BorneLund(ボーネルンド)「アクアプレイ アクアワールド」

ボーネルンド アクアプレイ アクアワールド

北欧生まれの「アクアプレイ」は、遊びながら水のさまざまな性質を学習できるおもちゃです。

こちらの「カナルロック アクアワールド」は基本機能が全て含まれているので、セット全体で思いっきり遊んだり、パーツを少なくしてお風呂場で遊んだり、形を変えていろんな楽しみ方ができます。

口コミにあるように、購入を決めるには勇気が必要なお値段ですが、お子さんが夢中に遊んで大満足されているようです。夏休みの思い出作りにぴったりな商品です。
 

手作りで楽しもう!水遊び用おもちゃ4選

いつもより子供との時間が増える夏休み。水遊びのおもちゃも手作りで楽しんでみませんか?手作りだと遊ぶ時間だけでなく、作る時間も楽しい時間になりますよね。食品トレイや牛乳パック、ペットボトルなど、おうちにある廃材を使って簡単に作れるます。気軽に挑戦してみましょう。

SNSに投稿された、手作りの水遊びおもちゃを紹介します。

トレイやプリンカップで手作り金魚すくい

食品トレイを使って作った金魚を、プリンカップやストローで作った網ですくう「金魚すくいセット」です。

食品トレイに油性ペンで絵を描き、カットしてから水に浮かべて、金魚すくいスタート!トレイの素材は、水をはじいて、浮く性質をうまく利用したママのアイデアあふれるおもちゃです。タオルを敷き、その上に置いた洗面器に水を張れば、室内でも楽しめますよ。

ペットボトル製のタコさん&イカさんで水遊び

ペットボトルとビニールテープを使って作る、イカさんとタコさん。ペットボトルに穴が開けてるため、じょうろのように下から水が出て来る仕組みになっています。お風呂やプールでも大活躍しそうな手作りおもちゃです。お子さんと一緒に、いろんなお顔のイカさんやタコさんを作ってみてくださいね。

ペットボトルでじょうろを作ろう

ペットボトルで作った水遊びで楽しいじょうろです。手持ちの部分は、グラつき防止のために「手提げホルダー」を付けています。

カッターナイフなどを使い、手提げホルダーに合わせてペットボトルの側面に画像のような形に切れ目を入れます。切り口を折り曲げ、ビニールテープを巻きましょう。テープを巻いた部分に穴を開け、手持ちホルダーをはめ込み、けが防止に切り口にビニールテープを貼れば完成です。テープや油性ペンで好みにデコレーションしてもいいですね。

ペットボトルキャップの部分は、キャップに目打ちなどで穴をいくつか開けてシャワーのようにもできます。水遊びに使うほか、育てている植物の水やりにも使えますよ。

牛乳パックで作った金魚すくいセット

牛乳パックで作った、手作りの金魚すくいセットです。しっかり網もありますね!牛乳パックとネットを利用して作られています。

使い捨て可能な紙皿に浮かんだ金魚がかわいらしいですね。金魚たちは、牛乳パックに金魚の絵を描いてクレヨンで色を塗ってからカットして作られています。金魚が完成したら水に浮かばせ、網を使って金魚すくいを楽しみましょう。

好奇心を育む!おもちゃがあれば、水遊びが何倍も楽しくなる

水遊び PIXTA

暑い毎日が続きます。今の季節、水遊びが楽しいですよね。暑くても水を見ると涼しさを感じます。お子さんにぴったりなおもちゃは見つかりましたか?手作りのおもちゃにも、ぜひ挑戦してみてください。この夏、お気に入りのおもちゃと一緒にたくさん遊んで、たくさん学んで、最高に楽しそうな笑顔を見せて欲しいですね。

楽天で「水遊び おもちゃ」をもっと見る!

今話題の記事

「おもちゃ」「水遊び」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧