突然の強い痛みに襲われ、絶叫。「出産レポート④」

遠のいたと思っていた陣痛が、突然やってきてパニックになるまきこんぶ(@makikonbu33333333333)さん。あまりの痛さに、相部屋で声の音量を抑えていたことも忘れ、絶叫します。子宮口も9cmとなり、いよいよ出産の時がやってくる!?でも、その前に痛みをこらえて分娩室まで歩くという難関が…。果たしてまきこんぶさんは分娩室までたどり着けるのでしょうか?

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

ⓒまきこんぶ

つづきはこちら↓

永遠に続くように感じたお産も、ついに結末。やってきた産後ハイ「出産レポート⑤」

関連記事:

永遠に続くように感じたお産も、ついに結末。やってきた産後ハイ「出産レポー…

分娩室にたどりつき、いよいよ出産に挑むまきこんぶ(@makikonbu33333333333)…

前話はこちら↓

陣痛がきたと思ったら、フライング? 前途多難なお産の幕開け「出産レポート①」

関連記事:

陣痛がきたと思ったら、フライング? 前途多難なお産の幕開け「出産レポート①」

2017年に子供を出産し、育児に励んでいるまきこんぶ(@makikonbu33333333333)…

こんなにも痛いのに、子宮口が開かない!予想外の展開に…涙。「出産レポート②」

関連記事:

こんなにも痛いのに、子宮口が開かない!予想外の展開に…涙。「出産レポート②」

子宮口がまだ開かず、定期的に襲ってくる陣痛とひたすら戦い続ける時間がや…

あれっ、来てたはずの陣痛が遠のく事態に? この先はどうなるの?「出産レポート③」

関連記事:

あれっ、来てたはずの陣痛が遠のく事態に? この先はどうなるの?「出産レポー…

友人のぐっさんが会いにきてくれたことで、元気を取り戻したまきこんぶ(@mak…

まきこんぶ(@makikonbu33333333333)さんのインスタグラム

おすすめ記事

「子宮口」「出産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧