1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子供用品・グッズ
  4. ランドセル
  5. 2020年入学予定の子供が持つランドセルのカタログを請求しておこう!おすすめブランド11選

2020年入学予定の子供が持つランドセルのカタログを請求しておこう!おすすめブランド11選

皆さんは、ランドセルを購入するときに何を参考にしますか。ランドセルを購入するときには、実際に触れて見ることがよいと思います。しかし、近くに気になるメーカーがない場合は、何度もランドセルを店舗へ行くのは大変かと思います。そこでおすすめしたいのが、ランドセルのカタログを請求することです。ランドセル一つ一つの特徴や魅力を事前に確認しておくと選びやすいでしょう。この記事では、ランドセルのカタログを請求できるメーカーを紹介しています。

PIXTA

2019年から2020年にかけての最新版ランドセルカタログ11選!

ここでは、ランドセルのカタログ請求ができるメーカーを紹介しています。中にはwebでカタログを閲覧できるメーカーもあるため、気になる方はそちらもぜひチェックしてみてください。

1.中村鞄製作所「ランドセルカタログ2020」

ランドセル PIXTA

中村鞄製作所は、1960年創業のランドセル工房で、背負い心地と、機能性、素材、形などにこだわったランドセルを販売しています。背当て部分は、背中で押した分だけゆっくりと変形して体になじみ、また背負いやすく弾力性のあるシャトルクッションを用いた点が特徴的です。2019年5月現在、7種類のランドセルを販売中です。

中村鞄製作所のランドセルカタログでは、ランドセルを作るにあたっての熱意と共に、子供が安心して使用できる工夫に関しても紹介されています。また、各素材のツヤ感や手触り、強度など確認できる素材の見本帳の請求も可能です。カタログ請求はインターネットからできます。

中村鞄製作所「ランドセルカタログ2020」

2.SEIBAN(セイバン)「ランドセルカタログ」

ランドセル PIXTA

セイバンは、天使のはねシリーズを販売しているランドセルメーカーです。天使のはねシリーズは、小学校に通う6年間背負えるように、丈夫で機能性を重視しています。2017年に第9回マザーズセレクション大賞に選ばれるほど、たくさんの方から支持されているランドセルです。

セイバンの天使のはねランドセルカタログには、商品ラインナップと詳しい機能についての情報が掲載されています。また、コンバースやプーマなどのブランドとコラボレーションしたランドセルもありますよ。ランドセル選びのポイントをまとめた、冊子もついてくるため参考になるでしょう。

SEIBAN(セイバン)「ランドセルカタログ」

3.神田屋鞄製作所「ランドセルカタログ2020」

ランドセル PIXTA

神田屋鞄製作所は、1951年創業のランドセルメーカーで、厳選された素材を使用してランドセルを作っています。神田屋鞄製作所では、世界で一つだけのランドセルを作ることができるオーダーメイドランドセルと、軽さや丈夫さ、デザインなどにこだわっているカルちゃんシリーズの2種類です。

神田屋鞄製作所のランドセルカタログは、機能性についてと前述した2種類のランドセルに関する概要を詳しく説明しています。カタログはインターネットで請求することができ、1週間から10日前後で発送されます。到着する前に、webカタログも閲覧可能です。

神田屋鞄製作所「ランドセルカタログ2020」

4.ランドセル工房生田「カタログ・革見本」

ランドセル PIXTA

ランドセル工房生田は、本革にこだわったランドセルを販売しています。熟練した職人の手によって、丈夫でしっかりとした作りを追求したランドセルばかりです。ランドセル工房生田では、革やステッチなどを細かく選べるセレクトオーダーと、生田オリジナルデザインのスペシャルブランド、手ぬぐいブランドとコラボしたにじゆらの3種類を販売しています。

ランドセル工房生田が発行するカタログでは、ランドセルの情報とともに実際に使用している革の見本がついています。インターネットからカタログの請求が可能です。

ランドセル工房生田「カタログ・革見本」

5.協和「ふわりぃランドセルカタログ2020」

ランドセル PIXTA

協和が販売するふわりぃは、背負いやすさにこだわった商品を多く販売しています。肩にふんわりフィットする肩ひもや、背中に沿ってふんわりとフィットする背当てなどの工夫が施されています。デザインが豊富で、さまざまなメーカーや百貨店限定の商品を用意していますよ。

協和では、2020年販売モデルのランドセルカタログと、ふわりぃ障害児用ランドセルカタログを請求することができます。web版カタログでは、オーダーメード用ランドセルカタログと、ふわりぃ障害児用オーダーメイドUランドセルカタログ、オーダーメイドふわりぃランドセルの生地見本を閲覧できます。

協和「ふわりぃランドセルカタログ2020」

6.羅羅屋「2020年度ご入学用ララちゃんランドセルのカタログ」

ランドセル PIXTA

羅羅屋(ららや)は、ララちゃんランドセルを販売しているメーカーです。ララちゃんランドセルは、丈夫さや使い勝手、背負いやすさなど子供目線で考えられています。特に肩ベルトは、学年に応じて使い分けができるよう工夫されており、低学年の小さな肩にも優しくフィットしやすいタイプなど、子供の成長に合わせてベルトの交換が可能です。

羅羅屋(ららや)では、35種類の組み合わせが可能なオーダーメイドランドセルと、他に8種類のランドセルを販売しています。インターネットでカタログを申し込むことが可能です。

羅羅屋「2020年度ご入学用ララちゃんランドセルのカタログ」

7.池田屋「池田屋ランドセルカタログ」

ランドセル PIXTA

池田屋は素材と部品、組み立て工程にまでこだわり抜いたランドセルを販売しています。牛革や人工皮革(じんこうひかく)、それぞれのよいところを取り入れて軽さと丈夫さを実現した構造が特徴的です。デザインもシンプルで、子供が飽きないように落ち着いたカラーリングを中心に用意しています。また、防水力や80kgの重さにも耐えられる強度など、機能面でも優れています。

池田屋ではベルバイオシリーズや牛革シリーズなどの5シリーズ、14種類のランドセルを販売しています。カタログは、インターネットから2020年度の最新版を請求することが可能です。

池田屋「池田屋ランドセルカタログ」

8.LIRICO(リリコ)「ランドセルカタログ」

ランドセル PIXTA

リリコはフォルムやパーツ、刺しゅう、金具など細かい部分までこだわったデザインが特徴的なランドセルを販売しています。デザイン性はもちろんですが、素材は丈夫なクラリーノを使用し、収納口を補強することで6年間壊れることなく使えるような工夫を施しています。また、背負いやすく、大容量で使いやすい点もポイントですよ。デザインは、ロマンティックとアンティーク、ロデオ、テキサスなど13種類のランドセルが販売されています。

2020年入学向けのランドセルカタログを、インターネットで無料請求できます。

LIRICO(リリコ)「ランドセルカタログ」

9.萬勇鞄「2020年度ご入学用ランドセルカタログ」

ランドセル PIXTA

萬勇鞄(まんゆうかばん)は、革の仕入れから仕上げの手ぬいまで、すべての工程を自社の工房で行っています。職人の手によって一つ一つ丈夫に縫われているため、耐久性に優れています。子供の肩や腰に負担にならないよう、背負いやすさにも力を入れています。

2019年5月現在、萬勇鞄が販売するランドセルカタログを、インターネットで申請することができます。

萬勇鞄「2020年度ご入学用ランドセルカタログ」

10.鞄工房山本「2020年4月ご入学用ランドセルカタログ」

ランドセル amana images

鞄工房山本は、奈良県橿原市(かしはらし)に工房を構えるランドセルメーカーです。型入れから仕上げまですべての工程を奈良県の工房で行い、機能面とデザイン面両方にこだわったランドセルを販売しています。鞄工房山本では、20シリーズ84種類と豊富なデザインからランドセルを選ぶことができます。

2020年4月入学用の無料カタログを、インターネットで受け付けています。電話でも注文することも可能です。カタログが届くまでwebカタログも閲覧できるため、そちらもぜひ活用してみてください。

2020年4月ご入学用ランドセルカタログ

11.土屋鞄「ランドセルカタログ2020」

ランドセル PIXTA

土屋鞄は、一つ一つ手作りで素材と形、色などにこだわったランドセルを販売しています。6年間壊れないような丈夫さと、使い心地を大切にするなど、機能面でも優れています。特に背あては体への負担を減らすため、柔らかい素材を使用し、背負いやすく工夫されています。

土屋鞄では、5シリーズ11種類のランドセルが販売されています。資料請求できるランドセルカタログ2020には、製品情報以外にも、土屋鞄が大切にしている思いがたくさん詰まっています。ランドセルカタログは、インターネットで請求することが可能です。

土屋鞄「ランドセルカタログ2020」

気になるランドセルメーカーにはカタログを請求しよう

ランドセル amana images

どのメーカーのカタログも、インターネットで気軽に申し込みができるものばかりでしたね。人気のランドセルは、注文しても届くまでに時間がかかってしまうことがあります。カタログを取り寄せて、できるだけ早くさまざまなランドセルを見て、目星をつけておくことをおすすめします。

メーカーによっては、数量限定であったりする場合もあります。ぜひ早めに資料請求してみてくださいね。

おすすめ記事

「ランドセル」「カタログ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧