1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. お散歩したり、歌を歌ったりして気分を変える。わたしの卒乳(断乳)エピソード

お散歩したり、歌を歌ったりして気分を変える。わたしの卒乳(断乳)エピソード

赤ちゃんは、産後しばらくおっぱいもしくはミルクが食事ですが、5~6ヶ月をむかえたあたりから離乳食を開始し、さまざまな食べ物を食べさせるように。離乳食の回数が増えると考えるのが卒乳ですが、なかなかうまくいかないという体験談を耳にした方もいることと思います。これから卒乳をむかえるママのなかには、いったいどのように行えばよいか不安に思う方もいるかもしれませんね。今回は、筆者の卒乳体験談を紹介します。一例として参考になれば幸いです。

PIXTA

わたしの卒乳体験談

離乳食を始めると、少しずつ母乳やミルクの回数、量が減っていきますよね。その時期をむかえ、考え始めることといえば「卒乳」。スムーズに進められるのが理想ですが、思うように卒乳できずあせってしまったり、イライラしてしまったりしたママもいるのではないでしょうか?

今まで飲んでいた母乳やミルクを突然もらえなくなり、泣くのは仕方ないこと。しかし、分かってはいても実際に泣かれるとつらいですよね。筆者は子供が3人いますが、どの子もとても大変な思いをしました。今回は、現在1歳8ヶ月になる長男の卒乳体験談を紹介します。

昼間断乳でやったこと

ミルク PIXTA

長男は母乳とミルクの混合育児にしていましたが、1歳前後のころは昼間はミルク、夜中は母乳と分けていました。区別をつけた理由は、まず母乳を卒業して欲しかったからです。

長男はおっぱいが大好きで、眠くなると洋服に手を入れておっぱいを触ってきます。母乳を飲むときも安心するのか、ずっと触っていました。これを防ぐべく、昼間は離乳食とミルクのみに。日に日に離乳食の量を多めにし、母乳やミルクを飲む回数を徐々に減らしていき、昼間はなんとか卒乳ができました。

ミルクやおっぱいを欲しがったときには歌を歌ったり、絵本を読んだり、テレビをつけたりと気をまぎらわせて寝かしつけをするようにしました。

夜間断乳でやったこと

ミルク PIXTA

夜間断乳は昼間よりも手がかかりました。どれだけ欲しがってもかたくなにおっぱいをあげないようにしたのですが、近所中に響き渡るほど大泣き。根比べのような状態になり、本当につらかったです。

寝不足や疲れが重なり心が折れ、あげてしまう日もありましたが、極力そうならないように抱っこひもを使ったり、外に出てみたり、歌を歌ったり、とにかくあらゆる方法を試しました。

お茶や牛乳を飲ませてあげると、おなかが少し満たされるのか泣きやみ、寝てくれることも。断乳は一筋縄ではいかないことを実感しました。

卒乳(断乳)時スケジュール

ミルク PIXTA

卒乳をするにあたり、まずは少しずつミルクの量を減らすことにしました。朝と昼の間は、ミルク代わりに少量のおやつを与えるようにしました。午後も15時におやつを出し、夜の離乳食までつなげます。ミルクや母乳を欲しがったら、牛乳やお茶を出していました。

本格的に卒乳をすると決めたときは、3日間ほど徹底してミルクや母乳を与えないようにしました。個人差があると思いますが、3日間ほど離れると、今まで飲んでいなかったかのように不思議なほど欲しがらなくなりました。

卒乳(断乳)でここがつらかった

つらい PIXTA

卒乳でつらかったことは、やはり夜中の時間帯。昼間はなんとかなったのですが、夜泣きがひどい長男はおっぱいがもらえなくなってしまったことがストレスだったようです。何度も繰り返される夜泣きで、心身ともに限界。ワンオペ育児の中、必死に卒乳をしようと心を鬼にしても負けてしまいあげてしまう…。

このループにはまってしまったため、夜になるのが本当に嫌で怖かったです。夫が抱っこしようにも、延々と泣き続ける始末。あまりの声に耳鳴りがして、頭がおかしくなりそうでした。生まれたころに使っていたおしゃぶりを入れたら安心するかもしれないと思い、洗って消毒をし試みましたが失敗。口に入れようものなら全力拒否でした。

「これじゃない!これが欲しいわけじゃない!」と言わんばかりに大暴れ。あまりの暴れように落ち込む気持ちを通り越し、笑ってしまうほどでした。

これをやってよかった!無理なく頼ることも大切

スマホ PIXTA

卒乳をする際にやってよかったことは、賛否両論あると思いますがスマホを利用すること。大泣きし、手に負えないときは無理なく頼ることも大切だと筆者は思います。

誰にも助けてもらえず、ママがイライラしたり、落ち込んだりするようなら少しだけ使ってみてはいかがでしょうか。長時間見させるのは良くないですが、一時的に落ち着かせるため動画を流したり、音楽をかけたり、知育アプリを触らせたりするのも一つの手です。

現在も、なかなか寝てくれなかったりぐずったりしたときに「はらぺこあおむし」の動画を見せると、スッと寝てくれるので、スマホに助けてもらっています。

焦らず、ママと赤ちゃんのようすを見ながらすすめましょう

母乳 PIXTA

赤ちゃんのミルクや母乳を飲む姿は本当にかわいくて、いとおしいものですよね。筆者もなかなか卒乳に踏みきることができませんでしたが、保育園に通い始め、集団生活で過ごすようになり決意しました。

想像以上に思うようにいかず、夜になるのが怖かった時期も。しかし、いつの間にか長男がおっぱいを欲しがることなく過ごせるようになったとき、ホッと安心したのと同時にさみしい気持ちにもなったのです。

周りが卒乳してるからと不安になる必要はありません。今しかない姿をしっかりと目に焼きつけ、焦らず無理のないペースで卒乳をしてみてください。

おすすめ記事

「卒乳」「断乳」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧