子供がお風呂好きに!親子で手作りできる入浴剤「バスボムラボ ポッピング」が新発売!

子供の成長とともに、自己主張が強くなってくるとお風呂に入りたがらない日が出てきませんか?ママとしては、何とかして入ってもらいたいもの。お風呂が楽しみになるようなものがあれば…と思う方もいるのではないでしょうか。そんなママにおすすめなのが、親子でバスボムを手作りできるおもちゃ。楽しんで作った入浴剤があれば、子供も喜んでお風呂に入ってくれるかもしれません。今回は、8/23に発売されたばかりの新商品「バスボムラボ ポッピング」を紹介します。

どんなオリジナルの入浴剤ができるかな「バスボムラボ ポッピング」

少しずつ子供が大きくなってくると、ときには言うことをなかなか聞いてくれない場面に遭遇することもあるかと思います。そんな数ある場面のなかでも、お風呂への誘導に頭を悩ませたことのあるママは多いのではないでしょうか。

今回、そんなママにおすすめな「バスボムラボ ポッピング」という商品が登場。簡単な三つの工程で、入浴剤作りが親子一緒に楽しめるキットとなっています。難しい動作もなく、ハンドメイド初心者でも簡単に挑戦することができますよ。

「わが子がお風呂になかなか入ってくれない…」と悩んでいるママは、ぜひ「バスボムラボ ポッピング」で一緒にバスボム作りをして、お風呂で試す楽しみを作ってみてはいかがでしょうか。子供だけでなくママも思わず夢中になってしまう、「バスボムラボ ポッピング」の詳細や作り方について見ていきましょう。

作り方

重曹 PIXTA

  • 「重曹」と「クエン酸」を計量スプーンで量り、本体に入れる
  • スプレーボトルを使い水を加えながらシャカシャカと振り、材料を混ぜる
  • プレスバーを下げてぎゅっと固め、充分に乾燥させたら完成

難しい工程は一切なく、簡単にオリジナルの入浴剤を作ることができるんです。

筆者は今まで入浴剤にあまり興味がなかったのですが、「バスボムラボ ポッピング」はぜひ試してみたいと思いました。子供がもう少し大きくなったら一緒に作って、お風呂タイムも一緒に楽しみたいです。また、子供に内緒でこっそり作って、中に子供の好きなキャラクターのおもちゃを入れるなどしかけをして驚かせても楽しそうだなと思いました。

さまざまなものを作れそうで、いろいろとイメージが膨らみます。子供はどのような反応をするのかなとワクワクしてしますね。

親子で楽しく、バスボムを作ろう「バスボムラボ ポッピング」

学研ステイフル バスボムラボ ポッピング

子供とともに、手作りのバスボム作りが楽しめるキット。本体、計量スプーン、乾燥スタンド、スプレーボトル、重曹、クエン酸と材料や道具が最初から付いているので、水さえあれば簡単に作れます。

計量、混ぜる、固めるとたった3ステップで完成。アレンジも可能で、食用色素やバスソルトを入れれば、バリエーションも無限大です。チョコペンで文字やイラストを描いて、メッセージ性のあるバスボムにしたり、中におもちゃなどを入れたりすることもでき、豊富な楽しみ方ができますよ。

お気に入りのアロマオイルで香り付けも可能。工夫次第で、自分好みのオリジナルバスボムがいろいろ作れます。

ママも子供と一緒にわくわくドキドキを忘れずに

ママは家事や育児、仕事など日々やることに追われていて、できるだけ一つ一つのことをスムーズに進めたいもの。そんなとき、子供がお風呂へ行ってくれず手を焼いてしまうとついイライラ。言いたくないのに、「早くしなさい!」とつい大きな声で急かしてしまう…といったこともあると思います。

そんなときは、「バスボムラボ ポッピング」でお風呂タイムを魅力的に変身させましょう。自分で作ったバスボムがどんな風に浴槽の中で変化していくのか、お風呂を心待ちにしてくれるかもしれませんよ。

おすすめ記事

「バスボム」「バスボール」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧