母乳の保存方法と保存期間をおしえて!便利なおすすめグッズ5選

母乳育児をする上で、ママの外出時など代わりに母乳を与えてもらうやむを得ない機会もあるかと思います。そんな時、どんなお役立ち母乳保存グッズがあるのか気になるところ。ここでは、保存の方法や注意点の他、厳選した母乳保存グッズ5選をまとめてみました。是非参考にして、母乳育児を楽しんで取り組めますように。

PIXTA

母乳を保存できるの?その保存方法とは

完全母乳のママさんがお悩みの、赤ちゃんを預ける時にお願いする保存母乳での哺乳。仕事復帰をするママも母乳が悩みの種の方も少なく無いのが現実です。

そんな時には、お願いする側もお願いされる側にとっても使いやすくて衛生的な母乳保存グッズがとても役立ち活躍します。ミルクに抵抗ある赤ちゃんはいつも飲んでいるママの母乳だと、預けられて安心して落ち着くことができるかもしれません。

仕事や、長時間の外出などで保育園や実家に預ける際はもちろんのこと、乳首からはうまく飲めない赤ちゃんや、乳首が傷つき、痛くて授乳できない際に母乳保存はとても便利なのです。

母乳の保存方法は冷蔵?冷凍?

母乳の保存には4つの方法があります。室温での保存、クーラーボックス保存、冷蔵保存、冷凍保存があります。保存方法によって保存可能な期間や時間も異なります。

保存方法別に解説します。

冷蔵で保存する場合

冷蔵庫 PIXTA

冷蔵庫で保存する場合には冷蔵庫内が4℃に保たれていること、搾乳したばかりの新鮮な母乳であることを条件に48時間~72時間保存可能です。

冷凍で保存する場合

冷凍保存の場合は3ヶ月から6ヶ月保存しておけると言われています。その場合搾乳したばかり新鮮な母乳で冷凍庫内が-20℃に保たれていることが条件です。

冷凍保存は清潔な容器で、1度に飲む必要量ずつ小分けにして搾乳した日を記入して保存すると管理しやすいです。

一旦解凍したしたものは、冷蔵庫内で24時間保存可能です。しかし回答した母乳は腐りやすいため室温での保存はできません。解凍後にすぐに飲ませなかったものは破棄するようにしましょう。

室温で保存する場合

PIXTA

外出先での搾乳で冷蔵庫が無い…。そんな時は室温が25度以下であれば約4時間くらいは保存できるとされています。ただし、衛生管理に気を使うのであまり好ましくありません。

クーラーボックス保存

搾乳したばかりの新鮮な母乳であればクーラーボックス内15℃で24時間保存が可能です。

凍結母乳の解凍方法

冷凍した母乳を解凍する場合には冷蔵庫で自然解凍もしくは、流水、なまぬるいお湯で解凍してください。熱いお湯や電子レンジなどで解凍をしてしまうと、母乳に含まれる酵素、免疫物質が破壊されてしまいます。

ぬるま湯で解凍させてから人肌にあたためてから飲ませるようにしましょう。

お役立ちおすすめ母乳保存グッズ

母乳 PIXTA

母乳保存にとても便利なグッズが通販でも簡単に購入できます。どれがよいかわからないという方のためにいくつかおすすめの商品をご紹介します。

1.UNIMOM母乳保存用パック

搾乳機、母乳保存容器、乳首キャップがセットになったものです。搾乳したものをそのまま乳首をつけて飲ませることもできますし、そのままキャップをして冷凍保存をすることも可能です。

そのため空気に触れることもなく新鮮で衛生的な母乳を保存することができます。

2.ピジョン母乳保存用哺乳瓶キャップ

この母乳保存用哺乳瓶キャップ搾乳器とは別売りとはなりますが、同じくピジョンの搾乳器(手動・自動 両タイプに適合)に付属されている哺乳瓶に合うキャップとなっています。

搾乳後にそのままキャップをして保存できるため、母乳を移し替える手間が無く、衛生面でも安心です。

3.メデラ 母乳フリーザパック

メデラの母乳フリーザパックは、手動搾乳器にセットして使用します。搾乳した母乳を直接フリーザパックに入れることが出来るので、とても衛生的で手間いらずです。さらにフリーザパックになっているので持ち運びも便利です。

4.カネソン 母乳パックホルダー

カネソン 母乳バッグ ホルダー

国内の主要メーカーの搾乳器に取り付けられるホルダーと、母乳保存用パック10枚入りのセットです。こちらも直接搾乳できるので便利で衛生的です。

手動の搾乳器の狭口タイプに対応しているようです。お手持ちの搾乳機を直接セットして使用してください。

5.ピジョン 母乳フリーザパック 

ピジョン Pigeon 母乳フリーザーパック 80ml 20枚入

母乳保存用フリーザパックが20枚入って1000円以下というリーズナブルな価格が見逃せない、ピジョンの母乳フリーザパック。

40ml・80ml・160mlの三種類の容量で取りそろえがありますが、一番人気は80mlサイズです。

スタンダードな母乳パックですが、2重ジッパーで漏れにくくなっているほか、哺乳瓶に入れやすい注ぎ口もついています。

母乳保存パックであきらめない母乳育児を

母乳 PIXTA

仕事復帰や突然の病気など、ママが母乳を直接あげられなくなる事情は少なくありません。しかし、母乳保存用グッズを上手に使えば、母乳育児をあきらめず継続できるのです。

そんなママや赤ちゃんの為に作られたグッズを是非活用してみて下さいね。

「母乳」「保存」「グッズ」 についてもっと詳しく知る

リファレンス一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!