ピジョンの手動さく乳機「母乳アシスト」を使ってみて

母乳育児のママにとっては必須とも言える搾乳機。搾乳機の中でも大きく分けると手動と電動の2種類があります。最初はどの商品を選べば良いのか迷いますよね。実際に手動さく乳機を使って、メリット、デメリットなど実際の体験談に基づいてまとめてみました。また、搾乳後の母乳の保存方法や保存可能な期間についても調べてみました。

PIXTA

ピジョンの手動さく乳機「母乳アシスト」

私が使っていたのはピジョンの手動さく乳機「母乳アシスト」です。入院中に病院でもこれを使っていたので、同じものにしました。

手動さく乳機「母乳アシスト」

さく乳器 母乳アシスト 手動

息子が生まれてすぐの頃はまだ赤ちゃんもおっぱいを吸う力が十分でなく、私の乳首も吸いにくかったりとお互いにうまく授乳ができませんでした。

なので助産師さんにアドバイスしてもらい、搾乳した母乳を哺乳瓶に入れて飲ませていました。産院でも使用していたこともあり、使いやすさが購入の決め手でした。

どんな時に搾乳するのか

飲み残しでおっぱいが張って痛い時や、乳頭が傷ついて直接吸われると痛む時、誰かに預けてお出かけをする時など様々なシーンでさく乳機が活躍してくれます。

また私の場合は、赤ちゃんが飲む量に対して製造される母乳の量が多かったせいか、夜中にまとまって寝てくれるようになっても、胸が張り母乳パッドから服にまで漏れて寝られないこともよくありました。

搾乳機を購入してからは、おかげで洋服に漏れる前に搾乳することで解決できました。

手動搾乳機のメリット

哺乳瓶 PIXTA

産院などでも推奨されている手動のさく乳機のメリットはどんなところなのでしょう。

1:電動に比べると安い機種が多い

お金 PIXTA

手動搾乳機は電動タイプに比べて価格も安く、ドラッグストアなどでも販売しており購入しやすいです。

私の場合は、まずはピジョンの手動さく乳機「母乳アシスト」を使うことにしました。手動タイプを使ってみて、使用頻度が多くなれば電動タイプも検討しようと思ったからです。

2:衛生的で消毒方法も楽

消毒 PIXTA

この「母乳アシスト」は部品をすべてバラバラにして洗えるので衛生的です。また消毒方法も煮沸、レンジ、薬液、すべて対応しているのもポイントです。

我が家の哺乳瓶消毒方法は電子レンジで消毒する方法なので、哺乳瓶と一緒に洗った後レンジで消毒できとても便利で助かっています。

部品は無くさないように!

部品がバラバラにできるのは衛生面でもとても便利です。ですが部品を1つでもなくしてしまうと搾乳機の役割が果たせないので買い換えなければなりません。

消毒後は搾乳機のセットをひとまとめにして無くさないよう専用のケースにしまうなど気をつけるといいでしょう。

3:2段階の搾乳モードを選べる

最初は優しい刺激で母乳を出やすくする「さく乳準備モード」、母乳が出てきたら「さく乳モード」に切り替えて集まった母乳を負担なく、効率よく取り出せます。

手動なので自分に合ったスピードで搾乳でき、搾乳の量や角度なども調整できます。

手動搾乳機のデメリット

悩む PIXTA

価格も安く求めやすい反面デメリットもあります。

1:手が疲れる

自分の手で搾乳機を持ってさく乳しなければならないので手が疲れます。両手で搾乳機とハンドルを持って固定しながらさく乳するので両手がふさがり不便なことも。

2:時間がかかる

慌てる PIXTA

電動に比べて手動は時間がかかります。急いでいる時などは、イライラしたり焦ったりしてしまいます。

さく乳した母乳の保存方法

冷蔵庫 PIXTA

意外と知られていない正しい母乳の保存方法を調べてみました。

冷蔵の場合は1日保存可能

搾乳 PIXTA

冷蔵での保管は5℃以下で1日可能とされています。しかし家庭用冷蔵庫は温度の変動が激しいため、できるだけ早く使いましょう。一度加熱したものは再保存できません。

冷凍の場合は約3週間保存可能

冷凍での保存は-18℃以下で約3週間可能です。母乳は赤ちゃんの成長に応じて成分が変化していくので、出来るだけ赤ちゃんの成長に沿った母乳を赤ちゃんに与えるためにも、長期の保存は避けましょう。

冷蔵、冷凍した母乳の飲ませ方

冷凍の場合はまず流水やぬるま湯などで解凍します。哺乳瓶に母乳を移し替え、人肌程度に温めて温度を確認してから赤ちゃんに飲ませてあげましょう。

出典元:
母乳の保存方法と保存期間をおしえて!便利なおすすめグッズ5選

関連記事:

母乳の保存方法と保存期間をおしえて!便利なおすすめグッズ5選

赤ちゃんを連れて行けない用事ができてしまったときや、ママが病気にかかっ…

自分に合った搾乳器を選びましょう

搾乳 PIXTA

私は手動のさく乳機を選びましたが、使用頻度や予算などに合わせて自分に合った搾乳機を選びましょう。

また、保管の際には細菌が入らないよう密封し、なるべく早く使い切るなど衛生面にも注意しましょう。

今話題の記事

「ピジョン」「母乳アシスト」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧