授乳で乳首が切れる!母乳育児での痛い乳首トラブルを乗り切った体験談

授乳中に乳首が切れて、激痛が走るという経験をしたママも多いと思います。特に母乳育児に不慣れな新米ママが直面するトラブルとも言えるかもしれません。そうなると、幸せのはずの授乳タイムが地獄のような時間に変わってしまいます。そんな時にどのように乗り切ったのか、参考になる先輩ママたちの体験談をご紹介します。

PIXTA

授乳で乳首が切れるって本当?

授乳中に、乳首が切れて激痛が走る!という経験は、多くの母乳育児のママが経験していることだと思います。私自身も経験し、すごくつらい気持ちを味わいました。

授乳すると、まさに息を飲むほどの痛みに襲われるのに、赤ちゃんのために頻回授乳は避けられないという状況は精神的にも肉体的にもつらかったです。

なぜ、乳首が切れるの?

悩む PIXTA

乳首が切れやすいのは、産後まだ授乳に慣れない時期と、赤ちゃんの歯が生え始める時期が考えられます。

産後3ヶ月位までの乳首トラブル

授乳 PIXTA

赤ちゃんが乳首だけを吸う「浅吸い」になってしまっている時や、おっぱいを飲んでいる赤ちゃんの口を無理やり引っ張って外そうとすると傷やひび割れになってしまう場合があります。

ひび割れてしまった乳首は、授乳時や服に乳頭が擦れると痛みが強くなり、血が出てしまう場合もあります。

歯が生え始める時期の乳首トラブル

赤ちゃん 歯 PIXTA

赤ちゃんが歯が生えてきてからの乳首トラブルは、授乳中に赤ちゃんに噛まれてしまうことで起こります。

歯が生え始めると赤ちゃんは悪気がなくてもとても痛い思いをすることも。授乳が怖くなってしまうこともあるかもしれません。

出典元:

母乳育児での乳首トラブル、私はこれで乗り切った!体験談

赤ちゃん 笑顔 PIXTA

激痛なのに、避けられない授乳タイムはまさに恐怖さえ感じてしまいます。先輩ママさん達は、どのようにしてこの辛い時期を乗り切ったのでしょうか。体験談をご紹介します。

体験談1.搾乳器を使って乳首を休ませる!

ミルク PIXTA

もうどうにも痛くて耐えられない時は、搾乳機でおっぱいを絞って赤ちゃんに上げていました。2日くらい搾乳するとおっぱいの傷も少し治ってくるので、授乳を再開します。

するとまた切れて痛くなるので、再び搾乳というのを3~4回繰り返したでしょうか・・。1ヶ月の終わりごろには、ねこママの乳首の皮がだいぶ強くなったのか、最初の頃の痛みが嘘のようになくなりました。 出典: w0u0w.com

出産直後は、まだ母乳の出がよくない場合もあるので搾乳はやりにくいかもしれませんが、母乳がたくさん出るようになってからは搾乳も1つの手段ですね。

私自身も産後2週間くらいした時、乳頭の傷があまりに酷く産院に相談したところ「搾乳器を使っても問題ないので、しばらく使って乳首を休ませたら?」とアドバイスをいただきました。

搾乳器のおすすめ商品をご紹介!タイプ別の選び方もお伝えします

関連記事:

搾乳器のおすすめ商品をご紹介!タイプ別の選び方もお伝えします

母乳育児で、搾乳器は便利なアイテム。赤ちゃんに直接母乳を与えられない時…

体験談2.乳頭保護器を使う!

授乳 PIXTA

ソフトタイプでも激痛だったためハードタイプを使いました。かなり痛みが軽減され精神的にも落ち着けました…。授乳中にも赤ちゃん可愛いと心から思える時が戻ってきて本当に嬉しいです。
出典: detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

乳首の保護目的や、偏平や陥没気味の乳首用の保護器があります。ソフトタイプとハードタイプがあります。傷の状況や、赤ちゃんが飲むかどうかで形を選びましょう。

産院で消毒済みのものを借りられる場合もあるので、入院中であれば相談してみましょう。

【医療監修】授乳時に乳首が痛くなる原因とは?痛みを感じたときの対処法

関連記事:

【医療監修】授乳時に乳首が痛くなる原因とは?痛みを感じたときの対処法

赤ちゃんが生まれてうれしい反面、授乳時の痛みに耐えられずつらさを感じて…

体験談3.姿勢を変える!

授乳 PIXTA

病院で教えてもらったのは、赤ちゃんの上の前歯になるところが1番、吸う力が強いので、毎回角度変えて授乳しましたよ。 出典: ameblo.jp

当然、同じ角度で吸わせていると負担がかかる場所も同じになってしまうのですね。それでも最初は授乳に慣れていない上に、赤ちゃんの首も据わっていない状態なので、角度を変える事も大変かもしれません。授乳クッションなどをうまく活用すれば、姿勢をうまく変えていけそうですね。

乳頭が切れることは授乳の姿勢が影響することがわかっているので、痛みがある場合には助産師さんや医師に姿勢の指導を受けるのもよいでしょう。

授乳クッションはあると便利!口コミで人気の授乳クッション5選

関連記事:

授乳クッションはあると便利!口コミで人気の授乳クッション5選

出産したら一番時間を割くと言っても過言ではない授乳時間。かわいい赤ちゃ…

出典元:

乳首のトラブルを乗り越えて母乳育児を頑張ろう!

授乳 PIXTA

赤ちゃんとママにとって一番のコミュニケーションの時間は授乳ではないでしょうか。ミルクであっても母乳であっても、赤ちゃんが幸せそうにゴクゴクと飲む表情を見るのはとても幸せなひとときです。

しかし、乳頭亀裂が起きてしまうと、それがどうしてもつらい時間になってしまうこともありますよね。そんな時にはこの記事に載っている対処法を試してみてください。

そして、改善されない場合には産婦人科や母乳外来に相談しましょう。ママと赤ちゃんにとって、授乳タイムが幸せな時間でありますように。

今話題の記事

「乳首」「切れる」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧