フォローアップミルクはいつからいつまで必要?飲ませ方と量についてもご説明します

通常の育児用粉ミルクとは用途の違うフォローアップミルクは、必要性やいつからいつまで飲ませるのかなど疑問のある方は多いかと思います。また、飲ませるときは哺乳瓶がよいのかコップがよいのか、など飲ませ方について気になる方もいるでしょう。この記事では、フォローアップミルクの必要性や飲ませ方、一度に飲む量など詳しく説明していきます。また、スーパーや薬局、ネットでも販売されているフォローアップミルクを五つ紹介しています。

PIXTA

フォローアップミルクとは。本当に必要なの?

フォローアップミルクとは、粉ミルクの一種です。フォローアップミルクが新生児から飲むことができる粉ミルクと異なる点は、離乳食では摂取することが難しい、鉄分を補うためです。

生後9ヶ月ころの離乳食後期以降も母乳が出ている方は、フォローアップミルクを与える必要は特になく、離乳食と母乳を与えていれば問題ありません。母乳とミルクを混合で飲ませてきた方、ミルクのみを飲ませていた方は、離乳食時期になると鉄分が不足してしまう可能性があるため、フォローアップミルクを与える必要があります。

ただ、離乳食にレバーや赤身の肉、卵黄、ホウレンソウ、豆腐、納豆など鉄分を含む食材を与えており、離乳食自体が順調に進んでいる場合は、フォローアップミルクを無理に与える必要はありません。

栄養面で心配なことがあるときは、自治体の健康センターや小児科で相談することをおすすめします。

育児用の粉ミルクとフォローアップミルクの違いについて

哺乳瓶 PIXTA

育児用の粉ミルクは、成分を限りなく母乳に近づけて作られています。母乳が足りないときや母乳を与えることができない状況のときに、新生児期から飲んでも赤ちゃんが栄養不足になることなく育つ、母乳の代わりとなる粉ミルクです。

それに対してフォローアップミルクは、母乳や育児用の粉ミルクに代わるものではなく、離乳食後期以降で食事と牛乳だけでは不足する可能性がある鉄分を補うために作られています。前述した通り、成長に必要な栄養を離乳食や牛乳から摂取することが難しいときに、フォローアップミルクで鉄分などの栄養素を補います。

フォローアップミルクはいつからいつまで飲ませる?

食事 PIXTA

厚生労働省は、フォローアップミルクを飲み始める目安として生後9ヶ月以降としています。また市販のフォローアップミルクは、生後9ヶ月から満3歳までとしている商品がほとんどです。

前述した通り、フォローアップミルクは、離乳食をあまり食べてくれないとき、母乳を与えていない方、鉄分不足が疑われるときに必要とします。生後9ヶ月以降であっても、無理に飲ませる必要はないため、赤ちゃんの様子を見て判断するようにしましょう。

またフォローアップミルクはいつまで飲むのか、に関して明確な時期はありません。しかし、販売されているフォローアップミルクは3歳までの商品がほとんどのため、それ以降は食事と牛乳で栄養を補う必要があります。

フォローアップミルクの飲ませ方や一度の量について

マグ 子供 PIXTA

フォローアップミルクを飲ませるとき、哺乳瓶かマグ、コップ、どれで飲ませたらよいのか悩む方がいるようですが、飲ませ方に決まりはありません。ママリのユーザーでも飲ませ方はさまざまでしたよ。体験談をいくつか紹介しますね。作るときは、商品に記載されている通りの分量を守ってください。

また一度に飲ませる量は生後9ヶ月から生後12ヶ月で、フォローアップミルクのみを与えるときが200ml、離乳食後に飲ませるときはだいたい80~100mlです。しかし、商品によって成分量などが異なるため、記載している分量を守るようにしましょう。生後12ヶ月(満1歳)以降は、1日に2回でトータル400ml(1回200ml)が目安です。

私は寝る前フォロミあげてましたよ!ストローで飲めないなら始め哺乳瓶でもいいかと思いますよ!😊
途中でストローに変えていけばいいと思うので☺️
3食食べれていればフォロミ要らないってよく聞きますが、やっぱり鉄分とか必要だから飲ませた方がいいんですね!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
まだ9ヶ月ですし、哺乳瓶で飲んでくれるなら哺乳瓶でもいいのかなって思います♪
ストローはまだこれから慣れていくのでゆっくりでもいいような気がします(*^^*)
家の子は哺乳瓶大好きで、今でも寝る前に哺乳瓶でフォロミ飲んでます!
そろそろやめさせないといけないんですけど(>_<)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
うちはつい先日フォロミを飲ませ始めたのですが、一緒に哺乳瓶も卒業したくて、やめました。なので、ストローorコップで飲ませてます!
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

初めは哺乳瓶で徐々にマグやコップに移行している方がほとんどでした。いずれは哺乳瓶を卒業するため、練習も兼ねてフォローアップミルクを飲むときからマグやコップに代えるのもよいですね。

出典元:

おすすめのフォローアップミルク5選

粉ミルク PIXTA

それでは、スーパーや薬局、ネットなどで販売されているフォローアップミルクを紹介していきます。ここでは缶のタイプを紹介しますが、赤ちゃんが飲まなかったときに余るともったいないかも、と思う方はスティックタイプも販売されていますよ。

1.和光堂「フォローアップミルクぐんぐん」

和光堂 フォローアップミルク ぐんぐん

和光堂のフォローアップミルクぐんぐんは、鉄分やビタミンC・ビタミンD・ビタミンEなどの栄養をバランスよく摂取することができます。水で簡単にとけるため、塊が残ることなく使いやすいでしょう。対象年齢は生後9ヶ月から3歳までです。

口コミでは、「1歳になったのでフォローアップミルクに移行しました。溶け残りがあったりとか、ダマになるとか特にないです。前は和光堂のはいはいを使っていましたが、かわりなく使いやすいです。」「はいはいから移行しましたが、子供は違和感なくグビグビ飲んでいます。水で溶けるのとデカイスプーンがついてるのがとっても便利。調乳時間がかなり短縮されました。有り難いです。」という声がありました。

とけやすいという口コミが多く見受けられましたよ。

2.明治「ステップ」

明治 ステップ

明治が販売しているステップは、鉄分やカルシウム、DHAなどが豊富に含まれています。特に鉄分とカルシウムは、ステップを1日2回、400ml飲むことで1歳の子供が1日に必要とされている推奨量を摂取することができるとしています。対象年齢は、1歳から3歳まで。

またステップは、キューブタイプが販売されているため、持ち運びにも便利で人気のあるフォローアップミルクです。

口コミでは、「ほほえみから、そのままステップへ。子供も大好きで14ヶ月の未だによく飲んでます。」「1歳すぎの子用に購入しました。家では牛乳あげればいいけれどお外ではどうしよう…ということでハッと思いつきこちらを購入しました。外出でおやつの時間とかぶるときはこちらをあげるようにしています。おいしいみたいでニコニコごくごく飲んでくれます♪
最近はようやくお水もちょっとずつ飲んでくれるようになりましたが、外出しておやつあげるときはこれです。」との声がありました。

3.江崎グリコ「アイクレオのフォローアップミルク」

アイクレオのフォローアップミルク

グリコが販売するアイクレオは、栄養士かつ子育てアドバイザーが開発から関わって作られました。栄養素には、鉄分とカルシウムはもちろん、たんぱく質やDHAも含まれています。対象年齢は1歳から3歳までです。

口コミでは、「0歳の時はピンクのアイクレオで、1歳からはこちらに。スプーンのサイズがピンクの倍。ピンクの終わりごろは飲む量が多くスプーンの往復回数が多くて大変だったので、楽になりました。お湯解けも良く、問題は全くありません。ピンクの時は、70度のお湯で全部溶かして冷ましていましたが、こちらは、粉が解ける程度の少量のお湯で溶かした後は、水で割って使っています。そうして良いと作り方に書いてあります。外出・旅行用にはスティックタイプ(200ml)が便利です。」と溶けがよいとの声は多くありました。

また、「どの会社のフォローアップミルクがいいか何種類か試しに購入したうちの一つです。お試しにはちょうどよかったかと。結果、アイクレオが一番気に入ったようだったので缶を購入して普段はそちらを使っていますが、旅行などの外出時にはこちらのスティックタイプの方が便利です。」などの声も。

4.森永乳業「チルミル」

森永乳業 チルミル

森永が販売しているチルミルは、赤ちゃんの食べムラを考えて成長に必要な栄養素がバランスよく含まれているフォローアップミルクです。使い勝手のよい、コンパクトな詰め替え容器も発売されています。大きな缶がゴミにならないのはうれしいポイントではないでしょうか。

対象年齢は1歳から3歳までですが、離乳食3回食になっていれば生後9ヶ月からでも飲めるとしています。

口コミでは、「11ヶ月完全母乳の我が子を断乳させるべく、購入しました。どんなメーカーの粉ミルクでも断固拒否でしたが、こちらはビックリするほどゴクゴク飲んでくれました。おかげで哺乳瓶拒否も治りました。一回100ミリなら飲みきれるので、こちらは便利です。これから食事のみに切り替えていけるといいなぁと思っているので、こちらの少量タイプを購入していきたいと思います。」との声がありましたよ。

5.ビーンスターク「つよいこ」

ビーンスターク つよいこ

ビーンスタークが販売しているつよいこは、乳幼児に必要な栄養をバランスよく摂取することが可能なフォローアップミルクです。鉄分やDHAなどが多く配合されていますよ。対象年齢は、生後9ヶ月から3歳までです。

口コミでは、「9か月の子供に与えています。とてもおいしそうに飲んでくれるので大満足。値段も手ごろです。」「長男はこれのお陰で大きく育ったと思います。味も良いみたいで次男もよく飲んでます。」などの声がありましたよ。

フォローアップミルクは足りない栄養を補うもの

子供 コップ PIXTA

フォローアップミルクは、あくまでも離乳食からは十分に摂取できない栄養素を補うものです。離乳食を3回しっかりと食べられるようになっても鉄分不足が考えられる場合は、栄養を補うために飲ませよいでしょう。

販売されているフォローアップミルクは、生後9ヶ月から3歳までのものがほとんどですね。途中で飲まなくなってしまっても離乳食などに使用できため、一度試してみてもよいかと思いますよ。

「フォローアップミルク」を通販サイトでもっと見る!

「フォローアップミルク」を見たい方は、以下の楽天、Amazon、Yahoo!ショッピングのリンクからご確認ください。

楽天で「フォローアップミルク」をもっと見る!

Amazonで「フォローアップミルク」をもっと見る!

Yahoo!ショッピングで「フォローアップミルク」をもっと見る!

おすすめ記事

「フォローアップミルク」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧