1. トップ
  2. 赤ちゃん・育児
  3. ベビー用品・ファッション
  4. ベビー用品・育児用品の基礎知識
  5. 便利でかわいい、おしゃぶりホルダーを見つけよう!人気のおしゃぶりホルダー12選をご紹介!

便利でかわいい、おしゃぶりホルダーを見つけよう!人気のおしゃぶりホルダー12選をご紹介!

赤ちゃん用品はそろえるものがたくさん。それを選ぶのは楽しいけれど、どんなものを選べばよいのか難しくもありますね。赤ちゃんのものなのでかわいさだけで選ぶわけにもいかず悩むポイントもおおいことでしょう。今回は赤ちゃんがおしゃぶりを口から外しても落とす心配がないおしゃぶりホルダーについて選び方のポイントとおすすめ商品をまとめました。おしゃぶりホルダーの購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

PIXTA

失敗しない!おしゃぶりホルダーの選び方

せっかく購入しても使い勝手が悪かったり、安全性に問題があったりしてはもったいない。よく確認してよいものを選びましょう。

第一に、おしゃぶりホルダーの【安全性】を確認しよう

赤ちゃんが使用するものだから安全性にはとことんこだわりたいですね。ホルダーといえども赤ちゃんは何を口にいれるかわかりません。なめたりかんだりしているうちに壊れてしまうこともあるかもしれませんので、誤飲の可能性がある小さいパーツが使われているものは極力避けた方がよいでしょう。

また、ひもが長すぎると首に引っかかる危険性もあります。長さが調節できるとよりよいですね。

おしゃぶりホルダーが、【使いやすい素材】か確認しよう

おしゃぶりホルダーは何年も使うものではないけれどほぼ毎日使用するもの。使いやすさにもこだわりたいですね。

赤ちゃんの肌にあたっても痛くないリボンなどの布製のものはやわらかくてよいですね。また、プラスチック製だと洗いやすく清潔に保てます。

最後の砦がある安心感が最大のメリット?おしゃぶりを使ってみてわかったこと

関連記事:

最後の砦がある安心感が最大のメリット?おしゃぶりを使ってみてわかったこと

「歯並びに影響が出るのではないか…」「言葉を話しはじめるのが遅くなるので…

おしゃぶりホルダーのおすすめ12選

おしゃぶり PIXTA

おしゃぶりは口に入れるものだからなるべく落としたくないですね。そこで活躍するおしゃぶりホルダー。

日本製から海外のこだわりの商品までおすすめのおしゃぶりホルダーを12点紹介します。

1.イワヤ キャラクターシリーズ

イワヤ キャラクターシリーズ おしゃぶりホルダー

はらぺこあおむしやスヌーピー、くまの学校などおなじみのキュートなマスコット付きのおしゃぶりホルダー。キャラクターにあわせたベルトの柄でかわいさ倍増です。

マスコット部分は取り外して洗えるので清潔に保てます。

2. Elodie おしゃぶりホルダー

 Elodie おしゃぶりホルダー

北欧スウェーデン王室御用達のおしゃぶりホルダーです。ヨーロッパの安全基準は日本より高いそうです。その高い基準ををクリアした製品だから赤ちゃんに安心して使用できますね。

カラーやデザインのバリエーションも多く、どれにしようか悩んでしまいますね。お値段はちょっと高めですが、こだわりの素材とスタイリッシュなデザインに納得です。プレゼントにもよいですね。

出典元:

3.Boogin Head (ブーギンヘッド) おしゃぶりホルダー

Boogin Head (ブーギンヘッド) おしゃぶりホルダー

アメリカのブランドBoogin Headのおしゃぶりホルダーはポップな柄がキュート。デザインの種類も多くてどれにしようか悩んでしまいますね。

クリップ部分はプラスチック製で服にはめても衣服を傷めず、はずれにくいです。口コミでも「クリップ部分もしっかりしていてひっぱってもとれなくて安心」と寄せられています。

4.Kufuu おしゃぶりホルダー

Kufuu おしゃぶりホルダー

キャラクターものやカラフルな柄物もよいけれど、シンプルなもののほうが飽きもこないし、洋服の邪魔にもなりません。柄がないかわりにパステルカラーから原色まで色の種類は豊富にそろっています。

お手ごろな価格なのに長さ調節が4段階もできるし、洗えるからいつも清潔。本体はやわらかい素材を使っているので肌に優しいし、なによりも日本製の安心感があります。非常にコスパの高い商品といえます。

5.lil'sidekick(リルサイドキック)おしゃぶりホルダー

lil'sidekick(リルサイドキック) おしゃぶりホルダー

リルサイドキックのホルダーは全長60㎝と長いですが、調節が19段階もできることが最大の魅力。だからいろいろなシチュエーションで使用できるし、ペットボトルやマグのホルダーとしても利用できるので赤ちゃん期だけでなく長く使えそう。

シリコン製なので汚れてもさっと拭き取れるうえに、食洗器の使用可能なので簡単に洗えていつも清潔に保てます。

6.タックマミー おしゃぶりホルダー

タックマミー おしゃぶりホルダー

タックマミーのおしゃぶりホルダーは日本製で安心。折るようにして開閉するクリップ部分は樹脂製で赤ちゃんを傷つけない配慮がされています。

長さも3段階で調節可能なのでいろいろなシチュエーションで使用でき、使い方の幅も広がりそう。柄と色の組み合わせが豊富で50種類も選択肢があります。手ごろな価格なのでいくつかそろえても楽しいですね。

7.Konges Sloejd(コンゲススロイド )おしゃぶりホルダー

Konges Sloejd(コンゲススロイド )おしゃぶりホルダー

デンマーク発のブランド、Konges Sloejdのおしゃぶりホルダーです。ナチュラルな柄のオーガニックコットンを使用しており、赤ちゃんにやさしい商品。クリップ部分も木製でこだわりを感じますね。

デザインの選択肢が多く、どれも素敵な柄でどれにしようか悩んでしまいますね。こだわりの素材を使った商品なので、お祝いなどで贈っても喜ばれそうです。

8.タックマミー おしゃぶりホルダー

タックマミー おしゃぶりホルダー

タックマミーは日本製のおしゃぶりホルダーで安心です。ひもやリングでつなげるのではなく、ホックでぱちんと取り付けるので簡単だし、いろいろなものにとりつけられますね。こちらは長さの3段階調節はできませんが、とってもシンプルで使いやすいのが特長です。

柄もないのでおしゃれをしてお出かけのときでも洋服の邪魔をしません。洋服に合わせて取り換え用に複数個用意してもよいかもしれませんね。

9.Elodie(エロディ) おしゃぶりホルダー

Elodie(エロディ) おしゃぶりホルダー

スウェーデンの王室御用達ブランド、エロディのおしゃぶりホルダーです。落ち着いた色味でおしゃれですが、それだけでなく機能性、安全性にもこだわっています。ヨーロッパの高い安全基準をクリアしているのがママやパパにとっては心強いですね。

おしゃぶりをとりつけるリングは伸縮性のあるシリコン製なので、小さなぬいぐるみなどをとりつけることもできます。

10.NATURSUTTEN(ナチュアスッテン) おしゃぶりホルダー

 NATURSUTTEN(ナチュアスッテン)おしゃぶりホルダー

まるでママの手作りのような温かみのあるNATURSUTTENのおしゃぶりホルダー。デンマークのブランドで3人の子どもを持つママが未来の子どもたちと地球環境のためにと立ち上げたそうです。

天然木とコットンでできていて、肌に優しく、口に入れても安心です。洗濯機で洗えるので手間がかからず、いつも清潔に保てます。

11.NUK(ヌーク) おしゃぶりホルダー

【NUK ヌーク】 おしゃぶりホルダー

赤ちゃんの哺乳瓶やおしゃぶりでヌークの商品を使っているというママやパパもいるかもしれません。そんな哺乳瓶・おしゃぶりメーカーのヌークが販売しているおしゃぶりホルダーです。

クリップ部分がワンタッチで開け閉めできるので取り付けもとっても簡単。ヌークの商品ですがもちろん他のメーカーのおしゃぶりを取り付けることもできますよ。

12.フリルゴムおしゃぶりホルダー

おしゃぶりホルダー

ストラップ部分がフリルゴムでできたシンプルなストラップ。赤ちゃんがおしゃぶりをビヨーンと引っ張ってもゴムなので安心。

シンプルな色柄が好みの方にぴったりです。価格も控えめなのがうれしいポイントですね。

育児を楽しむアイテムとしていかが?

笑顔 PIXTA

プラスチックやリボン、木製のものなど、おしゃぶりホルダーにもいろいろな種類があります。皆さんはどんなものが好みですか?

プラスチックや木製なら拭き取るだけできれいになります。布製だと洗濯するものや食洗器であらえるもの、手洗いをするものなどさまざま。

そして見た目も大切ですね。かわいいものやシックなもの、ポップなものなどママの好みの柄を探して、育児を楽しんでください。

赤ちゃんのおしゃぶりはいつまで消毒する?消毒の仕方やママたちの体験談を紹介

関連記事:

赤ちゃんのおしゃぶりはいつまで消毒する?消毒の仕方やママたちの体験談を紹介

赤ちゃんが口に入れるものは、消毒して清潔に使うのが鉄則です。赤ちゃんが…

おすすめ記事

「おしゃぶりホルダー」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

ベビー用品・育児用品の基礎知識の人気記事