お宮参りでも不安なし♪おしゃれなフォーマルワンピの授乳服5選

フォーマルワンピは既に持っているからお宮参りはそれじゃだめ?なんて思ったママさん!忘れていませんか?少々長い外出になるお宮参りでは授乳時間がきてしまうのですよ。フォーマルだけどデイリーにも使えるような、卒乳後でも長く着れて、授乳が簡単素早くできるワンピースタイプの授乳服を5つピックアップしてみました。

PIXTA

授乳服には見えないワンピースでおしゃれにお宮参り

まずはお宮参りを行う時期といえば、男の子は生後31日目、女の子は33日目というのが一般的な日数です。実際には生後1ヶ月後あたりに行う方が多いでしょう。

生後1ヶ月といえば、授乳ペースが安定していない時期といえます。まだうまくママと赤ちゃんの呼吸が合わず、毎回の授乳が一苦労というママもいるでしょう。にもかかわらず、外出先でも授乳しなければならないとなると、想像しただけで大変ですよね。

お宮参りでフォーマルな服装となるとますます大変。たとえばワンピースは上からも下からもおっぱいは出せないような服ばかり。まるごと脱ぐわけにもいきません。そんなお困りなママに最適な、授乳しやすくフォーマルな印象を崩さないワンピースを選んでみました。

出典元:

1.SweetMommy フロントリボン すかし柄 総レース 授乳ワンピース

フロントリボン すかし柄 総レース 授乳ワンピース

透かし柄の総レースとフロントについたリボンが印象的なワンピース。スクエアネックが首元をすっきり美しく見せてくれます。どこに授乳口があるかわからないほど自然なデザインです。カラーはブラック、ネイビー、ピンクベージュの3色展開、サイズはS、M、L、LLの4種類あります。

2.SweetMommy ウエストスカラ バイカラーレース使いワンピース

ウエストスカラ バイカラーレース使いワンピース

授乳服に見えない、大人でも可愛く着こなせる華やかレースのワンピースです。

透け感のある繊細なコードレースのトップスに、スカラカットの切り替えから広がるマットで上品なタックスカートの華やかな切り替えが、フォーマルシーンにぴったりです。

高めのウエスト切り替えなのでお腹を優しくカバーしてくれる産後に嬉しい1枚です。

3.Milk tea クラシックシャボン

レディ・パリス(ジッパータイプの授乳口)

授乳服は高くて「いかにも!」なデザインばかりということに気づいた店長さんの、ママ目線の思いが沢山つまったお店Milk tea。

こちらのワンピースはエクリュ、カーキ、ネイビー、ブラックの4色展開。首や鎖骨がきれいに見えるデザインで、パールネックレスと相性抜群。もちろん授乳口付き、さらには両サイドにポケットも付いていて便利です。

4.ANGELIBE 授乳口付ラッフルフリルワンピース

【授乳口付】ラッフルフリルワンピース

機能的でおしゃれな服で定評のエンジェリーベ。光沢が控えめな上品なサテンの素材を贅沢に使用したワンピです。肩から流れるボリュームのあるフリルが魅力的で授乳服には見えません。

授乳口は中央にあり、フリルに隠れていますが、ジッパーを下げてさっと簡単に授乳できます。こちらもカジュアルに着こなしてデイリーにも可能です。色は2色展開です。

5.ミルフェルム ミモレ丈ワンピース

ミモレ丈ワンピース 結婚式

キュっと絞られたウエストから下に大きく広がったシルエットはとっても美ラインな授乳服!まだ産後間もないママのお腹もスタイルよく見せてくれます。

もちろん授乳も楽ちん、スマートで、ミルフェルムオリジナル特許取得の授乳口。フロントジッパーを開けて内側の布を全て引き出して授乳ができるので、見た目よりかなり大きく開くのです☆色は4色展開。

授乳口つきワンピースはお宮参りのママの強い見方

お宮参り PIXTA

お宮参りは、産後のまだ万全ではない体調、寝不足の中の行事で、そしてこれが初めての赤ちゃんとの外出になるママもいるでしょう。

そんな慣れない赤ちゃんとの外出、さらに義理のご両親など勢揃いの中なので、つい授乳のタイミングを逃しておっぱいが張ってしまったり、赤ちゃんをギャン泣きさせてしまったり……。ぐったりと疲れたり途中で体調をくずしてしまったりするママさんもいます。

そうならないためにも、フォーマルでも楽で動きやすく、素早く簡単に授乳ができる服を選びましょう。今回ピックアップした5着をぜひ参考にしてみてください。

「授乳服」「お宮参り」 についてもっと詳しく知る

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧