1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. 【セリア】アイテムを使えば、とびらの裏があっという間にドレッサーへ大変身

【セリア】アイテムを使えば、とびらの裏があっという間にドレッサーへ大変身

朝の忙しい時間帯には、洗面台の前での身だしなみも手早く済ませたいところ。しかしヘアゴムやヘアピンなど、小さな小物は収納場所を決めておかないと、どこに置いたかわからなくなり忙しい朝に探しまわるなんてことも…。そんな家庭におすすめしたいのが、インスタグラムでさまざまなアイテムの活用法を紹介している、まり¨̮ すっきり収納𓂃(@mari____home)さんの収納術。今回は、100均アイテムを利用して洗面台のとびらの裏側を有効利用する驚きのアイデアを紹介します。

©mari____home

とびらの裏活用法

©mari____home

©mari____home

©mari____home

©mari____home

©mari____home

©mari____home

洗面台の扉の裏を子どものヘアゴム収納に
活用していましたがさらにパワーアップ‪‪!

セリアのヘアピンホルダーとコップホルダーを使用。

ステンレスで見た目がすき♡

ヘアピンは娘も私も使うので、そこら辺にいつも置いてるんですよね〜
これならペタッとくっつけるだけなので楽ちん!

しっかりくっついてくれるのでコレは使えます◎

このシリーズ、他の形もありました👀
要チェケラです←誰

扉の裏のスペース活用!おすすめです♡
※1

鏡が開くタイプの洗面台は、内側に身だしなみに使う小物を収納できて便利。でも、散らばりがちなヘアピンやからまってしまうヘアゴムの収納に悩んでいた方もいるのではないでしょうか。

そんな悩みを解消してくれる画期的なアイデアは、とびらの裏側に小物を掛けて収納するというもの。確かに、とびらの裏側はフリースペースになりがちなので、活用できれば収納スペースもぐっと広がりますね。

使用しているアイテムは、セリアのステンレス製のヘアピンホルダーとコップホルダー。磁石を利用して、金属製のヘアピンをくっつけるという画期的なアイデアで、散らかりやすい小物も定位置に収納することができます。

ヘアピンだけでなく、小さなはさみや毛抜きなども磁石にくっつけることができるので、忙しい朝の身支度もサッとお手軽に。セリアのフックにはヘアゴム、コップホルダーにはシュシュなどを掛けておけば、パッと見渡せてどれを着けていくか選びやすく、楽しく身支度できそうです。

とびらを激しく開け閉めしても、しっかりくっついて落ちないそうです。

デッドスペースが収納スペースに

100均のフックはいろいろなところに貼り付けられて、小物類を掛けられる便利なアイテムですが、それをどこに設置するかで使い勝手が大きく変わります。

ヘアゴムは掛けて収納するのが使いやすいですが、洗面台の周りにたくさんフックを貼るにはスペースも必要ですし、あまり人には見られたくないもの。

ふだんは閉めてある洗面台のとびらの内側なら、使うとき以外は隠しておくことができますし、身支度するときにサッと取り出して鏡を見ながら合わせることができるので、今回のアイデアはまさに盲点を突くもの。

朝の身支度でいつもバタバタしてしまうという方は、ぜひまり¨̮ すっきり収納𓂃さんのアイデアを参考にしてみてくださいね。

子どもの作品は「クラフトボックス&100均アイテム」活用ですっきり解決

関連記事:

子どもの作品は「クラフトボックス&100均アイテム」活用ですっきり解決

子どもが幼稚園や小学校に通い始めると、工作の時間にいろいろな作品を作っ…

知らなかった!【ダイソー】つり下げ収納活用術!使い方次第でとっても実用的だったとは

関連記事:

知らなかった!【ダイソー】つり下げ収納活用術!使い方次第でとっても実用的…

収納スペースはたくさん欲しいけれど、床の広さには限界がありますし、あま…

IKEA&ダイソーで見つけた!見た目OKセンスありのこのアイテムがすごい!

関連記事:

IKEA&ダイソーで見つけた!見た目OKセンスありのこのアイテムがすごい!

家の中はおしゃれなインテリアで統一してみたいけど、毎日使う道具で散らか…

@mari____homeさんのインスタグラム

おすすめ記事

「プチプラ」「セリア」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧