1. トップ
  2. 子育て・家族
  3. 子育て・家族の基礎知識
  4. 子育て・育児に便利な情報・アプリ
  5. ママが選ぶ鼻吸い器TOP4!実際に使ってみたママ目線の口コミを大公開!

ママが選ぶ鼻吸い器TOP4!実際に使ってみたママ目線の口コミを大公開!

赤ちゃんや小さい子どもが風邪をひくと、自分で鼻をかむことができないので、鼻が詰まって苦しそうになることもあります。そんなときは、耳鼻科などで吸引してもらうこともできますが、頻度が高いようなら鼻吸い器を購入すれば自宅で吸引してあげられますね。ただ、値段も高いし使えるか心配という方のために、先輩ママたちのアンケート調査の結果をもとに「本当に使って良かった」と思う商品・サービスを26部門104商品に厳選した「ママリ口コミ大賞」から、TOP4に選ばれた鼻吸い器の口コミを紹介します。

©ママリ

大賞はメルシーポットS-503

アレルギー性気管支炎で、咳と鼻詰まりが常にあります。
高いため購入をずっと検討していましたが、楽天ポイントが貯まっていたので、ポイントを使い購入しました。 いざ使ってみると、ほんとにすごい! 鼻づまりで一日中苦しそうだった娘が、吸引を始めてからは、鼻詰まりを気にせずに遊べるようになりました! 気持ちよくなることに気づいて娘が自分からやってやって!と言ってくるようにもなりました! 下の子も生まれた時から鼻が詰まって寝苦しそうにしていたので、少し吸引してあげたらスッキリしてました! 新生児から使えるので、ほんとに便利ですし、何より子どもたちが鼻詰まって苦しそうなならなくなったのが、とても良かったです! 自分で吸うのではなく自動吸引だし、吸引力も強すぎないし、お手入れも簡単なので、ほんとにおすすめです!!
※1
小児科の看護師として働いています。
病院の吸引器のような吸引力と手軽さの吸引器がないかと探していた時に、メルシーポットを知り、購入しました。 RSウイルスの際に1日2回小児科で吸引してもらっていましたが、夜になると寝苦しそうで…。 そのため、メルシーポットはかなり重宝し、今でも鼻水が出ると手軽に吸引でき、気に入ってます。 手入れはややパーツが多く、面倒だと思うこともありますが、吸引力は病院の吸引器と大差ないと思います! 操作はそこまで難しくはないと思いますが、初めての人やお子さんが暴れるなど危険がある時は、バスタオルで包んだり、介助してもらうなどして安全にできるような配慮は必要かと思います。 やや高価だとは思いますが、小児科に通院する時間や手間、医療費や交通費などを考えるとコスパは良いと思います。
※2
高い買い物だし結構躊躇していましたが、使い始めるとめちゃくちゃ助かるし
吸引力がやっぱりよい! ティッシュだと鼻も傷つけるけどこれだと10秒程度である程度は綺麗になる。 あとは多少のうるささはあるけど仕方ないかなー! 買って正解でした!
※3

大賞を受賞した「メルシーポットS-503」は、価格帯は電動の鼻吸い器の中ではそれほど高くはないものの、1万円前後するので購入には慎重になってしまうでしょう。

ただ、子どもの鼻水を吸ってもらうためだけの理由で耳鼻科に通っているなら買っておいて損はないように思います。

お手入れは少々手間がかかりそうですが、丸洗いできるので衛生的。鼻が詰まりがちな子どもにおすすめです。

受賞:電動鼻吸い器

©ママリ

お手入れが簡単ということでピジョンにしました!使うたびに洗いたいので、お手入れが楽なのはとても助かります。鼻吸い器を使いたい時って、一日に何回も使いたいわけなので、チューブまで洗うとなると乾かないまま次も使うことになるのが嫌で...
音は少し大きく、振動もありますが、コンパクトで持ち運び用のバッグもついてるので持ち運びも便利です。 生まれたときからあればよかったと後悔しています。お値段は安いとは言えませんが、どのメーカーも横並びなことを考えたらお手入れ簡単なのが嬉しいかなと思いました。
※4
1万円越えなのでただでさえお金がかかる育児でなかなか躊躇するお値段。
1万円払ってもし使えない物だったら・・・と思うと余計に手が出ない。 我が家はかなり迷いました。上2人の時は口で吸うタイプを使っていました。口で吸うタイプでも使えますが今回産まれたのは双子。双子同時に鼻風邪だと口で吸うタイプは親が酸欠。時間がかかる。 ささっと済ませたくて思いきって買いました。結果、買って正解!!何で上2人の時に買わなかったんだろう・・・と思いました(笑) 音が大きいのでそこだけ難点。 お手入れも簡単。
※5
価格のこともあり、購入前は少し迷いましたが、今ではもう手放せません。子供自身も吸った後はスッキリした!と嬉しそうにしています。 ※6

ピジョンの電動鼻吸い器は、パワーが強い電動なため少々値段が高めで、購入をためらう人もいるようです。

しかし、耳鼻科で吸引してもらっているのなら、この電動鼻吸い器があれば自宅でも吸引でき、通院の回数を減らせるかもしれません。

パワフルなのでしっかり吸引できるほか、パーツの数が少なく分解して洗浄するお手入れが簡単なのが一番のメリットと言えるでしょう。

使用頻度が多いなら、購入してまちがいはなさそうですね。

受賞:ベビースマイルS-303

©ママリ

コンパクトでお手入れが簡単なところがすごくいいです。
出産前に必要かなぁ〜?とりあえず安いし買っておくか!と思って買ったのですが、生後3ヶ月頃に鼻風邪をひき、ミルクが飲みずらそうだったので使用しました。軽いし吸引力も問題ないです。上手く吸えるまで少しコツがいりますが、すぐになれます。とりあえず持っておいても場所を取らないのでオススメです。
※7
一ヶ月健診の時、鼻詰まりを指摘されて使い始めました。
ボンジュールという別売りのノズルに付け替えれば、新生児の小さな鼻の穴にも入るし、鼻水も吸いやすかったです。 黄色や緑の粘り気のある鼻水を吸うには根気がいりますが、このお値段だったら及第点だと思います! パーツも少ないし、お手入れが簡単なので気になるときにすぐ使えるので便利です!
※8
小さい鼻の穴にも難なく入れやすい。音は小さくて良いですが、その分吸引力は低めです。指で先を押さえて使う事で少し吸引力アップして吸い取れます。別売りの先が長いタイプ(ボンジュール)の方が吸い取りやすいと聞き、そちらを主に使用してます。慣れれば自分で使ってくれるようになるみたいなので、小さいうちから使っています。 ※9

「ベビースマイルS-303」は、電動タイプですが電池で動かすのでコードレスでコンパクト。赤ちゃんを抱っこしながら片手で操作しやすい特徴があります。携帯しやすいので、外出時にも使えてお手入れも簡単。

ほかの電動タイプと比べて音が静かでその分吸引力も低いですが、価格もお手ごろなので、なるべく費用を抑えたい人におすすめ。最初はコツが要りますが、慣れればうまく吸えるようになりますよ。

受賞:ママ鼻水トッテ

©ママリ

初めての出産時に購入しました。
まず、赤ちゃんが嫌がり固定がかなり難しく、頭を振るため穴と器具の密着がかなり難しく感じました。 また、息を吸い続けることがキツくてきつくて、終わった後、赤ちゃんも自分もハァハァなってます。
※10
嫌がって暴れる時は押さえつけながら鼻を吸わなければならないので結構大変です。
そんなに使用頻度も高くないし、洗いやすく衛生的で、安かったので満足してます。
※11
コツがいるかもしれませんが、問題なく使えています。チューブの部分が少し不衛生なのかなと思います。水でジャーっと流して乾かしています。
※12

「ママ鼻水トッテ」は大人が口で吸うタイプの鼻吸い器なので、使い始めはコツをつかむまで難しいかもしれませんが、何より価格が安くて電力も必要ないのが魅力的。

電動タイプに比べて吸引力は劣るかもしれませんが、口で吸って強さを調整できるので、赤ちゃんにも優しく様子を見ながら吸引できるので安心です。

電動タイプの補助として外出用に購入するのもいいですし、使用頻度が少なければこれだけでも十分と言えそうですね。

鼻吸い器は値段と使用頻度で検討を

鼻吸い器はすべての子どもに必要なアイテムではありませんが、鼻が詰まりやすい子には役立つ商品です。

定期的に耳鼻科に通って吸引してもらうなら、多少値段が高くても鼻吸い器を購入して自宅で吸引したほうがいいとも思えますが、使用頻度が少ないなら安価な商品でも十分とも考えられます。

口コミも参考にして、子どもの状態や使用頻度に合った商品を選んでみてください。

ママが選ぶ「鼻吸い器」ナンバーワンは?電動タイプ?それとも手動タイプ?

関連記事:

ママが選ぶ「鼻吸い器」ナンバーワンは?電動タイプ?それとも手動タイプ?

自分で鼻をかめない赤ちゃんや小さい子どもには、大人が鼻吸い器を使って鼻…

1分でわかる!赤ちゃんの鼻水・鼻づまりのホームケア

関連記事:

1分でわかる!赤ちゃんの鼻水・鼻づまりのホームケア

赤ちゃんが鼻水を垂らしていたり、鼻がつまっていたりするときは、できるだ…

ベビーシューズ、ママの支持率ナンバーワンは「足首がしっかり支える作りが人気」の靴だった

関連記事:

ベビーシューズ、ママの支持率ナンバーワンは「足首がしっかり支える作りが人…

赤ちゃんが歩き始めたら、小さな足を守ってくれるベビーシューズを選んであ…

おすすめ記事

「鼻吸い器」「ホームケア」 についてもっと詳しく知る

引用元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧