1. トップ
  2. トレンド・イベント
  3. コラム
  4. サイズアウトした子ども服は売る?友人に譲る?それとも?今どきママの活用方法は

サイズアウトした子ども服は売る?友人に譲る?それとも?今どきママの活用方法は

日に日に成長していくお子さま。ママ・パパとしてはとてもうれしいことなのですが、お洋服がすぐに小さくなってしまうのは大変ですよね。そこで、お子さまが大きなって着られなくなった服(サイズアウトといわれるそうです)の上手な活用術や捨てるタイミングを教えていただきました

PIXTA

ウチの子のお洋服活用法

丈が短くなった程度なら裾に布やレースを付け足したり、Tシャツ+スカートでワンピースにリメイクしたりしています。また、肌着類はハサミで切って掃除用の雑巾として最後まで使います。でも産後、退院時に着せていた肌着だけは捨てられずに思い出箱にとってあります。
(もも太/広島県広島市)

我が家も甥っ子二人が着たお下がりを息子がまた二人着て、さらに、妹の息子にお下がりに!歴史を感じる10年以上のループに家族や親戚で懐かしい!!と盛り上がります!
(もも/秋田県秋田市)

甥っ子から我が子へお下がりをもらい、またそのお下がりを別の甥っ子へ譲っています。子どもが気に入ってずっと着ていた思い出の服だけぬいぐるみに着せて大切にしています。たまにぬいぐるみに着せた服を見て思い出に浸っています。
(ゲコ助/愛知県海部郡)

出産祝い等で頂いて、あまり着ていない高級なお洋服は、二人目の子ども用に綺麗に収納したり、メルカリ等で販売します。友人や親戚からのお下がりのお洋服で少しくたびれている分は、ひとまとめに袋に入れて寄付する予定です。
(みん/北海道苫小牧市)

ブランドの服はフリマアプリで送料を考えてもプラスのお値段で売れそうな場合は売る。そんなに高くないブランドの服で売れなそうな服は近所ではない仲の良い親戚にあげます。近所の友人だとあげた服を着ないなとか、友人も着なきゃ悪いななどお互いが気を使う事になるので……。ノーブランドの服はもともと汚れても良いように着せているので汚れがある可能性がある為捨てます。季節の衣替えの際に捨てる事が多いです。
(らららん/神奈川県足柄上郡)

状態がキレイなものはフリマアプリに出品します。が、基本的には捨てることが多いです。我が家は一回り大きいサイズを購入し、2年間着続け、着古した上で捨てるようにしています。ただ、中には思い出の服もあるので、それは数を精査した上で保管しています。
(もふにゃんこ/東京都大田区)

誰かに譲ることも考えましたが、私の服のお手入れが悪いのか、人様に譲れるほどキレイでなく(シミ、毛玉など)、結局捨てています。キレイに譲れる方はどう服をケアしているのか気になります。子ども用のタンスに新しい服が入らなくなってきたら、古いものやサイズアウトしたものを捨てます。
(にゃん/富山県富山市)

上の子の洋服を選ぶ時に、下の子に着せても違和感ない(上と下では同性でない)物を選んで買うので、お下がりを着せてます。それの後は、捨てる時も有りますが、そのサイズの子どもがいらっしゃる友人宅や、リサイクルショップに回します。明らかに、汚れているのは処分したり、ウエスにしてます。
(杜ぴと/群馬県前橋市)

古着屋に売ることが多いです。子どもが写真に写っているときに着ていた服の柄の部分をアルバムに貼り付けると、そのときの思い出が蘇ってくるのでよくやります。
(アルマン/宮城県仙台市)

保育園だった為、ほぼ全部に名前があるので売ることができないので着れなくなったら捨ててしまったり、名前のないものは売っています。
(クリームパンダ/広島県広島市)

着古した服は捨てることが多いです。タンスの衣替えのタイミングで、捨てるか残すかの選別をしています。兄のまだ着られそう、お気に入りの服は弟にお下がりとして回すことが多いです。可哀想ですが、弟のおニューの服は心無しか兄より少なめかもしれません……。
(おばけママ/富山県高岡市)

自分で購入したものや友人からお祝いでいただいたものはメルカリで販売したり、直接の知人に譲ったりします。お下がりでもらったものやフリーマーケット的な催しでいただいたものは市の不要衣類回収に持っていきます。捨てるのは着れなくなった一年後に着ないと判断した時。
(しがっきー/長野県伊那市)

サイズアウトした子ども服はどうしてる?活用方法&収納方法を徹底解説

関連記事:

サイズアウトした子ども服はどうしてる?活用方法&収納方法を徹底解説

子どもの成長とともに、次々と増えるサイズアウトした子ども服は処分にも困…

記事提供:ハッピー・ノート.com(ミキハウス子育て総研)

おすすめ記事

「サイズアウト」「子ども服」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧