男の子にも女の子にも使える簡単な子供用エプロンの作り方5選

子供にかわいい服を作ってあげたいけど、ちょっと難しそうだから無理!と思っているママさんたち必見。子供服は無理でも子供用エプロンなら意外に簡単。フリルを付けたり、生地の柄にこだわったり、子供が自分で着られるように工夫をしたり。手作りならではの子供用エプロンの作り方をご紹介します。

PIXTA

手作りだからこそできる!お子様にぴったりのかわいいエプロンの作り方

ママのなかには、何か子供用のかわいいものを作ってあげたいと思っている人も多いのでは?でも、子供服を手作りするのは、ちょっと難しそうですよね。

そこで、子供用エプロンを手作りしてみてはいかがでしょうか?意外に簡単にできてかわいいエプロンの作り方をご紹介しますね。

1.ちょうちょ結びが出来るようになるかも

リボン PIXTA

少ししっかりした生地を使うといいかも。プリント生地の柄もいろいろ変えてみると楽しいですね。

腰ひもを前で結ぶので、お子様のちょうちょ結びの練習にもなっていいかも。

ギャザーエプロン

2.テープでペタ!自分で着られるよ

エプロン PIXTA

小さい子でも自分で着られるように、ひもを付けずに面ファスナーをペタッとするだけ。

自分で着られるとお手伝いしたくなるかも。

自分で着られるエプロン

3.一工夫できれいに作れるワンランク上のエプロン

エプロン 子ども PIXTA

初心者でもきれいに出来るように、エプロン作りで一番難しい脇線のカーブの部分を、胸の部分だけ「見返し」を付けて作るこちら。

出来上がりがとてもきれいになる一工夫。

初心者でもきれいにできるエプロン

4.好きなキャラクターで、男の子もエプロン

フェルトで子供の大好きなキャラクターワッペンを作って縫いつければ子供も喜ぶキャラエプロンに。

このエプロンが着たいから、男の子でもママのお手伝いしたくなるかも

男の用キャラクターエプロン

子供エプロンを作って楽しもう!

エプロン 子ども PIXTA

たかがエプロン、されどエプロン。

エプロンだけでお手伝いをしたくなったり、キッチンに行く意識が変わったりしますよね。

生地にこだわったり、フリルやレースをつけたり、子供の喜ぶお手製エプロン。ママとお揃いで作って、パパにおもてなしするのもいいかもしれません。

「子供用エプロン」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧