賛否両論ある迷子紐のおすすめ5選

ヨチヨチ歩きのお子さんは好奇心いっぱいで目が離せない時期。そんなお子さんの迷子や飛び出しを防ぐためにつなぐ紐が迷子紐です。リュックに付けられているものや、ハーネスのようになっているものなど種類は豊富。ただしこれを使うことに対しては賛否両論あります。両方の意見と、購入を検討しているママにおすすめする迷子紐の商品を5つ紹介します。

PIXTA

迷子紐は必要?賛否両論を紹介

子供が手の届かないところへ行っても動きを止めることができる迷子紐。この迷子紐の使用については賛否両論あります。

迷子紐に対する肯定的な意見

ADHDのため迷子紐使ってました。
ただ、そんなうちの子でもおじぃちゃん、おばぁちゃんと駐車場を歩く時のみでかなり短くして、必ず手を繋いであくまでも命綱みたいな使い方で使ってました。
それだと、周りの方も好印象なのかよく声掛けていただけましたよ。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
でも、段々と成長して動きが活発になると目で追うのも限界があったり危ないときにはあると助かるのも事実ですよ。
うちの息子はとにかくじっとしているのが嫌な子で、何度かホントに危ないと思うときがあったので何度か使いました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

命綱のようなものとして使っていたという方の意見です。手は繋いでいても離されてしまうときなど、危なくなることも考えられます。そうしたときを想定して使うという考え方があります。

否定的な意見

以前見かけた親子はリードを思いっきり伸ばしていたので、まるで犬の散歩のようになっていました(>_<)
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ
実際スーパーで見かけたことありますが、見た時はドン引きでした…。
まるでペットみたいで、信じられないと思いました。
ママリ|ママの一歩を支える、女性限定Q&Aアプリ

否定的な意見としては「犬の散歩みたい」「ペットみたい」というものが主です。紐を長く伸ばして使うと、そうした印象になってしまうようです。

おすすめ迷子紐5選

そうした賛否両論のある迷子紐ですが、購入を検討しているママもいることでしょう。商品の特徴なども含め、おすすめの迷子紐を5つ紹介します。

1.新・迷子にならない天使のリュック

【★送料無料★】かわいすぎる ! 天使 の 翼 迷子 防止 リード 付き 子供 ハーネス リュック サック 転倒 保護 ハーネス リュック サック かわいい 羽 安全 安心 可愛い 哀愁 優しく 守ってくれる!安全第一!(ピンク)

天使の羽付きの可愛いリュックには、迷子防止紐が付いています。リュックが脱げてしまうのを防ぐ安全ベルト付きです。

お子さんの背中にフィットしてキュート。迷子防止紐は取り外し可能が嬉しいですね。

商品詳細

  • 対象年齢:1歳~
  • 紐(リード)の長さ:106cm

2.ダディッコ dad'cco ハーネスリュック

ハーネスリュック dad'cco(ダディッコ)

とってもおしゃれなリュックタイプ♪紐が上部首肩まわりに配置してあり頭から転ぶのを防ぎます。

おしゃれなママやパパにおすすめ♡洋服にも合わせやすいですよ!

商品詳細

  • 対象年齢:1歳~
  • 紐(リード)の長さ:50cm~95cm

3.goldbug 迷子紐付き子供用ベビーリュックハーネス

goldbug ハーネス リュック

可愛いぬいぐるみのリュックタイプ。種類が豊富でお子さんのお気に入りが見つかるはず♪

取り外し可能で、可愛いリュックにもなります。

商品詳細

  • 対象年齢:18ヶ月~
  • 紐(リード)の長さ:104cmまで調節可能

4.リッチェルPOUCHU ポーチュ2WAYチェアベルト

リッチェルPOUCHU ポーチュ2WAYチェアベルト

お子さんを大人用のイスに座らせる事ができるチェアベルトと、迷子紐の2WAYです☆使わない時はポーチに収納できますよ。

チェアベルトにも使えるので、お出かけが楽しくなりそう♪

商品詳細

  • 対象年齢:歩き始め~4歳
  • 紐(リード)の長さ:約130cmまで

5.Diono シュア ステップス チャイルド ハーネス

ハーネスは2-Wayで使用でき、ショルダーと手首どちらにもOK!クリップが回転するので絡まりません。

かさばらず、汚れたらお洗濯もできて便利です。

商品詳細

  • 対象年齢:1歳~ (ショルダーストラップはお子さんの成長に合わせて調整可能)
  • 紐(リード)の長さ:1m22cm
  • 商品価格:1,980円 (税込)

お子さんを守るために

親子 PIXTA

迷子紐に関しては本当にさまざまな意見がありますが、使う人にとって一番の目的は「子供の命を守りたい」ということだと思います。子供の行動は時に読めず、親であれば誰もが一度はヒヤッとしたこともあるのではないでしょうか。

こうしたいろいろな意見があることを踏まえたうえで、使う場合はその目的をしっかりと意識したいところですね。

今話題の記事

「迷子紐」「おすすめ」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!