ベテラン助産師の本音を聞きました!2人目出産の際の上の子供の立ち会いってあり?なし?

2人目以降の出産で気になるのが「上の子を出産に立ち会わせるべきか?」。出産は生命の誕生を知る、またとない貴重な経験ができるでしょう。上の子の年齢や性格に合わせて立ち会わせるかどうか決める人は多いですが、上の子が立ち会うことで意外な事実が見えてきます。筆者が聞いた助産師さんの本音も交えてご紹介いたしましょう。

PIXTA

上の子を立ち会わせるべきか?

新たな命の誕生、奇跡のようなその瞬間に「上の子を立ち会わせたい」。そう考える人も少なくありません。

これだけママが頑張って自分が生まれたんだと知り、自分がお兄ちゃん(お姉ちゃん)になった瞬間を知る・・・そんな経験は上の子の心にきっと響くでしょう。

私が実際に聞こえてしまった…ある妊婦さんの出産

病院 PIXTA

私は切迫早産で長期入院してしまったため、ほぼ毎日陣痛が始まって運ばれてくる妊婦さんの姿を見ました。もちろんその中には、上の子を立ち会わせている妊婦さんもいました。

特に陣痛室や分娩室から近い大部屋での入院だったからでしょうか、大泣きしている上の子がいたことを覚えています。

旦那さんが携帯電話で「分娩室に入れない!立ち会いなんだけど…。」と話しているのが聞こえました。結局、誕生の瞬間に立ち会えなかったようでした。

これを踏まえ私は、上の子自身が「立ち会いたい」と希望していても、上の子の性格や年齢によっては出産がどういうものなのかを理解するのは難しいと感じました。

ちょっと意外だった、ベテラン助産師さんから聞いた話

助産師 PIXTA

上の子の立ち会い出産についてベテラン助産師さんと話をする機会がありました。

率直に「上の子を立ち会わせると言われたらどう思いますか?」そう聞いたところ、意外な本音がポロリ。

お産が長引く場合もあるから

出産 PIXTA

ベテラン助産師さんだけあって経験を話してくれました。

「上の子が立ち会っている場合、お産が長引く人が多い傾向があるよ。だって上の子が泣いちゃったりしたら気になるでしょ?」

どうやら上の子の様子が気になって、お産が長引く場合があるようです。私はこれを聞いて、陣痛室にいるときに上の子が不安な様子を見せた場合には、立ち会い出産を見合わせた方が良いのではないかと思いました。

上の子のお世話に、1人助産師さんが取られると大変なときもある

泣く PIXTA

上の子を立ち会わせたい!そう妊婦さんにお願いされると、可能な限り協力してくれるでしょう。しかし、他の妊婦さんの出産が重なった場合や緊急の出産が発生した場合には難しいようです。

「他の人の急なお産が入って、上の子の立ち会いを強制的に止めなければならなかったことがある。」とのことでした。

立ち会い出産できなくても、立派なお兄ちゃんお姉ちゃん

赤ちゃん しま PIXTA

立ち会い出産で、上の子が声をかけ続けてくれた。お水を飲ませてくれた。

そんな感動する話も私は聞いたことがあります。赤ちゃんが生まれるという瞬間に上の子が立ち会うというのは、なかなかできない大きな経験ともなるでしょう。

しかし上の子の年齢や性格を考慮して、立ち会い出産をあきらめた場合でも、上の子は立派なお兄ちゃんお姉ちゃんに成長してくれるはずです。

最初は大切なママが取られちゃったような寂しさと、自分がもうお兄ちゃん(お姉ちゃん)なんだという不思議な気持ちで赤ちゃん返りをすることもあるでしょう。

「こんな赤ちゃんのときがあったんだよ、その時ママはね…」と上の子の赤ちゃんのときの様子を話しながら、ギュッと抱きしめてあげて下さい。

そのうち抱っこしたら照れちゃって「赤ちゃんじゃないもん!やめてよー♪」と言われる日が来るかもしれません。

「立ち会い出産」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!