子供服を選ぶポイント 素材や色、ボタンとサイズの見方などを意識しよう

ベビー服を含めて、子供の服を買う時どのサイズを買えば良いのか迷ったことはありませんか?すぐに大きくなってしまうからピッタリサイズではもったいないし、かと言って大きすぎも困りますよね。ここでは、そんなママの悩みが解決するような、子供服選びのコツとポイントをご紹介します。

PIXTA

子供服を選ぶときのポイント

みなさんはベビー服や子供服を買う時、可愛い柄やデザインに惹かれて購入したけれど、合わなかったということはありませんか?サイズはどの洋服にも明記してありますが、「うちの子は大きめ(小さめ)...」など個人差があって合わなかった経験のあるママも多いのではないでしょうか。

また、デザインだけで選んだら着脱しにくかった、子供が着るのを嫌がる...などということも。ここでは、お買い物に役立つ子供服選びのポイントをご紹介します。

ポイント①:素材を選ぶ

コットン オーガニック PIXTA

洋服の素材にはいろいろな種類があります。知っておくと便利ですよ。

夏によく使われる素材

  • ガーゼ...通気性、吸汗性が高い、肌着としても年中使われる
  • 天竺...Tシャツに代表される素材、さらっとした着心地
  • パイル...タオルのような肌触りの生地

冬によく使われる素材

  • フライス...伸縮性や通気性があり体になじみやすい(肌着によく使われます)
  • スムース...2つのフライスを交錯させた編み方で、保温性にすぐれて厚手
  • 接結天竺...薄手のニットを合わせており、やわらかくてあたたかい
  • ニットキルト...ニットの伸縮性と、キルティング加工が合わさり、保温性がたかくひときわ温かい

夏には通気性の良い服、冬には保湿性・保温性の優れた服と、いったように季節に合った服を選ぶことも大切です。

素材は商品タグや品質表示に書かれています。確認して購入してみましょう。通販などを利用する場合はサイトでチェックしてみてくださいね。

出典元:

ポイント②服のラインナップを選ぶ

子供服 PIXTA

特に赤ちゃんの服にはいろいろな種類があります。どれを買ったら良いのか、迷ったことはありませんか?成長に合った種類を選べば、お世話もしやすくなり、ママにも嬉しい買い物になります。

子供服はワンシーズで終わるように思われがちですが、組み合わせ次第ではいろんな季節に対応出来ますよ。重ね着には、薄目の生地で作られたシンプルなデザインの物を購入すると便利です。同じトップスでもTシャツやシャツ、カットソーやカーディガンなどラインナップを揃えておくと何枚も買わなくても着まわせます。

子供服の主なラインナップ

  • 短肌着や長肌着・・・0~3ヶ月の赤ちゃんに。
  • コンビ肌着・・・0~3ヶ月の赤ちゃんに。足を動かすようになってからは足部分をボタンで留めることができます。
  • カバーオール・・・3ヶ月~1歳くらいまで着られます。つなぎになっている洋服。動いてもおなかが出ないので冷える心配がありません。
  • ツーウェイオール・・・ベビードレスにもなり、成長すると足部分をボタンでとめてカバーオールのようにできます。長い間着ることができます。
  • Tシャツやシャツ、トレーナーなどのトップス
  • ズボンやスカートなどのボトムス
  • コートやジャンパーなどのアウター
出典元:

選ぶポイント③色を選ぶ

子供の服を選ぶ母親 PIXTA

カラフルでとても可愛い子供服。どの色にしようか迷ったら、二人目や三人目の子どももお下がりで着られるような色を選べば、その一着を長い期間使うことができます。黒やグレー、ネイビーなどは着回しが効く色です。

裏地に可愛い生地を使った服はワンサイズ大きめでも袖や裾をロールアップして着られるので、おしゃれの幅も広がるだけでなく長期間着られるのでおすすめです。

子供服は汚れやすいので、汚れが目立たない色を選ぶのもポイントです。

ポイント④襟やフード、ボタンの有無に気を付ける

ボタン 手芸 PIXTA

よだれがたくさん出る時期は、襟のない洋服がおすすめです。スタイをつける時に襟がじゃまになってしまうからです。

フードや紐がある服もからまる危険性がありますし、ボタンの多い洋服も注意が必要です。とめるのに時間がかかりますし、引っ張って取れてしまうと誤飲の原因にもなります。かわいいデザインでも着る年齢に応じて、安全性も気に掛ける必要があります。

キッズブランドの子供服!おすすめトップス特集!(男の子編)

関連記事:

キッズブランドの子供服!おすすめトップス特集!(男の子編)

「男の子って、すぐに汚しちゃうからどんな服でもいいわ…」なんて思っていて…

子供服のサイズを選ぶ時のポイント

洋服を選ぶ子供 PIXTA

子供服を選ぶとき、とっても重要なのがサイズ選びです。今度は子供服の月年齢別のサイズの目安と、サイズを選ぶときのコツをご紹介します。あくまでも一般的なサイズの目安になりますが、ベビー服と子供服のサイズと対象月年齢を表にまとめてみました。

サイズ選びのコツ(乳幼児の場合)

1歳までの赤ちゃんは、成長の個人差がとてもあります。そのため月齢ではなく体重を重視して洋服を選びましょう。重めの赤ちゃんは、洋服の身長は足りていても、おなか周りが大きくなるのでキツイと感じてしまうかもしれないからです。

また外国製の商品は、作られた国によって表示の仕方が違います。日本製よりも体にフィットするよう作られていたり、足が長めに作られていたりするので、赤ちゃんの体に合わせてみるなど、よく確認してから購入しましょう。

乳幼児服のサイズ

新生児から2歳までの乳幼児と言われる期間の服のサイズ一覧です。

  • 新生児:サイズ50 体重の目安3kg
  • 3ヶ月:サイズ60 体重の目安6kg
  • 6ヶ月:サイズ70 体重の目安9kg
  • 1歳:サイズ80 体重の目安11㎏
  • 2歳:サイズ90 体重の目安13㎏

サイズ選びのコツ(子供の場合)

服を選ぶ子供 PIXTA

3歳になると、乳児の頃よりも身長の伸びは一旦落ち着いてきます。そのため、この時期は「身長」を重視して洋服を選びましょう。身体を活発に動かすので、大きめの服を折って着ていると動きにくくなってしまいます。

小学生になると身長の伸び方には個人差が出てきます。10歳でもサイズ140を着ることもあります。サイズ表記ではなく、子供の身体に合わせて洋服を買う方が間違いは少ないです。

子供服のサイズ

  • サイズ100 3歳~4歳
  • サイズ110 5歳~6歳
  • サイズ120 6歳~7歳
  • サイズ130 8歳~9歳
  • サイズ140 10~11歳
  • サイズ150 12~13歳
出典元:

子供服を選ぶポイントをつかんで買い物上手に!

子供と一緒に買い物する母親 PIXTA

子供服は、どれも可愛くて見ているだけでも楽しいですよね。たくさんの種類がある分、迷ってしまいますが、ポイントを押さえて成長に合った洋服選びをすれば、お買い物タイムがもっとたのしくなるかもしれません♪

私の息子の場合も、せっかく買ったのにサイズアウトしてしまってワンシーズンしか着られなかった…という洋服がいくつかあります。これからは子供服選びのポイントを参考にして、上手にお買い物していきたいですね。

「ポイント」「選ぶ」「子供服」 についてもっと詳しく知る

関連する記事

出典元一覧

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリ一覧

フォローすると公式アカウントから、最新の情報をいち早くお届けしています!