働くママの夕飯事情!お惣菜に頼るのってどうなの・・・?

働くママの、夕方から夜にかけての時間は本当に時間がないですよね。でも夕飯を作らないわけにはいかないのでなんとか作り、その後片付けをしていたらお風呂の時間が遅くなってしまって…という負の連鎖が起きてしまっていることも有るのではないでしょうか。そんな時にお惣菜を買えばとっても楽になるのでは…?と考えたことがあるママもいらっしゃると思います。でも、実際お惣菜に頼っているママっているのかな?そんな疑問を筆者の経験をふまえながら一緒に考えていきたいと思います。

amana images

ママは毎日大変で時間がない!

働きながら子育てをしているママは、夕方から夜にかけて戦争が起こります。17時に仕事が終わるとしても、帰って保育園のお迎え、夕飯の支度、子供の世話、子供のお風呂、子供のごはんなどやらなければならないことが山ほどありますので、毎日てんやわんやなママも少なくないのではないでしょうか。

筆者である私も実際、17時まで働いていますが、会社から自宅まで距離がありますので、17時に会社を出たとしても家につくのは18時半ごろです。そこから子供たちを保育園へ迎えに行き、ご飯を作り、お風呂に入れ、歯磨きをして寝かしつけ・・・。寝かせた後は洗濯や洗い物など家事をこなしていきます。

そんな中で子供たちは「お茶入れて~!」「おなかすいた~!」「ごはんまだ~?」などと自分の好き勝手ばかり言いますので、ママはいっぱいいっぱいになってしまいますよね。好き勝手ばかり言ってこそ子供らしさもあるのですが…。

そんな中で食事を作ることがちょっと今日はきつい…と感じてしまうことも少なくありません。そんな時皆さんはどうしているのでしょうか。

お惣菜に頼ることに対するメリットとデメリット

惣菜 PIXTA

そんな時、お惣菜に頼るママもいれば、そうではないというママもいると思います。ではそういったお惣菜問題、子供にとって、ママにとってどちらが良いのでしょうか。

両方の角度からメリット、デメリットを踏まえた解決方法を見ていきたいと思います。

お惣菜に頼るメリット

惣菜 PIXTA

お惣菜に頼るメリットは一体どんなものがあるのでしょうか。

やはり、お惣菜を買うことでご飯を作らなくて済みますよね。ご飯を作る時間、片付けの時間を大幅に短縮することが出来ます。

ママにとって夕方からの数時間はとても大事な時間です。その時間が短縮できるのであれば嬉しいですよね。

今はお惣菜も夕方買い物に行けば半額で買うことができるなど、低価格で美味しいものが沢山揃っていますので満足感を得ることも出来ますね。

お惣菜に頼るデメリット

惣菜 PIXTA

では、お惣菜に頼るデメリットは一体何になるのでしょうか。

お惣菜は塩分が多かったり、油分が多かったりしますので栄養面があまりよくありません。大人は良くてもお子さんに食べさせるとなってしまうと少し躊躇してしまいますよね。

又、半額などの場合はそこまでではありませんが、自分で作った方が安い場合と言うことももちろんあります。

ママにとっては金額より栄養面という点で少し引っかかってしまいますね。

お惣菜に頼らないメリット

惣菜 PIXTA

まず、ママの手作りご飯を食べるということはお子さんの食育になります。ママの作ったご飯を食べることでお子さんは愛情も感じられる事が出来ます。

そして栄養面に気を付けることが出来たり、お子さんの分は薄味にしたり、と微調整をすることも出来ます。

ママの作ったご飯がおふくろの味としてお子さんの心に残ります。

お惣菜に頼らないタイプのママは、作り置きなどをすると夕飯時も楽に用意することが出来ますね。

お惣菜に頼らないデメリット

惣菜 PIXTA

では、お惣菜に頼らないことで生じるデメリットは何でしょうか。それはやはり手間がかかる=時間がかかるということが一番のデメリットだと思います。

お惣菜に頼らないことで時間がかかってしまいますので、忙しいママにとっては痛手ですよね。

料理をする時間だけではなく、後片付けをする時間もかかってきてしまいますので、中々思い通りに行かずイライラしてしまうこともあるのではないでしょうか。

お惣菜を買わないということは作りおきをしないと間に合わないという方もいらっしゃると思います。

そんな作り置き派のママは、作り置きをする時間がまた必要になってきてしまいますよね。

私はこうしています!お惣菜の効果的な使い方

姉妹 PIXTA

筆者である私もお惣菜を買うことがありますが、それは週に1回までと決めています。

週に1回だけご飯を作らなくて良い日があると、その日はその時間を他のことにあてることが出来たり、子供たちと遊ぶ時間が出来たりと色々な時間の使い方が生まれます。

でも、やはり子供には自分の作ったご飯を食べさせてあげたいという気持ちがありますので、他の日は出来るだけ時間が掛からないように考えつつ、料理をするようにしています。

お惣菜に毎日頼るというのは一人暮らしなら大丈夫かもしれませんが、やはり小さなお子さんをもつご家庭では避けた方が良いのではないか、と私は感じています。もちろんママの入院や出産など、特別な理由があってご飯を作ることが出来ない場合は、毎日お惣菜でも仕方ないと思います。

子供にとって、喜んで食べられるものであれば何でも良いのです。

でもより良いのは、やはりママの手作りご飯を作ってあげることです。ママの無理ない範囲内で作ってあげるようにするのが、子供にとってもママにとっても良いことなのではないでしょうか。

無理のない範囲で愛のこもった料理をお子さんに

親子 笑顔 PIXTA

働いているママはもちろん、働いていないママも、子育ては24時間365日無休なので忙しいです。そんな忙しいママにとって夕飯の支度というのは夜を超える上で一種の関門となっています。

このご飯作りがなかったらどんなに楽なんだろうと思うことが、ママには何度もあるのではないでしょうか。

お料理が苦手なママは、自分で作るよりお惣菜の方が美味しいのではないかと思われることもあるかもしれませんが、お料理は上手い下手ではありません。

お料理が上手なママも苦手なママも自分に無理のない範囲内で、愛情のこもった料理をお子さんに届けてあげて欲しいと思います。

一緒に頑張りましょう。

今話題の記事

「手作り」「お惣菜」 についてもっと詳しく知る

本記事は必ずしも各読者の状況にあてはまるとは限りません。必要に応じて、医師その他の専門家に相談するなどご自身の責任と判断により適切に対応くださいますようお願いいたします。なお、記事内の写真・動画は編集部にて撮影したもの、または掲載許可をいただいたものです。ママリ編集部のコンテンツに対する考え方(または取り組み)についてはこちらもご覧ください。

カテゴリー一覧